「くらし歳時記 生活  働く 広田千悦子
霜月
明日のこよみをめくれば、いよいよ十二月。なにもかもがせわしいような気分になる月がやってきます。それと比べると、11月はなんと穏やかなことでしょう。くるりと見回す景色もどことなく静かで落ち着いてみえます。小さな野菊の香りやじゅんじゅんに黄葉していく草葉の色をたしかめて歩きます。大きなカエデの葉は落ちて乾き、カラカラと音を鳴らして道に舞い飛んでいきます。耳を澄ますと、ちっちっちっと草むらから聞こえてくるのはカネタタキ。こびとの奏でる楽器かしらと思うような、なんともいえない音をたてます。子どもの頃は1週間くらいからだったクリスマスや年末の仕度が、いつしか2週間前、1カ月以上前から始まるようになりました。その頃から、この11月という静かな月を味わう時間が少なくなってしまったような気がします。残り2日になった霜月を、今年も静かに過ごしたいと思っています。 」

明け方、3時前からザーザーとすごい雨が、六本木の街を洗いだした。あったかいお布団の中で、キャッツ&ドッグを聞くのもいいもんだ。
12月1日は、大雨どしゃぶりから今年は始まった。
この月、2022年の手帳と2021年の手帳の12月スケジュール2つを使いこなしながら、計画をたてる。
さあここで一息、あったかいコーヒーをすする。
ヒカリエのオープニング準備2日間で!!
‟ 末口さん 私たち金曜日、お邪魔するわ ”
真知子さんと阿部さんがレッスンの終わりに、お店に来てくれる。
よかった!!
だけど、まだまだ準備は完成していない。
どうしようかな!? これから少しずつ作り込んでゆくしかないチャレンジ。と 未知数の真っ白な雪の上、一歩一歩足あとをつけてゆけばいいんだ。
そう、自然を感じていれば・・・・。
Cats & dogs の中でも、心をおだやかに。

電車にぶら下がるさくら。
DSC_1054















外は雪
DSC_1051




まどかより転送メール

‟そっか🤗ひかりオープンまであと少し✨✨✨✨

やった〜✨✨✨✨

大雨で厄払い✨✨✨✨”