朝カレーをペロリと食べた!!
けどまだなんかお腹が物足りないナあー。
でも腹八分にしてないと。この快適さを持続したいから。
もうすっかり一日二食は定番となった。体調管理のポイントは食べ過ぎない飲み過ぎないこと。腸や内臓が人間にとっていかに大切かを感じる。
週末、本日はまた  ‟右脳で描く” のワークショップ。ジェスチャードローイングにチャレンジする。
すっかり絵を描くことも私の生活に織り込まれた。今回は1分でキャンバスを見ずに描く。しかも100枚〜200枚らしい。例えば、ダンサーに踊ってもらったあとに、動きを止めてもらい、それでも動き続けているかのように描くらいい!?!?  絵を描くにしても、やみくもに描けば自滅してしまう。ある程度の技術とノウハウを学ぶことも必要だ。ワークショップはこれで7回目。さて、どういう学びがあるのだろうか。

「今は日本橋に住んでいる。実はそこに決めたのにも植物が関係あって、まず手頃な賃貸物件があったので内覧に出かけた。近くの小さなビルのベランダ、すべてにいろいろな樹木が置いてあり、それらが外側に伸びて、気持よさそうに風に揺れていたのである。それで俺は肝心の自分が住む部屋を見るより前に ‟ここだ!この町だ!” と心の中で叫んだ。
下町と言えば自宅前の道路にトロ箱なんか置いて 金のなる木やツツジなんかを育てるものだが、さすが日本橋ともなると、壁面緑化だとか計画的なグリーンへの配慮を心掛けているらしい。園芸家の柳生真吾もよく言っていた。ちょっと気を使って緑化スペースを作ると、そこを点々と蝶や蜂が渡る。つまり虫が行き来可能な線ができると、今度はそれを食べる鳥が渡る。いわば ‟生き物ロード” というのだろうか、人間が見えない大事な命の道を保存しておくべきなのだ。それがついあちこちを掘り返してしまう人間の果たすべき義務である。樹木を切り倒すのは図面上たいしたことではないかもしれない。だが切り倒された樹木が吸う二酸化炭素、その葉一枚についている虫、菌・・・、他の生物にとって非常に大事な糧なのである。命のネットワークが途切れないように都市計画しなければ、日本の国土の見えない価値は激減する。 6月 命のネットワーク  文 いとうせいこう 」

今日はご飯を炊いた。
20220617_171358











梅干しとコンブをいれて
20220617_171404











ご先祖様にまずお供えを
20220617_171502











キャベツ、ゆでエビコールスローサラダ
しゃけハラス焼き
石鯛ちょとだけ刺身&ゆずこしょう
なすび、豚肉スープ炒め
日本酒
20220617_164544






食べ過ぎないように!! でも おいしすぎる。から・・・