January 19, 2007

A型家族

koumonみなみが生まれてしばらく、姉、もと旦那、みなみ、私の4人でサンディエゴの北のほうに住んでいた。 全員A型のマメ家族だった。 
もと旦那は、私が四角い部屋に丸く掃除機をかけたり、洗濯物を畳むときタオルの四方がピシッと揃っていなかったりするのがとても気になっていた。 別に文句を言うわけでもなく、もくもくと自分でやり直すタイプだった。 そんな旦那を、「ダ‐リン、あなたが“マザ−印籠”(姑)じゃなくって本当によかったわ」と褒めてあげていた。 姉は姉で、私がいたるところに服を脱ぎ散らしたりするのが気になっていたそう。 ある日、パンツを貸してあげようとすると綿100%じゃないから履けないとか、全く真相がつかめなかった。 私は、姉が白菜をいためるときに、根っこの硬い部分からいため始めず、全部いっぺんになべに投げ込んだり、旦那が地面に落ちたものを“5秒ル−ル”と勝手な法律を作って、そのまま拾って食べたりするのが我慢できなかった。
全員A型だから几帳面家族かというとそうでもなく、抜けているところは皆してとことん抜けていた。 でも、A型几帳面癖で気になるところが全員違っていて、かなり妥協し合いながらの生活だったんだと思う。
でも、あの頃とっても楽しかったんだな-。(お金なかったけどね)

megumimarsh at 14:24│Comments(4)My Everyday 

この記事へのコメント

1. Posted by MiwaMiwa   January 19, 2007 15:46
私はかぶれ易い敏感肌なので、特に下着は天然素材でないとダメなの
硬いものは硬く、柔らかいものは柔らかく頂くのが私の信条!歯ごたえのない白菜の芯なんて・・・と屁理屈をこねる今日この頃です。
A型って本当に抜けているところはとことん抜けていて、許せないところは絶対ダメで・・・よくあれでうまくやっていたよね。
円満家族in Oceansideでした。
今のシチュエーションでオーシャンサイドにみんなでワープできないかなあ
2. Posted by 恵   January 19, 2007 16:43
実は、時々あっちのほうにも行くんだよ。みなみに生まれた家を見せてあげたりね。あの家には、あの時と同じ木が生えていて、郵便受けも同じで、キウイさんという猫がいた家とか、日本人のおばさんが住んでたアパ−トとかぜんぜん変わってないよ。本当にワ−プした気分になるんだけど、4人中SDに戻ってきたのは2人だけだね。キュ−っと心が締め付けられる思いがします。
3. Posted by MiwaMiwa   January 19, 2007 17:08
そうなあ、ライムやプラムがなる木があって、ピンクのハイビスカスにはハミングバードが来て、前の庭にはブルージェイが止まって、リビングからは海に沈む夕日が見えて・・・
結構いいお家だったね
私も胸がキュンとなるだろうなあ
4. Posted by 恵   January 21, 2007 00:56
キュン

コメントする

名前
URL
 
  絵文字