スポンサード リンク

2013年11月26日

ドライアイ 対策




専門家が考えた新しい花粉ブロック方法
これからは”シュッとひと吹き”が花粉対策の新習慣!


症状として代表的なものは「乾燥」です。目の酷使やコンタクトレンズの長時間装着で、涙の量減少すると目が乾燥しまいます。乾燥で目の痛みや異物感、コンタクトレンズをつけている人はゴロゴロした感じなどの症状が現れます。

花粉やハウスダストなどのアレルギー性結膜炎とドライアイには相関関係があるようです。
合併症が起こることが多いようです。


あたたかいタオルで目をリラックスさせることによって血行がよくなり涙も分泌されやすくなることで、ドライアイの予防方法対策としてとても効果的な方法です。

食事も眼の健康にいいものを選ぶといいでしょう。
栄養を採り、血流を良くしましょう。
そしてリラックスが大切です。マッサージやお灸などもいいです。
体中の血流が良くなると、体調も改善されます。

最近では、体の姿勢も大切とのこと。
猫背など体がしっかりと伸びていないと体全体の血流が悪くなるので
肩凝りや眼の疲れの原因となるとも言われています。
良い姿勢を保つことも心得ておきましょう。


さびついた体の状態を元に戻す方法



見えないマスクで花粉対策「ポレノン」
ポレノン(pollenon)


megusuri_1 at 16:32 
ドライアイ | 予防法