アエロフロート・ロシア航空は3月29日からの羽田空港国際線発着枠拡大に伴う就航で、羽田線就航後は、現在運航中の成田~モスクワ線を運休する。 

 また、アエロフロート・ロシア航空とJALは、3月29日からコードシェア連携を行なうことも発表。同日に両社が就航する羽田~モスクワ線のほか、両国内線各10路線が対象となる。