2014年01月15日

食道癌治療について思うこと

やしきたかじん氏の逝去が報道されました。ご冥福をお祈りいたします。
その報道の中で、食道癌治療に携わっていた者として気になる部分がありました。氏は早期食道癌の内視鏡的治療後数年で亡くなられたわけですが、内視鏡的治療が可能な程の進行程度であったならば、殆ど完治だったはずです。内視鏡を用いた治療は患者さんの負担が小さく魅力的ですが、一方内視鏡で切除してみたら、想定していたよりも癌が進行していて、手術が必要になる場合もあります。やしき氏の場合はその辺がどうだったのでしょうか?
最近、患者さんの負担が少ない治療法がいろいろ開発されて、注目と期待を集めています。しかし、病気、特に癌の治療においてもっとも重要なのは言うまでもなく、きちんとした治療を行うこと、言い換えれば「癌をきちんと取り除くこと」です。これは主たる部分だけでなく、転移した(している可能性のある)リンパ節も全て取り除くことです。
患者さんの負担の少ない治療の開発は重要ですが、きちんとした治療ができるかどうかがポイントです。医療を行う側は当然ですが、受けられる患者さんも正しい判断の上で選択してください。そのためのアドヴァイスは勿論、必要ならばきちんとした医療機関、医師を紹介いたします。


当院について
渡辺医院
胃腸科/内科/皮膚科/消化器科
当院では風邪から高血圧、高脂血症(高コレステロール血症)、糖尿病までの一般内科診療はもちろんですが、特に消化器病(胃腸の病気)の診療に力を入れています
◆電話
03-3712-2222
◆153-0061
東京都目黒区中目黒5-26-8
RSS