July 11, 2008

大きな手

drawingこの方、お名前は伏せておきますが ちょっと〜っ 指の数が多すぎませんか? なんかポ−が異常に大きいと思ったんだよ。。。
little oneこっちはリロワン。 手までかわいい〜っ

megumimarsh at 17:13|PermalinkComments(4) My Kitties 

July 06, 2008

7月4日

98c9a847.jpgアメリカで7月4日は独立記念日。 ダンさんのキャビンに行こうと計画してたけど、乾燥した気候と予算削減の為花火が中止になったとのことで、SDに残った。 申し訳ないけど、本当は海辺で花火が見れるSDに残れてうれしかった。ダンさんがパレ−ドを見学している間、みなみと2人乗りの自転車に乗ってコロナドを散策!本当に綺麗な所






14コロナドのダウンタウンは、 目抜き通りが閉鎖になり、パレ−ドが行われていた。 半日かけての大パレ−ド、ミス地元とかかわけのわからん人たちも沢山いたけど、やっぱり一番迫力があったのは米軍のブラスバンド。 観客も総立ちになり、バンドが見えなくなるまで直立不動・最敬礼の人たちも沢山いた。 米軍基地のあるコロナドにはもと軍人さんも沢山住んでいるのかな。

3このおじいさん、スペイン風かメキシコ風かわかんないけど、馬がぜんぜんゆうことをきかず、大苦戦してた風。 英語しかしゃべらない馬で、セニョ−ルの言ってることがわかんなかったんでしょ。





2いろんなツ−リングクラブも参加していて、三菱のロ−ドスター、ハ−レ−などを星条旗で飾ってマ−チしていた。 これは、フォルクスワ−ゲンのバンクラブ。 サ−ファ−がよく乗っている車でSDらしい。 スク−ビ−ドゥ-のシャギーも乗ってます。(っつても知らんか)

67パレ−ド終了後、コロナドと向かいのSDダウンタウンを結ぶフェリ−に乗ってシ−ポ−トビレッジに遊びに行った。 フェリ−は片道3ドル。 SD側で美味しいクラムチャウダ−を食べて、車をとめてるコロナド側に帰った。 夜は、インペリアルビ−チとコロナドを結ぶシルバ−ストランドから花火を見学。 そこからはSDの7箇所の花火が見えて大満足だった。 毎年思うんだけどSDの花火は、日本の花火大会に比べると本当にしょぼいんだな。 

megumimarsh at 03:11|PermalinkComments(10) My San Diego 

July 02, 2008

サンディエゴZoo

あ会社のサマ−ピクニックでサンディエゴ動物園に行ってきた。 めったに会えない同僚たちのご家族に会えるのも楽しみ 
この赤たんあまりにもかわいくてみなみがずっとだっこしていた。



いこのイノシシ、目が笑ってませんか? つれて帰りたいよ〜っ






う他種のイノシシの赤ちゃん。 日本では瓜坊って呼ばなかったかなあ。 かわいすぎる〜っ



おたそがれの瓜坊かあさん。 パンダなんかただの熊なのに大行列になってました。 瓜坊家族のほうがずっとかわいいぜ。



megumimarsh at 22:40|PermalinkComments(6) My Beautiful Wave 

June 29, 2008

コ−チへのお礼

dba329c8.jpgi4ヵ月半、本当によくがんばってくれたのはコ−チの稲葉さん。 高校生の娘は全国を廻っている他のリ−グの選手なのに、スタ−リンにとことん付き合ってくれた。 彼女になにかお礼をしようということになり、いつも個性的な彼女に似合うネックレスをつくってと、あるお母さん達から提案があった。 タ−コイズと貝で夏らしいネックレスを作っってみたけど、気に入ってくれるかな。


megumimarsh at 00:42|PermalinkComments(6) My Jewelry 

June 28, 2008

7位!

ce4a268f.JPG1996年にサンディエゴで始まった Starling は、今では36州から2,500人以上の選手が参加していて、全米で最も大きいジュニアバレ−ボ−ルリーグだそう。 優秀な選手には、高校を卒業するタイミングで奨学金が出たり、すごいなと思うのはネイティブアメリカンの居住地などの子供たちにも呼びかけてチ−ムを作り、ファンドレイズ活動などを通じて積極的にサポ−トしていること。 

k土日の試合は、苦戦しながらもだんだん調子が出てきて、なんと全勝の快挙だった。 Eastlake は試合をしながら強くなっていったチ−ムと思う。 最後は息を呑むようなラリ−が延々と続く見ごたえのある試合ができた。 結果は、(小学生の部で)SDで1位、カリフォルニアで3位、総合で7位となり、シルバ−ディビジョンの金メダルをもらった。 最後の試合は、初めての負け試合の相手 宿敵のサンディエゴ・ナバホチーム。 大苦戦しながらもストレ−トで勝った。
bi試合後、スタ−リン発起人で元オリンピック選手アメリカ代表のバイロン氏から、ひとりひとりにメダルを渡していただいた。 最終戦は、彼が審判をしてくれた。 

drawingmおめでとうEastlake
本当に良くがんばりました。 強いチ−ムは外から良い選手を引っ張ってきていたけど、なんたってこのチ−ムは、Chula Vistaの子供たちばかりでがんばった。 
来年は中学の部で絶対にまた一緒にプレイしようね!とみんなで約束してシーズンの幕を閉じた

megumimarsh at 16:34|PermalinkComments(4) My Beautiful Wave 

June 27, 2008

National Final

e963472a.JPGk泣いても笑っても今年はこれで最後。 先週末 Starling の National Final がSDで開催された。 本当にアメリカ全土からバレ−ボ−ル大好きGirlsが集まっていた。 
木曜から始まる最終戦は日曜まで続く。 残念ながら木曜と金曜は仕事で見にいけなかったけど、12試合中、4勝8敗と大苦戦でトップ6が競う決勝リ−グには入れなかった。 土日、張り切って最後の応援に参加。 会場に到着したとたん、待ち構えていたEastlake Girlsが 車用マ−カ-で我愛車のカロ−ラに Eastlake 激励の言葉を書き込んでくれた あ-あ これ洗ったら落ちるのかね。。。

drawing先週は40度近くになるほどの真夏日が続いた。 稲葉コ−チはサマ−ドレスにぞうりでご登場。 背中の刺青が素敵です




mお嬢さんたち、負け試合にもすっかり慣れて(?)ずるずる悔しがってないで気持ちの入れ替えがすっとできるようになっていた。 

megumimarsh at 15:52|PermalinkComments(4) My Beautiful Wave 

June 26, 2008

新しい鉢

78b3637e.JPG今年は、冬の終わりから今までずっとバレ−に情熱(?)を注いでいたから、まったく庭仕事をしていなかった。 先週、バレ−がひと段落し、改めてお花が綺麗な季節になっているんだと気がついた。 今年初めて買った鉢植え。 ハイビスカスは、派手な色が好きなんだけど、太い枝がはっていて濃い緑の葉っぱが元気な苗だったから買ってみた。 4ドル50セント(!)という値段には感動。 まるでボ−ルルームダンサ−のドレスのように華やかな花でとても気に入った。 去年、一昨年からの鉢がいまだに元気でハイビスカスは5種類に。 SDの気候によくあってるんだね。 
cz

megumimarsh at 11:23|PermalinkComments(8) My Garden 

June 25, 2008

さよなら ク−パ−君

1f870cd4.JPGということで、一晩でギブアップ。 週末バレ−の試合から帰ってきたら、リロワンが目を引っかかれて片目が開かなくなっていた。 リジ-はうちに来たときから爪がなかったので、どう考えてもク−パ−君との喧嘩と思う。 リジ−もリロワンも怖がって隠れて出てこなくなってしまった。 みなみと話し合った結果、トライアウトを終えて返しに行くことに。 お友達の家に電話して、もし私たちが面倒を見れない場合にはどうするの?と聞いてみた。 “あ-っ家にのこるハズバンドが世話するわ” とのこと。 な-んだ。 散々悩んでばかでした。

l最近黒猫の写真がPostされないので、死んじゃったんじゃないかと日本のママが思っているそう。 リジ−姐は、どんどん大きくふてぶてしくなっており、怖いので写真を撮ってなかっただけです。

megumimarsh at 14:19|PermalinkComments(9) My Kitties 

June 24, 2008

ク−パ−君

1e6b40d6.JPGこの男前猫、Little Oneじゃありません。 オス猫のク−パ−君。 学校のお友達が夏2ヶ月レバノンに里帰りする間面倒を見たいといってみなみが連れてきた。 男の子の猫というのは、女の子と違って骨格が頑丈にできていて特にポ−(手)が大きい。 ク−パ−君シャムネコの血が混ざっているらしく、おしゃべりが大好き。 普通に歩いているときもなにやらしゃべっている。 こっちの目をみてにゃ−にゃ−しゃべるけど、相手にしてあげないと、ね-ね-と爪をたてにくる。 メキシコで拾ってきた猫だそうで、メキシコのパスポ−トをもっているそうな。 本当かなあ。 
 lllこっちはLittle One.  縄張り意識の強い猫だから、ク−パ−君とは大喧嘩の繰り返し。。。さあ、この2ヶ月どうなることでしょう。。。

megumimarsh at 22:19|PermalinkComments(10) My Kitties 

June 14, 2008

卒業式

ade7e62c.jpgサンディエゴの卒業式シ−ズンは、ジャカランダがちょうど満開の6月中旬。 今日は、7年間通ったクレアビュ−小学校(幼稚園付)の卒業式だった。 長かったようであっという間の7年間、いろんな人と出逢って、いろんな人に助けられて、みなみは本当に良い小学校時代を過ごしたと思う。







21なんてったって一番仲良くしてくれて、いっつも一緒にいてくれたのは、学校の友達も二人はきっと兄弟だと思っていたに違いないジェレミ−君。 彼も中学生になっちゃうんだ-っと思うと、胸がきゅんとした。

3前日、ケイトリンのお母さんが卒業祝いに二人をネイルサロンに連れて行ってくれたそう。 ケイトリンは綺麗なフレンチネイルになってたけど、みなみのつめはなんか毒々しい-っ。 これに更に茶色の水玉を上から塗ってくれといったら断られたそう。 つめが亀の甲羅のように見えるかも、というのが理由。 ごもっとも。。。


5学校は私服だし、今日はおめかししてよいことになってるから、ミニミニティ−ネイジャ−みたいなお嬢さんが沢山いた。 皆かわいいな。 それにしても、みなみは幼いなぁ-。




4いつもの皆で最後の記念写真。 真ん中の紳士は、図書館の先生。 本を読むのが大嫌いだったみなみは、彼に励まされて、ほめられて、時にはただで本をいただいたりして、いつの間にか本が大好きになっていた。 彼女にとって彼は一生の恩人と思う。 



6みなみが一番お世話になったのは、やはりカフェテリアのおばさんでしょうか。 卒業証書が入ってる封筒を開けると、空っぽで中に“卒業したければ、カフェテリアに残高を払いなさい”みたいな手紙が入っていて、びっくり仰天。 最後までお世話になりっぱなし。


7卒業式の後は、クラスメイトの家でポットラック。 滝が流れていて、バレ−ボ−ルコ−トが張ってあるプ−ルがついてるお家に招待された。




b庭には、野外暖炉が二つ着いていて、ビルドインのグリル、冷蔵庫、バ−がありちょっとしたキッチンとなっていた。 この家からは、コロナド、ダウンタウンなどが見えて、夜景が特に綺麗だそう。



nでも、私が一番うらやましかったのは、家に咲き乱れる色とりどりのお花達。 本当に綺麗にランドスケイプされていた。 
今日メインのカメラマンはダンさん。 彼の望遠レンズでとった綺麗な写真ができたら記念に今日のことを書いておこうと思う。 本当に楽しい小学生時代を過ごせて皆に感謝してます!  特に美幸さん、ダンちゃん、愛子さん、Bill 本当にありがとう!
We love you all
  

megumimarsh at 14:08|PermalinkComments(6) My Beautiful Wave 

June 13, 2008

お別れの季節

171d377c.jpgアメリカで6月は日本の3月のようにお別れの季節。 その後長い長い夏休みに入る。 小学校も明日は卒業式。。。Starlingも来週で終わり。。。なんか寂しいな-。
毎年、学年末にお世話になった担任の先生にお礼の気持ちを込めてプレゼントをする。 今まで2年生以外は全員女の先生だったから、ネックレスを作ってあげることが多かった。 今年の担任の先生もアクセサリ−が大好き。 スワロフスキーの新しい形のクリスタルにオニキスの石が埋め込んであるピンを使ってチョ−カ−を作ってみた。 クリスタルシャド−という色で、とてもシンプルでシックなものができた 気に入ってくれるといいな。

oなんだか、同じのが欲しくなって自分用も作ってみた。 私は色が浅黒いからちょっと濃い色。 クリスタルコッパ−という色のクリスタル。 
JPG11来年から他の学校に行ってばらばらになるので、今まで仲良くしてくれたお友達にもおそろいで色違いの子供用のネックレスを作ってあげた。 みなみのリストには20人くらい名前が載ってたんだけど。。。ま-そんなに沢山つくれんわな。


megumimarsh at 16:33|PermalinkComments(2) My Jewelry 

June 12, 2008

アサイ丼を探して

kハワイで食べたアサイBowlが忘れられなくてサンディエゴでも無いかなと検索してみた。 サンディエゴでも健康志向の強いお上品(?)な人たちが住んでる北のほう、そして海側のほうでは何件か取り扱っているところがあるみたい。 早速行ってみた。 スノ−ケルの帰りに、ラホヤスポーツクラブにくっついている健康ジュ−ス屋さんに立ち寄ってアサイ丼を注文した。 






bananaまず第一にハワイより20%くらい値段が高い。 なんか色も変。 でも、ここも大行列で、みんなアサイ丼を注文してた。 お味は。。。?




kすっごい美味しいから!とみなみに言われて一口食べたケイトリン。 ちょっと困った顔をして、う-ん、ありがとう、でも食べなくってもいいや。 だそう。




mみなみさんも一口食べてがっかり。。。 結局何の味も無いカキ氷と言う感じ。 しかもバナナしか乗っかってない!! ハワイのは蜂蜜に木の実にと盛りだくさんだったのに-っ! これで、ハワイに行かねばならぬ口実がまたひとつ増えたわ

megumimarsh at 16:08|PermalinkComments(2) My Beautiful Wave 

June 11, 2008

One Fine Day!

1ae3f0ed.jpg寒いから今週は無理だよ−、と言っておいたのに、ケイトリンのお母さんが乗り乗りで引けなくなり、スノ−ケリングに行くことになった。 しかも、彼女は土壇場で仕事が入り、わたしがお嬢さん達を連れて行くことに。。。 場所は、La Jolla Cove. 去年の夏、美幸さんに教えてもらってはじめてきて魚の多さにびっくりした。 魚の種類はちがうけど、数からすると慶良間より沢山の魚を見た。


r3 寒かったからウエットを着込んでいざ出発。 ケイトリンは去年のが入らなくなっていたので、私のを着てみたらちょうどよい。。。 みなみのもきつきつだったけど、引き伸ばして無理やり着せた。



56水が冷たいっ! でもエサを片手に果敢に泳いでいきました。





671時間もすると飽きちゃって、波と遊ぶことにした2人。 日が照ってきたので、砂浜で甲羅干し。 我が家のリビングル−ムの用にくつろいでます。


blシャワ−を浴びた後、バレ−ボ−ルして、ランチも食べた。







m公園には油絵を描いてる人たちがいた。 またみなみは物怖じしないから駆け寄って、そんな青色どうやって作るの-っ?と聞きにいってた。






910 海に面した会場で結婚式の準備をしていた。 最高の景色だろうな。。。




8とっても天気がよくって気持ちの良い日でした。

megumimarsh at 14:59|PermalinkComments(3) My Beautiful Wave 

June 10, 2008

EHS

b92389ea.JPGEHS (Eastlake High School) にもバレ−部があって“男子”のチ−ムがかなりいいところまでいっているそう。 練習の無い日は、その ELH 男子バレ−部の応援に行かなければいけない。  高校の男子バレ−ともなると、もうおっさん同士の戦いで、円陣組んでも“ウォ−”っとどすの利いた掛け声が聞こえてきてちっともかわいくない。 男子のチ−ム内では“すね当て”は、やわだと思われているらしく、一人もしてない。 だから滑りこんだら 汗と肉とフロアが摩擦するなんともいやな音がする。 Starlingのお嬢さんたちは、応援するよりいつもおしゃべりに花が咲く。 
え同い年くらいの高校生のお嬢さんたちは、皆お目当ての子がいるらしく、大興奮できゃ-きゃ-言いながら応援している。 メイクもばっちりで、本当に末恐ろしいっす。。。 このまま大きくならないといいな-っとStarling Girlsを見ながら思った。。。

megumimarsh at 13:07|PermalinkComments(2) My Beautiful Wave 

June 09, 2008

簡易ピクニック

e6fc840a.jpgバレ-ボ-ルのシ-ズン中、土曜は試合、日曜午前は教会、午後はプ-ル、夕方からまたバレ-という生活が続いた。 火曜と木曜も練習が入るから一週間4日はバレ-をしている。 宿題も多くて忙しいから、横道にそれる余裕があまりない。 多感な時期、バレ-でストレス発散して、教会で精神的なことにも目を向けて、バランスの取れた生活をしてるかなと思う。  

3日曜教会の後、お友達も一緒について帰ってきてみんなでプ-ルに行くことがある。 食べ盛りだからちょっと泳いで食べて、休んでまた泳ぐという感じ。 皆で食べれるように、ロ-ストチキンを丸ごと買ってそれにハワイアンロ-ル、よく冷えたスイカとお水、サルサ&グアカモ-レにチップスという簡単なメニュ-で
プ-ルサイドでピクニックとなる。 

学校、バレ-、教会といつも一緒に行動していたケイトリンは、幼稚園の頃からの大親友。 7年間、毎日飽きることもなくお昼を一緒に食べていたそう。 2人は来週で小学校を卒業し、秋から違う中学校に通うことになる。 水のボトルを一人で開けられないケイトリンをみなみが心配していた。 でも、バレ-と教会とでこれからも繋がってるよね、と二人話している。 こんなに気があっている2人、ずっと良いお友達でいれるといいな。
j泳いでいたお兄ちゃんたちが、プ−ルの中でアクロバットを披露していた。 みなみも負けじと泳いでいって“ちょっと- 私のことも放り投げて-っ”とお願いする。 相変わらずものおじないしない人です。

megumimarsh at 10:50|PermalinkComments(2) My Beautiful Wave 

June 08, 2008

おかえり-っ

d6237101.jpgハワイから帰ってきたら、猫たちがおかえり-っと大喜びで迎えてくれた。 旅行中も美幸さんと彼女のBoysが良く面倒を見てくれたから、元気にすごしたみたい。 ちょっと見ない間に子猫が少し大きくなったような気がした。 
やっぱり我が家はいいな




mその夜、みなみは子猫と大好きな羊の枕を両手に抱えて安心した様子で寝ていた。 まだまだ子供だな−

megumimarsh at 12:59|PermalinkComments(2) My Kitties 

June 07, 2008

夢のハナウマベイ

drawing夢のハナウマベイでスノ−ケルしてきました 
綺麗だった-っ。 海の色は、プ−ルのような青色でした。





hここは日本しらと思うくらい日本語が飛び交っていた。 






msハワイ出発の直前に、ハナウマベイをもう一度高速道路から見ながらお別れしました。 大きな魚を釣った人に遭遇。 







d今回の旅のカメラメン、ダンさん。

megumimarsh at 12:42|PermalinkComments(2) My Trip 

June 06, 2008

行列になるお店

7b8dc6d5.JPGハワイに行く前に“マウイ島で必ずしなければいけないこと”というファイルを作ってくれた方がいる。 年配のグルメな方で、ワイキキきってのシェフレストランで夕食とかは予算的に実行できなかったけど、ノ−スショアに行くときには必ずよるべし、と書いてあった項目は実現できた。




eひとつは“海老屋さん”に寄ること。 Shrimp Shackと呼ぶそう。 いたるところに海老の養殖池があって、そこで獲れた新鮮な海老をガ−リックとバタ−でさっと炒めレモンをかけていただく。 ご飯がついていて6ドルくらい。 バンを改造した移動式のShrimp Shackが沢山あり、日本人観光客でごった返していた。

mmもうひとつは、カキ氷屋さん。 松本商店というそう。 いつ行っても大行列ができているけど1時間待っても食べる価値があると書いてあった。 行ってみると駐車場まで行列がつづいていた。 トム ハンクスや日本の大物俳優などの写真が飾ってあって、MATSUMOTOブランドのT-shirtsとかも売られていた。 お味はと言うと、、、しゅわっと口の中で解けるような繊細な氷に、本格的な抹茶がかかって、つるっとした白玉団子に甘さ控えめの手づくりアンコとかのっかってるかもと、かなり興奮気味で並んでいたら、がりがりのあらっぽい氷にアマ−い色つき砂糖水がかかって出てきた。。。 え〜っこんな物のために皆ならんでんのとがっかりしてしまった。 ノ−スショアという僻地まで来て、何も無い所にぽっとカキ氷屋さんがあるから受けるのかな。 お隣に、日本風の御茶屋さんつくって、ほんまモンのカキ氷売ったら一気にお客さんはそっちにひっぱられるでしょうよ。 しかも、外で焼き鳥やっても土地柄にあってるかも。 サ−ファ−用に美味しいお弁当とか売ったらもっといいかも。 と、夢のハワイ移住を思いながらいまいちのカキ氷平らげた。

megumimarsh at 11:56|PermalinkComments(4) My Trip 

June 05, 2008

ワイキキの夕べ

02c80967.JPGNate のルームメイト Jared は Stand Up Comedian (漫才師?)。 陽気な Nate にくらべて物静かな彼は一日中部屋で瞑想してたりして、ちょっとやばいんじゃないかと心配していたが、どうやら本番に向けて必死でシナリオを書いていたらしい。 金曜の夜、ワイキキの日本庭園で彼のパフォーマンスがあり、みんなで繰り出すことに。 18歳以上でないと入場できないので、みなみと私は目抜き通りで車をおりてワイキキの夕べを楽しむことにした。 

海沿いに隣接する巨大なリゾ-トホテル。 水際にはしゃれたバ-やレストランが並んでいて、夜のビ-チをお散歩していてもとても賑やかで明るい。 水も温かいので夜でもサ-フィンしている人達がいた。 海沿いの公園ではフラダンスショ-が開催されていて、花火も打ちあがって毎晩夏祭りみたいな雰囲気なのかな、と思った。

n本当は、ショッピングを楽しみたかったんだけど、時差の関係でみなみが8時くらいから眠くてふらふらになってきた。 しょうがないから豪華なコロニアル風の Sheraton ホテルのプ-ルに忍び込んで、長いすに彼女を寝かせてお迎えを待つことに。 ここなら、よっぱらいも浮浪者もいないから安全でしょ。 海の香りや、波の音、風に揺れる椰子の葉と五感で南の島を感じてとても幸せな気分に」なった。 寝ているみなみを見て、本当に大きくなったもんだよ、となんだかじ-んとしてしまった。

10時過ぎにパフォ-マンスを終えて皆がお迎えに来てくれた。 ホノルルの繁華街はさらに人出が増えていて南の島の夏の夜はゆっくりゆっくり時が流れていく感じだった。  

Jared の Show ですが、観客100以上のなかで大喝采だったそう。 ダンさんなんか腹筋が痛くなったよと言いながら帰ってきた。 しかし彼がコメディアンとは今でも信じられない。 人は見かけによらないもんです。


megumimarsh at 00:00|PermalinkComments(2) My Trip 

June 04, 2008

Valley of the Temples

22623132.JPGハワイ3日目、オアフ島お決まりコ−スのノースショアまでの海沿いをドライブした。 途中にあるValley of the Temples. その名の通り、熱帯の山々の間に朱色のお寺が急に登場する。 その入り口には日系の方が葬られている日本風のお墓がならんでいた。 


t中は公園のようになっており、広々とした美しい日本庭園が造られていた。 池には立派な錦鯉が沢山泳いでいて、熱帯の風景の中に急にしずかな日本の景色が広がってとても不思議な空間だった。



p孔雀も放し飼いになっていて、優雅だったんだけど、こんな凶暴な鳥を何匹も放し飼いにしていていいのかね、とちょっとびびってしまった。







s手乗りすずめもいるし。。。 池の錦鯉にあげるエサを売っていたけど、くんくんと匂いをかいでいるみなみは、これ猫のえさだ!と言っていた。 いい加減なもんです、鯉もすずめも美味しそうに食べていた。


nそして、猫はちゃんとネズミを捕まえて軒下で食していました。 なかなか生命力があってよろしい。 




h日本でもない、ハワイでもない、それでいて、何故かとても落ち着けるValley of the Temples.  
とても不思議な空間でした。

megumimarsh at 14:53|PermalinkComments(4) My Trip