バレリーナのクラウドファンディング会員誌の編集を、彼がやって下さった。
すごーい!! 圧巻。
プロ、才能を持った人が、私達がつくった文章、写真、構成etc.を、魔法の粉をキラキラとかけて、生まれ変わらせてくれた。
それにしてもさすが57年の歴史があるバレリーナは、お宝がたくさんつまった宝石箱だ。
プロの編集長の手にかかると、虹色のブランドが空に舞う!!!

IMG_4423









   
   ↓
   ↓

IMG_4422












よかった。これでモデルになってくれた先生も喜んでくれるし、会員のバレエスクールの方々も、読みごたえあるナあ!!と感じて下さるはずだ。
なにか心がワクワクしてきたゾお!!

「筆洗
漫画ゴルゴ13に、ザ・イルカと題する話がある。米軍の依頼を受け、島の施設でイルカの軍事利用の訓練をする女性博士が登場。イルカを使った船の爆破テロに手を染めるようになり、困った米軍はスナイパー・ゴルゴ13を頼る。博士は強きな人。狙った獲物は逃さぬゴルゴ13が訓練されたイルカや武装した男らが守る施設に潜入してきても、‟自信過剰、それが、あなたの弱点かしら”と言い放つ。ロシア軍のウクライナ侵攻で、ロシア黒海艦隊の拠点、クリミア半島セバストポリ港の入り口に軍用イルカが配置されていると、米CNNテレビが伝えた。海に潜った敵が港のロシア艦船に爆発物を設置することなどを防ぐ目的。イルカは潜入者を探知する訓練を受けている可能性がある。衛星写真の分析でイルカ用の囲いが確認された。ギリシャ神話に描かれるなど、西洋では聖なる動物とみられてきたイルカ。人間が戦争まで手伝わせるのはいささか傲慢で、罰が当たりそうなこととも思える。 」

オランダ出国の手続きで、犬がくんくんと私たちの匂いを一人ずつかいでいた。持物検査らしい。じいちゃんが止められた。‟ 胸のポケットにあるお財布を見せて下さい!! ” と。
あれって、へそくりまでチェックされるとは。すごい犬だと思った。
ずっと後で、映画のワンシーンを見てハタと気づいた。お札を丸めてコカインを鼻からストローのようにして吸っていた!!
そうか!! 薬物チェックのワンちゃんだったんだあ。
それにしても、動物たちは、すっごい能力を持っている。
開発さえすれば、見つけさえすれば、そしてトレーニング トレーニング。
私たちの中にも お宝は眠っているんだあ!!
ファイトオ!!