メガネの松村

メガネの松村は岩手県内(北上・盛岡)3店舗。大正3年創業の老舗眼鏡店です。 取扱ブランド:JAPONISMジャポニスム・OAKLEYオークリー・ROBERT MARCロバートマーク・LAFONTラフォン・SPDスタファン プロイツ デザイン・CHANELシャネル・PAUL SMITHポールスミス他多数(店舗により異なります) 取扱品目:眼鏡・サングラス・補聴器・眼鏡小物他

2007年09月

昨日より引続きリュネットのKWでございやす季節も秋になりまして、段々寒くなってきそうな感じですね。リュネットミュゼにも着々と様々なお客様がいらして頂いて、「綺麗なお店ですね」、とお褒めの言葉も頂いて、毎日掃除のしがいがあるなあ、と感じておりやす。そして閉店が19時と早いせいか、ほとんどのお客様はリュネットミュゼの明るい時間の顔は見られて、夜の顔はあまり見られたことがないと思います。これから行こうかなあ、とお考えの方もいるでしょうし、昼と夜の違いをアップしたいとおもいます。夜は夜でまた違った感じでいいですよよろしかったら実際にいらしてご覧下さいませ

店外昼店内昼店内昼2店内昼3

 

 

 

店外店内夜2店内夜店内夜3

 

 

 

おわかりいただけましたかちなみに写真の中にリュネットの館長がのってます ウォーリ・・・、でなくて館長を探せ

ナノワイヤーどうもリュネットミュゼのKWでごあす  先日、幼なじみが東京から帰郷してきました そんで久々に集わないかとなり仕事終わらせ盛岡から北上にきて夜の街へそしたら昔話が止まらない止まらないもう28にもなるのに皆よく覚えてんなあ 思えば今は大人になったせいか相手を気遣って喧嘩することもないですから、ある意味、あの頃の仲間どうしのぶつかり合いの思い出も宝なのかもしんないですね。とまあ余談でした  さて今回紹介するのはオークリーのハイエンドシリーズナノワイヤー  今までのオークリーと何が違うかというと、まずフレーム素材が独自開発のチタニウム形状記憶合金製フレームでして衝撃などからフレームの変形を防ぐのです!また、掛け心地が軽くあたりがソフト   そしてレンズのほうは変わらずの優れた光学性能に加え、精巧な偏光レンズテクノロジーが織り成す完璧なまでの視界はハイビジョンのように鮮明でありながら、強烈な眩しさの原因である偏光波長を99%までカットしてくれるのでありますまたオークリーが採用しているインフュージョンモールド加工は偏光フィルムの周りに液体状のレンズ素材を注入するので偏光膜がはがれにくく、歪みのないクリアな視界と同時に眩しさを抑えるレンズを実現してくれるんですそしてまだあるんすけど、ハイドロフォビックレンズコーティングという撥水、発油、静電気防止などレンズの汚れ防止効果の高いレンズコーティングが施されていまして、天候や環境に左右されない快適な使い心地なんですそして専用カーボンファイバートルピードケース、マイクロクリアクロス付き興味のある方はリュネットへ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

らくら表紙盛岡店リュネットミュゼが11月号の北東北エリアマガジン『rakra』に掲載されることになりました!(ばんざーい!)

そもそも『rakura』企画営業部のKさんがリュネットミュゼにフラッと立ち寄られ、メガネ(ジャポニスム!)をご購入されたことが始まりで、今回の運びとなりました。

撮影中

が、素晴しい雑誌です、『rakra』!

写真の撮り方、空間のとりかた、洗練されていて何度でも読み返して保存してしまいたくなる・・・。そんな雑誌です。

上の写真左側はブール・ドゥ・ネージュさんが載った時の号です。スイーツ特集で、全ページ食べたくなっちゃいました

カメラマンさん

様々に角度を変え、アイウエアが最も美しく見えるように気を配りながらの撮影です。

成程、こういう見せ方もあるんだなーと逆にディスプレィの参考にもなりました。

フレームには色んな値段のものがあって、選択の幅も広がりました。

技術の進歩により、昔より安く求められるものも出てきました。と同時に価格競争の波にさらされ、過剰とまで言えるほどの大量生産品も生み出しています。

笹野さんと菅原さん

デザイナー達が苦労して生み出した秀逸のデザインは直ぐに真似され量産され安売りされていく。性質が悪いのとなると、真似したデザインをあたかも自分のオリジナルと言って売っている。

世の中にはよくある事、日常的に目にする、耳にする事です。

三人集合

でも私達は頑固といわれてもきちんと「いいもの」を伝えたいです。

決してプラスチックの塊を売っているわけではないのです。このラインをデザイン化するまでに費やしたデザイナー達の時間と汗も一緒に仕入れする訳ですから、、、。真摯にお客様にお伝えしようと思っています。

三人ラクラ持ち担当してくださった左からS野さん、S原さん、Oさんです。

手袋をはめてフレームを扱ってくれまして(笑)ありがとうございます。

写真ではすましてますけど結構お茶目でした。クク

  

このページのトップヘ