平成30年度目黒区当初予算案概要
http://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/gyosei/zaisei/yosan/gaiyo30.html

一般会計の予算額は950億円余(前年度比2.5%、23億5千万円余の増)で過去10年間で最大。「安全・安心をしっかりと支え、明るい未来を拓く予算」と位置づけられた今回の予算、3月9〜19日の予算特別委員会で審議します。

目黒区民センターホールにて目黒消防団始式が行われました。区議の中にも消防団員として活動している者が多数います。
今後も消防署や消防団の皆様のご意見を伺いながら、目黒区の防災力向上に努めていきます。DSC_0188

BeautyPlus_20180114163512_save

平成30615日の住宅宿泊事業法施行、つまり民泊サービスの全国的解禁に向け、各自治体で、地域特性に合わせたルール作りが進んでいます。民泊については、騒音やごみ出しのトラブル、見知らぬ人の出入りへの不安の声が上がっており、自民党目黒区議団はこれまで、目黒区の良好な住環境への影響を最小限に抑えるものとするよう区に要望してきました。これを踏まえてこのたび区は、制限地域を区内全域とし、日曜日正午~金曜日正午までの週5日間は住宅宿泊事業を実施できないという、23区で一番厳しい条例骨子案を示しました。

この条例骨子案は今後パブリックコメント等を経て平成302月の定例会に条例案が提出され、3月施行予定です。これからも我々は、区民の安全安心を第一に考えた政策の実現に向けて取り組んでいきます。


33180618be509a0157d067b55955fa4d_s

↑このページのトップヘ