女性向けSM性感☆女神のSM快感天国

淫ら・アブノーマルな悦びを味わいたい貴女!縛り・辱め・SM体験!非日常の中で秘めた願望を叶えてみますか?初めての女性も安心して利用いただけます。リラックスして官能と禁断のひと時をご満喫下さい。 女性向けSM性感マッサージ 女性向け風俗

淫ら・アブノーマルな悦びを味わいたい貴女!縛り・辱め・SM体験!非日常の中で秘めた願望を叶えてみますか?初めての女性も安心して利用いただけます。リラックスして官能と禁断のひと時をご満喫下さい。 女性向けSM性感マッサージ 女性向け風俗

被虐と罵倒を望む士業の女性

ヒアリングをしていると、常に真剣勝負の中、仕事をしている士業の女性。
経営者でもある彼女は、仕事には、非常に厳しく、部下には、恐れられていると思うとのこと。

しかし、性的嗜好はMとのこと。
力で制圧されたい、理知的にも追い詰められたいという願望があり、また、変わった嗜好としては、コスプレ姿で辱められ、罵倒されたりする事に萌える部分もあるという。

時間は5時間。希望する道具の指定もありました。

非常に難易度が高い予約。

ヒアリングした内容を基に、流れを企画し、それを伝えると、それでお願いしたいとのこと。


女性が予約しているシティホテルの部屋に入り、挨拶を交わす。

事前に伝えておいたことを伝え確認をとる。仕事終わりのためか、まだ険しい表情を見せる彼女。事前ヒアリングの内容を基に会話を交わす。その後に

「そろそろ始めましょうか?」
「はっはい」

険しかった顔は、雑談で少し緩んできていたが、再び、険しいような顔に・・・そこには、不安の表情も浮かんでいる。

「立ちなさい。」いきなり口調が変わったのを受けて彼女の表情に不安の色が色濃く出る。
「えっ・・・は、はい」
彼女が立つと、手を掴み後ろに回し、拘束具を素早く嵌めてしまう。
「はっああ」
背後から彼女の脚の間に、右足を差し込み、彼女の右足を徐々に外へと開いていく、バランスを崩す彼女の手を掴み支える。
「あっ」

彼女の左足も同じように外へ
「あっ」

拘束した手を掴みながら、彼女のスカートの中に手を差し込み、手はスカートの奥へと。
「ああっ・・・」

「なんだ。これは。」
「・・・・」
「聞こえなかったのか?」「なんで、ここがこんなに湿り気を帯びているんだ。」
「・・・・」
「お前は、仕事している時に、部下に詰問口調で、問い詰めることがあるといっていたな。聞かれたことに、すぐに答えない部下に対して、責め立てるんだろう。」
「聞かれたことには、直ぐに答えるんだよ。」
スカートの中の手は、彼女の胸を掴み、彼女の尻をスカートの上から、叩く。
「はあああ」
彼女を直立に戻すと、手はスカートの中に
「ん?・・・・」
「・・・・・」

「何故、さっきよりも湿ってきているんだよ。この湿りはなんだ?」
「はっはい。・・・ここに来る時から、こうなっていました。」
再び尻を叩く
「はっあああ。いつこうなったかを聞いているんんじゃないだろう。この湿り気は何だと聞いているんだよ。」

「はっはい・・・あの・・・今日ここでされることを想像して、潤んでしまった私の愛液です。」
「そうだよな。お前のおまんこから垂れだしているマン汁で、ショーツが湿っているんだよな。」
「はっ、はい」
「わかっているんなら、直ぐに答えろよ。お前がいつも部下に言っている言葉だろ。」
強く彼女の尻を叩く。
「ひっ・・・はい。ごめんなさい。」

「今日されることは、わかっているな。」
「はい」
「自分でも何か持ってきたんだろう。」
「・・・はい。」
「何、持ってきたんだ。」
「・・・衣装を・・・」
「どんな衣装だ。」
「・・・・」
スパンキング
「はっ・・・女医の衣装と女子高生の制服、メイドの衣装を持ってきました。」
「過ぐに答えると教わっただろう。」
「・・・はい。」
「それで、どうされたいんだ?」
「衣装に着替えて、蔑んだ言葉、罵倒の言葉で、甚振られたいです。」

「ど変態の、どマゾだな。お前」

「・・・はい」

「衣装に着替える前にどうされたいか言っていたな。」
「・・・・」
スパンキング
「ひっ・・・・」
「ツルツルにされたいんだろ。お前の恥毛を。」
「ううう・・はい。恥ずかしい。」

こうして始まった彼女の時間・・・


熱闘の5時間

終了後には、バスで身体を洗い、その後にマッサージをしていたら、さすがに熱闘の後で、いつの間にか寝息が

しばらくマッサージを続けて終了。

普段は、気を張り詰めて生きているのでしょう。熱闘5時間の中では、喜怒哀楽がはっきりと出ていたのは、意志の強さの表れでしょう。また、その中に、弱い面も見せたのは、はっきりとした意志の内面に隠している女性の面
だったのでしょう。

この女性の様に羞恥責めと罵倒責めを妄想している29歳OLさんのSM小説は
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=bireism&id=7

に掲載

タイトル
29歳OLみほ~ペルソナ秘匿マゾの目覚め~疼き、被虐の悦び

映画館で羞恥体験

羞恥体験をしたいという20代半ばのOLさん


羞恥体験をしたいという20代半ばのOLさん

 

生理前になると欲情してしまう。彼とエッチをしても、その欲情はおさまらない時も・・・

彼の前では繕ってしまうこともあり、彼とのエッチでは逝ったふりをしてしまう。

 

そんな時は、自宅で自分で慰めてしまう。自分でする時には逝けるのに・・・・

 

自分で慰めてしまった翌日、朝から身体が何故か、火照っている。

 

満員の通勤電車の中で、押しつぶされそうな状況の中で、嫌悪を感じながらも、変な妄想が頭の中を巡ってしまう。痴漢をされているわけではないが、周囲の人に押しつぶされる胸、微妙に脚の間に触れるサラリーマンのカバン。朝から火照っている身体のせいか、妙な想像をしてしまい、身体が熱くなってしまう。

 

外出者が多く、昼間の勤務中の事務所内は閑散としている。仕事に時間的な余裕がるときには、、刺激的なWEBサイトを閲覧し、欲情が溢れてしまう時には、トイレで慰めてしまう時も。

さすがに、周囲の気配を感じながらの慰めでは、解消も不完全のまま・・・

 

そんな生活を周期的に繰り返していくと、妄想は、エスカレートしてきてしまう。

 

少しアブノーマルなことも経験してみたい・・・

 

そんな気持ちが蓄積している中で、予約をしてしまいましたとのこと。

 

リクエストは、映画館の中で・・・・

 

彼女が普段、妄想してしまうことをいくつかヒアリングする。

どこまでのことを経験したいのか、NGなことは、どんなことがあるか、使ってみたい玩具・・・

彼女が、思い描いている嗜好性が把握できた後に、シチュエーション、大まか流れを決めて・・・

 

週末の映画館を予約してあるとのこと。そんなに混んでいない映画館に入る。席に着き館内が暗くなると、彼女の手は後ろに・・・

 

手錠を掛けられてしまう・・・・

 

そこから、彼女の妄想の世界の一部が現実の体験へと・・・・

画面の視線を向ける彼女の顔は、少し赤くなっている。ミニスカートから出た膝に手が置かれる。

その手はゆっくりと内股へ・・・

手がスカートの中へ・・・彼女の脚は一旦閉じられるが、それでも、手はスカートの奥へ・・・

ミニの裾は少し捲りあがり・・・指先は内股の奥へ到達する・・・彼女は素足に紐のTバック

内股の奥に到達した指は下着に触れるか触れないかの位置で、内股をゆっくりと擦っていく・・・

深く・連続で・失神・痙攣で逝く! ボルチオ性感、アナル女性の身体の開発

女性が性的快感を感じる場所は、クリトリス。膣の中で感じる場所は、Gスポットとポルチオとして知られています。
性経験が未成熟な場合は特にクリトリスでの快感。
クリトリスでいったんイッた後は、くすぐったくて、もう終わりという女性も割と多いですね。
クリトリスと膣内で感じるのは別系統で、クリトリスで逝った後で、クリトリスを続けて刺激をするのではなく、膣内を刺激することで、くすぐったいではなく、連続して逝くことができます。

快感の度合いは、クリトリスでの快感が、表面的なものとすると、膣内での快感は、身体の奥深くからの快感といわれています。

深さの度合いでは、Gスポット、さらに深い快感がポルチオ・・・・

子宮全体を揺さぶられるほどの、超絶な快感!

子宮内で逝くという感覚のオーガズムは、連続でが可能です。

深く逝くという快感は、膣内快感を開発された女性が感じることができるものです。天性のという女性も勿論おりますが、多くの女性は、パートナーによって開発されていくものです。

声を発することもできないほどの、喘ぎとともに、意識が飛んでしまうほどの絶頂・・・

逝った後には、身体が痙攣しつづけたまま・・・

深い快感を感じることができる身体の開発といっても、開発するパートナーには、それなりの経験と知識は必要です。膣は、本来、刺激に鈍感です。
快感を感じるようになるためには、少しずつ、開発していくものであると思っておいた方が良いと思います。

膣内の刺激と、それを脳に「快感」として覚えさせるやり方を続けていくことです。

男性とは異なり女性は快感を「脳」で感じます。

膣で感じるやり方は、結構根気のいるものだと思っておいた方が良いと思います。
リラックス、興奮、刺激、ことば等を駆使しての雰囲気づくり、そして女性の身体の反応、体温、鼓動等の変化を感じ取り、その変化に応じてリズム、間を合わせて、進めていくことが求められます。

逝かせることに焦らず、女性の身体にGスポットやボルチオが快感が生じる場所であると覚えさせること。この積み重ねが、女性の身体が快感を感じることができる、深く逝くことができる身体へと開発させていく道へとつながっていきます。

 

基本的にはアナルについての快感も同様です。

 

SM等も、女性の脳への刺激の一つにはなります。


男女二人の協力が必要な作業です。

お問合せ・ご質問等
livedoor プロフィール