2011年12月31日

新しい俺、 さぁ、いくでっ!


この「ええねん!」のライブドアブログもいつのまにかほとんど書かなくなってしまって、数年前にノリで始めたアメーバの「めっちゃええねん!」がメインのブログに取って代わられてるよなぁ。
ま、それはそれでまったくいいんだけどね。 もうメインはあっちだしね。

とかなんとか言いながら、やっぱり一年の最後にはちょっとだけここに書きこんでおきたくなったので、誰も見てなくてもいいから、自分の記録としてつらつらつらっと書いておくことにしよう。 ^^



毎年末にはここに 「今年を漢字で表す一文字」 を書いてるけど、今回はやめよう。

いやまぁ、今年はいろんなことがあまりにもドカドカドカとありすぎて、そんなもん一言で言い表せるかいっ、ということもあるけれど、なぜか今年の暮れは一年をゆっくり振り返るってことにまるで興味がない。
自分自身で思うけど、ここで立ち止まって振り向いて懐かしむってことにまったくカケラほどの意識もないなぁ。
それよりも前のこと、次のこと、明日のこと、これから先のことに思いがけないほど興味津々な俺がここにいる。
具体的になにがどうやってことは書けないけど、なんだかわけがわかんないけど、とにかくまっすぐ前を向いてニヤリとしてる俺がここにいるのがわかるもんなぁ。あはは…

ということなら今年の末の一言は「ワクワク」ってとこだろうか。
あ、漢字ちゃうやん。 一文字でもないし。(笑)




玄関を出ていくときには必ずでっかいでっかい重くて硬い仮面をヨッコラショって被って、靴紐を解けないようにさらにしっかりと結び直して、心のなかでは身構えながら勇気を持ってファイティングポーズで過ごしてたけど、だったけど、そうだけど、でも、


「ま、ええやん」
という顔で接してくれたあなたが、ホントは一番勇気があったんだと思う。


  …あ、完璧なひとりごと。(笑)




とかなんとかひとりつぶやきながら、わがままブログを書きながら、大晦日恒例の I.W.HARPER ストレート。












さ、最後におもいっきり書いとこ。




俺は100回ブっ倒れたって、絶対に101回起きたるからなっ。
薄っぺらな理屈とか、知ったかぶりの言葉遊びはもう俺にはいらん。
「本気なガハハ」があればそんでええわ。 それだけでええ。

2012年、年男の俺は、なんだか新しい俺と逢えるような気がしてる。

過去のことはきっとこれからも忘れないし、いや忘れなくてもいいけど、いったんここに置いておく。
そして、新しい俺がきっとそこにいる。 人生のドラマの主役の俺がいるんだと思ってる。
美しい花もすばらしい景色も旬のすばらしい味も、俺が美しいと美味しいと感じるこそ存在するんだと。

俺は他の誰でもなくて、俺自身の人生を生きているんだから。
これは俺だけの人生で、主役は俺なんだから。


  そう。 もっともっともっともっと、来年は・・・


  わくわくドキドキ しよう。 ^^





ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved


 フォローよろしく!

  
Posted by megumy at 22:24Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月31日

うん 俺は誰にも負けへん!





向かっているのは太平洋やなくて、大海原を臨む桂浜の坂本龍馬像。
対峙してるのは銅像か、はたまた龍馬の生涯を鑑みての自分の人生か。


龍馬にどうしても会いたくなって、つい走ってきた高知県。
たまーにこんなこともするんです。 …っていうマジメ顔の俺。


維新を掲げて道を切り開いてきた坂本龍馬って男。
彼にしたって、もちろん自分ひとりですべてをやり遂げてきたわけやないやろう。
志を共にする友や仲間がそのときにいたから、一緒に戦ってこれたから事を成し遂げられたんやろう。

もちろん比べるにはあまりにもデカい生涯やから失礼すぎるけど、おぎゃぁと生まれたときは俺と一緒やん。(と思う)
ガキの頃には鼻たれ坊主で泣き虫で超肥満児の根暗なヤツでも(ん?それは俺やん)知恵がつけば変わってくるし、人に交われば染まってくるし、世の荒波にもまれりゃたくましくもなってくるし。


人は、変わる。

それがあたりまえやし、いや、そやなかったらあかんと思う。






別に胸張って自慢できることやないけど、でもあえて胸張って言いたいことがある。


俺は自分ひとりだけで何か事を起こして成し遂げられる人間じゃない。
自分ひとりでは、ホントは何もできないヤツやってことを胸張って言いたい。



ガキの頃からずっと続けてきた柔道を最初に始めたのも自分から進んでじゃなかったし、子どもの頃に彼女へ告白するときにも友だちのチカラを借りたよなぁ。
高校受験も大学進学も好き勝手やってたのは、一緒にいてくれる友人や支えてくれる親がそこにいることがあらかじめわかってたからやろう。
新入社員として商社の仕事を無我夢中でがむしゃらに頑張れたのも、自分の想いだけで突っ張って無農薬の野菜を仕事にしようと決めたときも、ハラを決めて21年勤めた商社を辞めるときも、自分の想いをコトバにしようと本を出版したときも、熊本の産地にどっぷり住み込んで工場を作ったときも、なにもかも昨日のことのように思い出す。。。けど、一人やなかった。

あの人がそこにいて、彼がそのときにいたから、彼女が支えてくれたから、ヤツのガッツがそこで届いたから、あいつの涙をそのときに見たから、その人が手をつないでくれてるとやっと気づけたから。。。そやから、いろんな壁や波や山を超えてこれたんやと思ってる。


別にエラソーに胸張らんでもええけど(笑) でも、あえて言いたいのは・・・

俺は、自分ひとりでは何もできないヤツかもしれんけど、仲間がおんねん!
信じてくれる友がおんねん!想ってくれる人がおんねん!つながってくれるあなたがおるやん!

んなもん、絶対負ける気せーへんわ、俺!











「今年を漢字一文字で表すと」 なんて、毎年このブログの大晦日には書いてたんやけど (「さぁ、乗っていくでっ!」) こないだJASRACから、おまえのブログにウルフルズの歌詞が載ってんのがあるし勝手に消すから覚悟しとけ!的なことを突然メールで通達されて、昨年も一昨年の大晦日ブログも知らん間に削除されてた…(怒)

ま、ええか。
今年一年をひとことで言うと 「和」 です。





人は、変わる。

あたりまえやし、そやなかったらあかん。



あの人がそこにいてくれたから、彼があのときに支えてくれたから、その人がそばにいてくれたから、つながって 「和」 になって壁を超えられた・・・の「その人」が、今はそのときと変わってしまった。

そのときが永遠なんてあり得ないって理屈ではわかってるけど、でも永遠って思いたいのも自分自身でわかってるから、あの苦しいとき、あのしんどいとき、あの悲しいとき、あのどうしようもなくなったときに一緒にいてくれた人が今はもういなくて、変わってしまってて・・・と思うのが・・・

悲しいのか?
いや違う、それでええやん。
それが、その人にHAPPYならええやん。


そのときと違う自分がここにいて、もし変わってしまったその人と会っても、きっとまた笑ってつながれる自信があるから。
あのとき支えてくれた本物の想いや、言葉や、ガッツは、ずっとずっとずっと一生そのまま燃えてると思ってるから。
自分ひとりで何もできんヤツやけど、本気で信じてくれる仲間がおったら、やっぱり俺は誰にも絶対負ける気がせんっ!

俺の 「和」 は、 絶対に切れんっ!











大晦日恒例の I.W.HARPER ストレート。
これも毎年ずっと書いてたんやけどJASRACにやられた。。。










2010年、今年は今までになく 深く 『縁』 を感じた年になったような気がする。
きっとね、今までずっと 『縁』 をいただいてたのを今年に全部受け止めたのかもしれないなぁ。

今こうやってこのブログを見てくれてることも、メールでやり取りできることも、リアルで会って話せることも、一緒に仕事ができる事だって本当は奇跡かもしれないし。
だから少しだけでも、ちょっとだけでもいいから、毎日「ラッキー」って思えたらいいよなぁって思う。
人生って、そんなブログに書くようにはカンタンにいかないかもしれないけど、でもやっぱ感謝して「ラッキー」って思うことから始めないと、なーんも楽しくないしね。









んで、 やっぱ俺は誰がなんと言おうと、「ええねん」 やわ。

今まで歩んできた道を、これからどんどん極めて行こうと心に決めた。
俺の人生、この土にまみれたニンジンのように、やっぱり 「ええねん」 ってまっすぐまっすぐ笑顔でやりたいようにやっていこう。




うん、絶対誰にも負けへんよ。


俺には、仲間がいるもん。



俺には、あなたがいるもん!
 ^^

 
ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved



フォローよろしく!

  
Posted by megumy at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月30日

ハッピー アワー




10年間ずっと「ヤッサ」に行ってたから、ウルフルズの活動休止とともに去年の万博記念公園で一応ピリオドを打った「夏の最後の野外ライブ」が、ここでまた「歌う!トータス松本伝説」として燃えることができるとは正直思わなかった。

だからなおさらうれしくて、ワクワクして、テンションが上がって、でも…決して求めないで、頼らないで、何かの答えを見つけようとしないで、ただひたすら楽しもう、おもいっきり楽しんでやろうと臨んだライブ。



・・・しまった。
涙腺が、最後の最後に、破裂してしまった。





新しい朝が来て 歩き出す次の場所
負けへんぞ何があっても 今日は昨日と繋がってる

 ハッピー アワー




トータスの魂を込めた言葉が向かってくる。

まっすぐまっすぐ突き進んで、ただ漠然とでいいから、あいまいでかまわないから、具体的でもなくでいいんだから、ぼんやりとで大丈夫だから、夢を追いかけてがむしゃらに一直線、それを磨いて硬くして・・・



そう、それ!

また彼の言葉に、あの熱い想いに共鳴して、ボロボロ大粒を落としながら、大声で叫びながら、飛び跳ねながら、腕を振り上げながら、自分でもわけわかんないほど壊れてた。




よくね、「あなたは何になりたいの?」 「ゴールの自分を思い描いて!」 「具体化して!形を作って!」 なんてまわりに言われるけど、というか散々これまで言われてきて、正直言うとめっちゃ辟易してて、心の底から鬱陶しかった。 とんでもなく胡散臭かった。 そう言うもっともらしい言葉をテキトーに吐いて金儲けしてきてるコンサル野郎やらセミナー講師やらをかなり知ってて(ここでは名前を出さないけど…個人的に話してあげますね)そのたびにアホくさくて、小さいヤツらやなぁ…と思ってたけど、やっぱりそれは正解だった。 あのコンサル野郎やらセミナー講師を相手にしなくてよかった。マジでそう感じた。



自分の感じた通りにね、まっすぐまっすぐ突き進んでね、漠然でもあいまいでも具体的でなくてもいいから、歩いていくことだけ。
それでええねん。 それがええねん。 それだけでええねん。
今が幸せの時間であったら、それでええねん。 ハッピーアワーでええねん。




またヤツに、トータスにやられてしまった。
めっちゃシャクやわ! めっちゃ悔しいわ!


でも、めっちゃうれしいわ。

ありがと。


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved



フォローよろしく!

  
Posted by megumy at 01:16Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月13日

サムライ男爵 あげるっ!

http://a-nen.net


野菜(8/31)の日スペシャルプレゼント!


有機栽培サムライ男爵いもを もれなくあなたに!





って、ほんまにウマい有機栽培の男爵いも(熊本県山都町産)を、うん、もれなくあげます!

というキャンペーンをね、8月31日の「野菜の日」に(ちょっと先ですが)ちなんでドドド〜ンとやります!
なので、絶対にクリックするよーにっ。 わかった?(笑)



野菜(8/31)の日スペシャルプレゼント!



という、このブログ「ええねん!」もホントに久しぶりに書くんだけど (ずっとアメブロの「めっちゃええねん!」の方ばっかりUPしてたしね) ここにはまさに本音のストレートのど真ん中剛速球を投げ書こうと思ってます。


というのも、
このお盆の真っ只中、世間はめっちゃ野菜が高いでしょ?
というか、普通にまかり通ってる価格が安すぎるんだといつも言ってるけど、まぁそれはここでは置いといて。


ジャンジャン連絡があるんですよ、いろんなところから
デパート、商社、スーパー、八百屋、本当にいろんなところからメールに電話にFAXに、電報はないけど手紙はあるよなぁ。
そう、「野菜をくれ」という連絡ね。


市場が、卸しが、JAが、そして生産者が、いつもの野菜がないし、あっても高いし、だから売れないし、なので売り上げができないし、だったらふだん付き合いはないけど…昔付き合いがちょっとあったけど…かなりご無沙汰してるけど知り合いだし…ってなことで連絡がある。


有機野菜は一年中ほぼ価格が変わらないので、市場の野菜価格がべらぼうに安いとき(野菜がダブついているときとかね)には、デパート、商社、スーパーで一般の野菜を扱ってるところにはまず見向きもされないけど、逆に市場の野菜価格がめっちゃ高いとき(野菜が足らないときね)には、有機野菜の方が価格が安くなったりするので、厚顔無恥っちゅー感じでもなんでもガンガンくるわけです。


「いやぁ、実はずっと前から土のめぐみさんにはお声をかけたかったんですよ〜」



「はぁ、そうですか…」  (ウソつけっ、あんた!)


俺はね、アホみたいに一直線なので、いつもまわりからヘタクソっていわれる直球勝負人間なので、義理人情には第一優先でブ厚いヤツなので、まずこんなお応えをします。


「ありがとうございます。 でも野菜はないんですよ〜」
  (って、あるんだけどね、ホントは)




結論を言います。

いつもホントに土のめぐみがお世話になってる、土のめぐみを支えてくれている、土のめぐみのことをわかってくれている、土のめぐみと一緒にいるあなたに、俺が命をかけて送る宇宙一の野菜たちを優先順位 【1番】 で送ります。




それが、サムライでしょ!

                               って思うからね。 (^-^)








野菜(8/31)の日スペシャルプレゼント!

野菜(8/31)の日スペシャルプレゼント!


有機栽培サムライ男爵いもを もれなくあなたに!





                      俺のテーマソング


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved



フォローよろしく!

  
Posted by megumy at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月18日

大丈夫!  --- 誕生日おめでとう。

そっか、「父親誕生日」か。


知り合いにそういわれた。
確かにその通りかもしれない。



5月18日 やっぱり今日も「晴れ」でした。



言葉にするってことがなくても、きっと想いは伝わってるんだと思うんですよ。
親にとっては一生忘れられない日だし、決して忘れたくないあの日だし。

でもね、やっぱり言葉にしたいんです。
いや、面と向かって言えたらいいし、言えなくても言葉を綴りたいから。



今日は息子の18歳の誕生日であり、俺の18歳の親誕生日です。



   



今振り返ると、今まで歩んできた道ってのが正しいのか間違ってるのかなんて そんなことはどうでもよくて、自分自身が決めた「道」なんだからがむしゃらに歩いていけばいい。
そんなスタンスで親の俺がずっと生きてきているから、それは息子にもしっかり見えているのかもしれないし、ひょっとしたらすでにDNAとして埋め込まれているのかもしれない。

かなり意地っぱりだし、いつも感情の起伏が大きいし、熱が目に見えるくらいほとばしってるし、泣くときゃホントに真剣に泣くし、ど真ん中から気持ちをぶつけて前に進んでいくし、というところは親も息子も似たもの同士だから、俺にとっては息子に…あるいは息子が何も言わなくてもすべてわかるような気がする。


だから、うれしいし、 応援したくなる。
「大丈夫」って言葉を常に胸に抱えてる俺がいる。



 


大きな産声をあげた彼に初めて出会って、今日で18年。
俺が親になって、父になって、前を歩いて、 今日で18年。


これからきっと、楽しくてうれしくて、ただHAPPYで笑顔ばっかりの日々…ってわけじゃないだろう。
しんどいことも辛いことも、悲しいことも怒りで震えることも、倒れそうになって、泣きたい日もいっぱいあるだろう。

そうや、意地張ったらいいし、感情も熱も めいっぱい出せばいいし、泣きたきゃド真剣に泣いたらいいし、真正面から気持ちをぶつけて当たっていけば倒れてもいいよ。前向いて倒れりゃなんとかなるさ。全然平気や。


これから歩んでいく道が正しいのか間違ってるのかなんて そんなことはどうでもいいから、自分自身が決めた「道」をがむしゃらに歩いていけばいい。
おまえの大事な気持ちを見失わずに、信じた「道」をブレずに進んでいけばいい。それで大丈夫や。


俺はいつも、いつまでも おまえの応援団やから。
ずっと、死ぬまでずっと胸に抱えてるからな。
「大丈夫」って言葉を。。。








今年もやっぱり、「晴れ」でした。
いつまでも、きっと晴れかもしれないな。。。

うん。 「大丈夫!」




--- 誕生日おめでとう。



ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 16:51Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

結婚




11月22日、「いい夫婦の日」に華燭の典が開かれました。

ここは土のめぐみの産地、熊本県山都町。
200人ほどの盛大な結婚披露宴は町で一番の割烹料理屋さんで行われました。
その日メインは、そう、農家さんの息子さんでした。


どんなに忙しくても、どんなに立て込んでても、どんなにバタバタでも、お祝いの席っていうのはすべてを忘れさせてくれるものなんですね。
スーツでビシっとキメて列席して、日常とはまったく違う世界に入っていくというのは、なかなかいいもんです。



うれしいですね。
土のめぐみの野菜たちが大活躍です。

そりゃ、みんな笑顔になるハズやわっ。


ふだんいただいている土のめぐみの野菜たちも、この日ばかりはカッコつけてよそ行きの顔してたりしてね。(笑)
でも、いや、やっぱり、さすが、味が濃くておもいっきり主張をしているところは見事でした。
伊勢海老やマグロ、赤牛のヒレステーキを追い抜いてメインになるほどにうまかったですよ、マジで。

特に里芋ナッツ和え」は激ウマでしたっ。
あとつくね芋の磯辺揚げ」もねー。








結婚式、披露宴、とにかくウエディングは新婦がメイン。
どんなにうまくスピーチしようが、どれほどバリっとキメようが、なんてったって新婦に釘付け。

いや、それでええねん。
って、それがええねん。


またひとつ、新しくてあたたかい家庭が築かれました。
ずっとずっと、ずーーーっと、おしあわせに。。。



ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 14:37Comments(6)TrackBack(0)

2009年11月08日

黄金の米 --- ソトコト掲載 ---




ソトコト 12月号 [特集]ニッポンのお米 rice fields forever


掲載紙は現在すでに発売中なので、書店で見られます。
っていうか、買えます。(笑)


土のめぐみ JAS有機栽培米


先日ソトコト編集者、ラーター、カメラマンなどの面々が産地に来てくれて、この12月号に掲載されました。
もう紙面がオープンになったことなので、ここでもご紹介させてもらおうと。はい。

  ソトコト12月号掲載42ページ(見開き右側)

  ソトコト12月号掲載43ページ(見開き左側)


今年の米はマジで違いますよ。
ただ単に「おいしい」ってコトバだけじゃ絶対に伝わらない、想像をはるかに超えたところにいます。
「つちマガ」にも書いたんだけど、まさに黄金の米だったんです。


とにかく、一瞬でわかりますから。。。 真剣に。


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 13:04Comments(0)TrackBack(0)

2009年09月05日

ウルフルズに、 礼っ!

  …だから、「ありがとう」






毎年8月の最終日曜日は、このために空けてあった。
そう、この10年間。 ずっと。 思い焦がれて。

でもなぁ、来年はないもんなぁ。
ってことが、ジワっと今になって効いてくるよなぁ。^^;


先週の今日と翌日の2日間、もちろん行ってきた。
当然、スタンディングエリアで。 いつもの万博で。

ウルフルズ ヤッサ09 ファイナル





いろんな方からメールや電話、言葉をもらって、「ブログでヤッサの報告、楽しみにしてますね」の返事が言えないままになって、1週間が経ってやっとここに書きますね。



最後のヤッサ、 書きません。








自分の中でいろんなことがあって、いろんなことが弾けてしまった。
ウルフルズっていうのは俺にとっては特別なもので、大きな意味を持っていた…いや、持たせていたんやろね。
自分の本、「ええ野菜」にも書いたけど、俺には人生を変えてもらったほどの。
このブログ「ええねん!」でもそんなことばっかり書いてるけど、リアルにそれ以上の思いがウルフルズに対してはいつもある。
毎年8月の終わり、それをぶつけに行くのか確かめに行くのかわからないけど、そこにそれがあった。
ヤッサという「魔法」が俺にはあった。



でも、俺が勝手に「魔法」にしてしまってたんだということに気付いてね、だから焦った。
俺は、俺自身が「魔法にかかるために」そんなふうにヤッサを掲げ上げてたんや。
んなもん、ウルフルズは知ったこっちゃないよなぁ。(笑)

「ええ野菜」でもそうやし、ヤッサでもホントはそうやし、そこにたまたまウルフルズがいただけ。
それを「求めて」いたわけじゃないし、頼っていたわけじゃなかったし。
でも今回、初日…俺は「魔法を求めてた」
だから、

気付いた。


楽しんだらええやん




うん、毎年ずっとそうやったハズで、ウルフルズと一緒にずっと楽しんできたから、だから泣いたり笑ったり叫んだりアホやったり、そしてパワーをもらえて、立ち直らせてもらって、勇気付けられて、とにかく笑ってられて、ガッツを注入されて、サムライでいられて、バンザイと大声で言えて、で、「ええねん」といつも思えた。

楽しまなっ。
おもいっきり楽しんだらええねん。






最後の最後、2009年8月30日、あの日ほど叫んだことはないし、あれほど歌ったことはなかったし、あんなにハジけ飛んだことは今までなかった。
それに、あれほど楽しめたことは、うん、あれが最高だった。

あの曲がどうしたとか、ここでこうだったとか、いつも通りのヤッサ報告だったら書いてるんだろうけど、もうええわ。
今までで最高に楽しめたしっ。

なので、ひとこと。


ありがとう。



今まで、ほんまにありがとう。
ここに、それだけを記します。






人生、楽しまなっ。        なーっ。 ( ̄∇+ ̄)vキラーン



                 「ええねん」 と 「ええ野菜」


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 19:53Comments(2)TrackBack(0)

2009年08月20日

八百屋じゃないから。

ようやく雨がなんとかあがって、というか、ドカ雨は今でもやっぱりかなりあるけど、降り続くゲリラ雨はおさまったカンジ。
なので、今から野菜たちはグングン順調に大きくおいしく育ってくれると思う。

しかし、
ものすごいわ、オーダーが。


全国的に野菜がないのは知ってるし、あってもめちゃくちゃ高いのも知ってるし、だから声がかかるのも知ってるし。
市場の野菜価格が高騰しても、土のめぐみの有機野菜価格はまったく変動しないので、それもあるんだろう。
ふだんは有機野菜は横目で見て、やっぱり価格と見かけと量を優先して手に入れてる店、スーパー、デパート、業界、それらがここぞとばかりに有機野菜に手を出してくるのも大いにあるんだろう。

まちがいなく。


悪いけど、ないです。
あるけど、ないです。




アホやと言われるかもしれんけど、土のめぐみは「八百屋」じゃないもんなぁ。
なので、売りたくないところにはマジで一切売らないし、まず絶対に届けない。
だから、ホントにつながってくれているところには、精一杯(コソっと)届けます!


うん。 サムライ野菜ってのは、そんなもんです。
これを読んでくれてるあなた、つながっててくれてありがとう。



来週は、貴重な貴重な大根とモロッコ豆とごぼうを届けますっ。


    


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月15日

ひとつだけ ギュッとその腕で抱えて離すな!

チマタでは酒井容疑者って話でもちきり。

朝の情報番組はどのチャンネルもこぞって酒井法子の覚せい剤話題で席巻されてる。
きっとお昼のワイドショーでもそうなんだろう。





ノリピーから酒井容疑者へ一瞬にして呼び方が変わったのは、前にホリエモンから堀江容疑者へ変わったのと同じか。
しかし、アイドルから覚せい剤常習者へってのは、まぁかなり強烈なインパクトがあるしなぁ。

って、「そこ」には目がいかない自分がいる。
アイドルからの転落っていうところじゃなくって。
「そこ」じゃなくて、どうしても気になってしまうのは、


10歳の子供のおかあさんっていうとこ。


このお母さん(酒井法子)は、子どもと別れるということを自分から選んだっていうこと。


これが、俺にはまったくわからない。
いや、わからんというか、認めない。

この場合、夫婦揃って犯罪者だから、躊躇なしに子どもは親と離れることになるんだろうけど、男の俺でも(まったく俺だけの意見だけど)子どもと別れるっていう道を自分自身で選択することは、絶対にあり得ない。
その男じゃなくて女、母親が長い間おなかの中で命を育んで、自分自身で産んだ子どもと別れ別れになるという世界を自分自身でチョイスしたということ。
そう、それがどれだけ譲ってもわからないし、認めないし、許せない。

結果的にそうなったとしても、どんな言い訳をしても、子どもとの絆を自分で断ち切るなんてことは…(うん、俺だけの意見だけど) 親じゃない。 母じゃない。 人じゃない。
俺は、「そこ」が 一番気になるね。


覚せい剤だろうが、パチンコ狂だろうが、アル中だろうが、ワーカーホリックだろうが、アイドルだろうが、、、そこだけは死んでもしっかり守っとけ!どんなことがあっても手放すな!親やろがっ!


ま、酒井法子に限ったことじゃないけどね。
でも今度、彼女に会ったら言っとくわ。(笑)


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 00:15Comments(4)TrackBack(0)

2009年08月08日

Come on!





そう、ケントスで毎晩のように踊り狂ってたわけです。
いや、今じゃなくて。 今はまず無理でしょうけどね。


R&R R&B ポップス モータウン ’50〜’60のオールディーズにあふれてた夜。
ビートルズマニアで、オールディーズに狂ってた若かった俺は、出張ついでに全国のケントスのドアを毎晩一人で開けてた。
で、ステージの一番前で踊ってたなぁ・・・バーボンのロック飲みながら。

ロック・アラウンド・ザ・クロック、 ジョニー・B・グッド、 ヴァケイション、 カラーに口紅、 グッド・バイブレーション、 アンチェインド・メモリー、 ビー・マイ・ベイビー、 オー!キャロル、 グレート・ボールズ・オブ・ファイヤ、 ジェニ・ジェニ、 ビー・バップ・ア・ルーラ、 ハロー・メリー・ルー、 ダイアモンド・ヘッド・・・って、言い出したらまるでキリがないけど、まちがいなく一週間あっても足りないけど(笑) そんなレパートリーの中にこの1曲があった。


リトル・エヴァ Locomotion






こないだ、テレビのCMで Locomotion が流れてる・・・と思ったら、われらだリトル・エヴァじゃなくて、なんとあの グランド・ファンク・レイルロード ではないかっ。 うわっ懐かしい!









ところがこれ、GFRがバックのソフトバンクのCMがめちゃくちゃカッコいい。
正直に、素直に、ストレートに、これは認める。


300人のエキストラを引き連れてノーカットで階段を下りてくるシーン、キレよく迫りくる映像はまるでラスベガスのステージのようで、いや、決してファンとかじゃないけど、ミーハーでもないけれども、俺のケータイは昔からドコモだけど(笑) しかし・・・



SMAP カッコええわ・・・!








        あぁ、ケントスに行きたくなった・・・ 大阪に帰ったら行くかな? ^^


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 21:51Comments(2)TrackBack(0)

2009年07月12日

あぁ、女性自身





女性自身 って、まぁ、なかなか俺は読まないけどね。 ^^;
先日ご連絡があって、最新号に掲載をしていただいています。



氷結 名水いちご 完熟レッドパール です。







今でもかなりご注文をいただいている氷結名水いちごですが、土のめぐみのページを見ていただいてお声をかけてもらったんでしょう。

見てもらえました? ページをご覧になっていただいて、どうですか?
「氷結」なのに熱いって? 暑苦しいって? (ほっといてください ^^; )
ま、俺が能書きをダラダラ書くより、言うより、とにかく食べてみればわかってもらえます。うん。

驚くから。 マジで。。。





しかし、
どうしても気になるのが、上の女性自身の見出しの・・・

雅子さま悲願の「10月海外ご公務」に立ちはだかる宮内庁の“壁”



な、なんなんやっ? (^_^;)


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 17:35Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月09日

何も言わんでもええねん

     


WEBで検索すると、今朝はもう見えるようになっているので、ここに記します。
もちろん知ってはいたけれど、正直めちゃくちゃショックだったけれど、記します。



ウルフルズ

と検索して、トップに出てくる http://www.ulfuls.com/ に発表されました。





                  

ここにはカッコつけて冷静に書きたくないし、知ったかぶりしてエラソーに評論もしたくないし。
ただただ、本当に心からお礼を言いたい。
ウルフルズってバンドにお礼を言いたい。

どれだけ助けられて、どれだけ泣かされて、どれだけ救われて、どれだけ背中を押されて、どれだけ笑わされて、どれだけ勇気をもらって、どれだけ…



  


…どれだけガッツをもらったかわからない。


ありがとう。


また、書きます。
もうオープンにしても大丈夫だろうと思ったので。
今日は、ここに記したかったから。








ヤッサですべてを置いてきます。 壊れてきます。 感動してきます。
んで、おもいっきりアホになってきます。 ありがとう。


                                 >> 書いた 貼った 叫んだ!
ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 08:14Comments(2)TrackBack(0)

2009年07月05日

MR.BRAIN




視聴率いいってワケがわかった。

おもしろいっ。


こないだ初めて MR.BRAIN を見た。
いや、なにげなくメシ食いながらテレビを見てて、あぁこれがMR.BRAINかと。
あぁこれがあの木村くんのウワサのドラマかと。トータスが出てるやつかと。

今までずっと見たことなくて、見たら「最終章」で、上川隆也とか香川照之がまたシブくて、市川海老蔵がさらにカッコよくて、トータスが予想以上にめっちゃいい味出していて、ストーリーがワクワクで、テンポがすっごくよくて、一言で… おもしろいっ。

も、もっと早くから見ればよかった。
再放送見るか? レンタルするか?
とにかく、、、おもろかった!


しかし、ひとつだけ。
なんで Van HalenJumpなん?





ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月04日

軍手のようなヤツ




じゃがいも、にんじん、さつまいも、と、朝から泥だらけになって仕分け作業や出荷に追われてました。
Tシャツは泥だらけ、ジーンズも泥まみれ、顔はほこりだらけ、軍手もとっかえひっかえ・・・ということで、イッキにまとめて洗って吊るして干した☆の絵です。

今日は曇ってるけど降らなさそうだったので、ここぞとばかりにゴシゴシお洗濯。
軍手ってそんなにめちゃくちゃ高いものじゃないけれど、でも使い捨てなんてもったいない。
まっさらの真っ白にはきっと戻らないだろうけど、汚れを知らない純真なままではないだろうけど、でも、数々の歴戦を積みながら汚れていき、もまれて踏まれて叩かれて、そうしていつの間にか男は強くたくましくなっていくのだ。

…えと、軍手の話だったっけ。

そう、俺はまさに「軍手になりたい」、ということを言いたかったんです。 はい。^^;



さぁ、いよいよ夏野菜の登場です。
特に土のめぐみのトマトは、恐ろしいほどうまいですからご注意をっ。  (軍手、乾いたかな?)


ええねん!
Copyrightc2006 Kenichi Tsuchida/ええねん!
めっちゃええねん!
All rights reserved
  
Posted by megumy at 19:12Comments(0)TrackBack(0)