米政府は、在日大使館を通じ、新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から米国人乗客乗員を退避させるため、チャーター機を日本に派遣すると発表した。大使館によると、チャーター機は16日夜に日本に到着する。日米関係筋は同機について、羽田空港から17日未明に出発する方向で最終調整中だと明らかにした。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、プリンセス号には380人の米国民と家族が乗船している。米疾病対策センター(CDC)のチームが診察し、熱やせきなどの症状のある人はチャーター機への搭乗を認めない。帰国した米国民らは、14日間隔離される。