ピロリ菌除菌(退治)

2010年07月10日

やっぱりピロリ菌は胃癌の原因!

今年(平成22年)6月から厚生労働省は、ピロリ菌の退治を保険診療で認める対象の病気を拡げました。今までは胃潰瘍もしくは十二指腸潰瘍だけだったのですが、あらたに3つの病気が加わりました。その一つが「早期胃癌を内視鏡で治療した後」です。これは実は画期的なことです。なぜかというと、厚労省が、「胃癌の大きな原因の一つが胃の中に住み着いているピロリ菌だ」と認めたということだからです。今までも、ピロリ菌が胃癌の大きな原因という報告は沢山あったのですが、なかなか納得できるようなデータがありませんでした。しかし、ついに多くの日本人を基に信頼に足るデータが示されたのです。
それによれば、
ピロリ菌に感染していない人から胃癌の発生は殆どない。
ピロリ菌に感染している人は1年に0.5%の割合で胃癌になる。つまり、1年間で200人に1人は胃癌になる、10年間では20人に1人が胃癌になるわけです。
これは、想像していた以上に胃癌の発生が多いということです。
そうならば、ピロリ菌の退治を保険診療で全面的に認めれば良いと思うのですが、医療費削減を目指す厚労省は当分認めないでしょう。
残念ながら、自分で費用負担して退治するしかありません。

ピロリ菌の検査・退治について


2010年04月09日

「ピロリ菌は退治した方がよいか?」 その2

では、ピロリ菌を退治すれば胃癌にかかるリスクが減るのでしょうか?
基本的にはリスクが減る筈ですが、ある程度の年齢になって萎縮が非常に進んだ胃では、ピロリ菌が消えても粘膜は元に戻らず、リスクも減らないという専門家もいます。50歳以前にピロリ菌の退治(除菌)をすれば、胃癌のリスクが減るということは、一致した考えですが、60歳以上で除菌をしてリスクが減るかどうかは意見が分かれています。
このあたりは個人差も大きく、一概に何歳までとは言えませんが、私は70台前半までは除菌をする明らかなメリットはあると思います。それ以上の年齢では、胃癌にかかりにくくすることはできないが、胃が重いなどの不快な感じは楽になる可能性があると考えて下さい。

現在、「胃癌の予防としてのピロリ菌退治」は保険診療では認められていません。
(胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療としてのみ認められています)
したがって、自費診療となります。

当院では以下のように保険診療による費用を実費で頂いています。
ピロリ菌存在の有無(血液中の抗体を調べる方法):2,370円
ピロリ菌が消えたか否かの診断(呼気テスト):5,460円

ピロリ菌退治の薬は薬局でお求めいただきますが、約5,500円(1週間分)です。

「ピロリ菌は退治した方がよいか?」 その1

最近、TVのCMでもピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)がよく取り上げられています。なぜ今、注目されているかと言うと、ピロリ菌が胃癌と大いに関係ある事が確かになってきたからです。今までも述べてきましたように、ピロリ菌は10歳までに胃に住みつき(感染して)、その後何十年も住み続けて胃炎を起こし、次第に胃粘膜の萎縮を生じさせます。その萎縮した胃粘膜から胃癌が発生することが明らかになったのです。1983年にオーストラリアのマーシャル医師が、ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因になる事を発見しました。当初は潰瘍や胃炎との関係が注目されていましたが、やがて胃癌の大きな原因であることが証明されました。WHOはピロリ菌と胃癌の関係を、煙草と肺癌と同様であるとしています。

当院について
渡辺医院
胃腸科/内科/皮膚科/消化器科
当院では風邪から高血圧、高脂血症(高コレステロール血症)、糖尿病までの一般内科診療はもちろんですが、特に消化器病(胃腸の病気)の診療に力を入れています
◆電話
03-3712-2222
◆153-0061
東京都目黒区中目黒5-26-8
RSS