胃炎

2015年04月16日

胃炎に対してもピロリ菌の治療をしています

平成25年3月から、ピロリ菌の検査・治療に対して厚生労働省は医療保険の適応を拡げました。それまでは胃潰瘍・十二指腸潰瘍に罹った人が対象でしたが、現在は慢性胃炎がある人も対象になっています。ついに国がピロリ菌は胃がんの大きな原因であることを認めて、予防的にピロリ菌の退治を始めたのです。
但し、制度上の制約があります。それは「6か月以内に胃カメラを受けて(バリウムの検査ではダメ)、胃炎が存在することを確認していること」というものです。40歳を過ぎれば殆どの人は多かれ少なかれ胃炎がありますから、この制約は治療受ける人を制限するのではなく、胃腸科の専門医に治療を受けなさいという指導です。もちろん薬を飲むわけですから、それなりの副作用の可能性もあります。慣れた専門医で治療を受けることをお勧めします。当院でも、昨年来さらに多くの患者さんがピロリ菌の治療を受けられました。


2013年02月25日

ピロリ菌治療の保険適応が拡大されました

TVでも報道されているように、平成25年2月下旬から胃炎に対してピロリ菌の除菌が健康保険の適応になりました。ピロリ菌はもともと胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因として見つかりましたが、その後胃癌を始め多くの病気の原因になる事が分かってきました。しかし、わが国の健康保険では、胃潰瘍・十二指腸潰瘍のほかには胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌の手術後ときわめて特殊な病気にしか除菌治療が認められていませんでした。
我が国の50歳以上の60〜80%がピロリ菌に感染していると考えられています。現在、毎年10万人以上が胃癌に罹り、5万人が亡くなっています。50歳までにピロリ菌を退治すれば、胃癌に罹るリスクを大幅に減らすことができ、胃癌で亡くなる方はいなくなるかもしれません。
ピロリ菌の退治に際しては、胃カメラで胃炎がある事を確認してからが望ましく、また専門医できちんとした治療をしないと、菌が薬に対して抵抗性を持ち、退治できなくなるのでご注意ください。当院では既に1000人以上の方が除菌治療を受けられています。

当院について
渡辺医院
胃腸科/内科/皮膚科/消化器科
当院では風邪から高血圧、高脂血症(高コレステロール血症)、糖尿病までの一般内科診療はもちろんですが、特に消化器病(胃腸の病気)の診療に力を入れています
◆電話
03-3712-2222
◆153-0061
東京都目黒区中目黒5-26-8
RSS