「Nikkei Asia   企業 ‟富士山噴火” 対策急ぐ
確認されている最後の富士山の噴火は江戸時代。1707年12月16日。781年8月にさかのぼる気象庁の記録によると日本で最大規模の一つだった。90厠イ譴神邵蟷圓5mの火山灰が観測された。標高3776m、日本の最高峰は過去3世紀おおむね休止状態にある。だが、日本企業は噴火とそれが引き起こす混乱への準備を始めている。企業の拠点がある丸の内ビルディングや、米投資会社カーライルグループや、米大手法律事務所モリソン・フォースターなどにオフィスを提供している新丸の内ビルディングなど、20棟の高層ビルを対象に空調機が稼働し続けるよう追加フィルターを確保し、詰まりを防ぐため屋上の排水管に蓋を設置する。数百人分のマスクやゴーグル、防護服を各ビルに配布する。準備には数百万ドルかかるとみている。」

東京に戻り、ヒカリエオープン準備に大わらわ。の中、銀座へぶらりと出かけた。
山野楽器でアバゴールドをゲットした。ミリオンセラーに返り咲いたと聞いていたから。リズムがあるからムズムズ体が動き出して、踊りたくなってくる。いいぞお!!
大阪天美グランドオープンの日。20年前に取締役マネージャーとして、仕事をしていた会社は、3つの区画を立ち上げていた。ということは、3倍速で動いている。メガブルーバードの10倍の店舗数だから、スケールメリット、規模の経済を凌駕している。
うちの店の前でなぜか、その会社の中間管理職らしき男たちと、セブンパークデベロッパーがたむろしていた。
‟あー、社長が来られたようです。”と、急に踵を返し、ザーザーっと社長お出迎えに走る。
ふーん、そんなにえらい社長になられたんだなあ。すごいなあ!!
私と大違い。私には社長室もないし!!なんてすねてみる。
だけど・・・・‟社長室いらなーい、どうせ朝しかいないし”と言ったのは私。‟でも・・・” と、いぶかるみんな。へんな社長というより困った社長の私。そんな私のためにスペースとして、長四角の箱が用意された。そこに、私の資料が紀尾井では置かれている。けっこう快適で楽しい!!
取り巻きに神輿で担がれ、お毒味係もいるんだろうなあ。あーたいへん、肩が凝る。だけど、そんな大企業の社長。
あこがれもある。ちょっとうらやましい。あはは。