2016年06月23日

素敵な女優さんも

28979862_56828


こちらのドラマみてましたか?

あまりに楽しくて毎回見てしまいました!

なんといっても自分ととっても重なるところがある!

考えてきたこと、してきたこと、なんか共感するところ一杯で(^-^;

時に笑い、時に泣いてしまいました

それにしてもとっても美人の中谷さんですね

彼女もジャイロトニックをやっていると聞いて(≧∇≦)、とっても嬉しくなってしまいました

実はNYに留学していたとき、語学学校で一緒にクラスになりまして、

彼女が20代初めくらいかしら・・・

すでに芸能活動されていたと思いますが、その時からとってもきれいな顔立ちで美人で、目立っていましたね。

仲良くなってクラスの数人で出かけることもあったり

2週間くらいでしたが、楽しい時を過ごしました。

そんなご縁もあって、陰ながら応援していましたが、ジャイロトニックやっていらっしゃると聞いてとてもうれしくなりました!

彼女のような、凛とした、澄んだ、素敵な女性、あこがれちゃいますね(^_-)

meguwaka at 16:12|Permalink

2016年06月02日

ヨコハマインターコンチネンタル

hot_02

今日は横浜開港祭ですね!

その昔、インターコンチの特等席から花火を見たのを思い出しました。
なつかし〜

そう、このみなとみらい21地区はMM21とよばれ、銀行員だった25年前頃再開発されていたのです。

初代の社長に就任された、高木文雄氏の秘書をしていたので、よく銀行とみなとみらいを行き来しました。
丸の内からはほど遠くて、なんてとこなんだーなんた思っていた、荒れ地だったこの地区がこんなになるとはね〜

高木文雄先生は元大蔵事務次官、最後の国鉄総裁という雲の上のような方。
日本興行銀行の外部監査役でいらしていたので、その時に担当させて頂いたのですが、本当に素晴らしく、優しいかわいらしい方でした(^-^)
孫娘みたいに可愛がってくださいましたね〜♪

MM21、旧国鉄、大蔵省、弁護士事務所、興銀の秘書達が先生を囲んでお食事する会があるのですが、まあすごかった!

まだ若い私は有り難みもよくわからないまま
銀座久兵衛のお座敷でにぎりを頂いてました(^-^;

その中で、開港祭の時もヨコハマインターコンチネンタルによんで頂き、目の前に花火を見ながら過ごすという優雅な時をすごしたのです・・
あーなんと素晴らしいあの時代(*_*)

今年は主人の誕生日に、念願のインターコンチに泊まる事ができ、そんな昔の事にも思いをはせておりました!

最近の週末はほとんどみなとみらいあたり
この地が、こんな身近な場所になるとはね(*^-^*)





meguwaka at 22:10|Permalinkひとりごと 

2016年05月30日

女性への支援

今回活動している中で、私も初めて知ったのが、避難先での女性の事・・
実際にどうなのかはわからないのですが、もし本当なら・・
全く想像もしていなかったことです。

生理用品の事に関しても、いろいろ記事がのっていましたね
不快な思いをされた方はたくさんいらっしゃるのですね。きっと

男性には全く理解できないこともたくさんありますよね。

下着を支援してほしい、という依頼もありました。
避難されていた方は、なかなか言い出せない方もいらっしゃり、不快ながらもがまんせざるをえない状況が続いていたようです。
洗濯もできないし、避難先では洗っても干すこともできないですよね。 

女性でなければわからないこと、男性には言いにくいこと、いえずに我慢したり、いやな思いをしたり・・

女性として、女性だから支援できる事、気が付くこと、そういうこともたくさんあるのだと、たくさん感じました。
そして今後はそうしたことも視野にいれて、迅速な対応、支援がしていけるようにしたいと思います。
女性や乳幼児のママたち、自分がその立場になってわかったこと、経験をいかせるように。


今回はたくさんのスタジオの方もシェアしてくださり、ご支援くださいました。

シェアしてくださった、ピラティスムーブメントスペースで支援の事を聞いた、作家の横森理香さんも支援してくださったそうです。
ご自身が子宮筋腫をお持ちで、著書にも書いていらっしゃいますが、大変な思いをされたので、こういった避難所での女性達におこっている様々な事、記事をよんで、いてもたってもいられず、すぐ生理用品等の物資を支援くださったそうです。

ご支援にご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。

経験したからこそ分かる事、支援できる事、サポートできる事、今後も何かの形でやっていきたいと思います。




meguwaka at 12:58|Permalink

2016年05月19日

バジェロレッテ

IMG_20160510_122103先日久しぶりに親友Masaが帰国(^^♪

NYのラルフローレンで働いていて、今回は日本と香港を仕事とバケーションで。

短い間でしたが会えてうれしかった
ラルフの服しっかり購入させてもらったよ〜

NY留学時代、同じ年の5人組ができまして、まー夜な夜な本当によく遊びましたね(^^;)

みんな市民権もってるのでNYやコネチカットに永住していて今はなかなか会えないけど
当時の事をいろいろ思い出してしまった。

なかなか思いで深いのはそれぞれの結婚式!
今はシアトルに在住している友人の時、

よくバジェラパーティーって独身男性最後の夜を楽しむパーティがあるのですが、新婦の方もバジェロレッテといっておお騒ぎするんですよね〜

12965074_556006391227077_2096829001_n

この時はリムジンをかりて、シャンパンのみながらNY中走り周り、最後はなんとSMバーにいったのですよー
みんなでおしゃれなランジェリープレゼントしたり、独身最後の夜を大満喫するのです

翌日はとっても素敵なウェディンクパーティで(^▽^)/

あの4年間はほんとたっくさんの事がありましたね

結婚したり、ママになったり、仕事頑張っていたり

素敵な友人たちに出会えてよかった




2016年05月02日

支援活動を通して考えること

今回の熊本地震での支援について、これまでに20万円近い支援金があつまり、4回物資の支援、そして支援金としての支援をすることが出来ました。
ご協力いただいたスタジオの皆様、クライアント様、友人の皆様、本当にありがとうございます。

支援のやり方についてもいろいろな意見があり、毎日たくさんたくさんの事を考えました。

とはいえ何をするにも、やはり経験してみないと何もわからないのですよね。
物資の支援一つにしても、何をどんな風に送るのか、前回の東北の時の経験があったので、今回は仕分けに時間を有することなく、即断して送ることができました。

今回は直接現地の支援クループとつながっていたので、数分ごとに入る皆様からの情報に、私もやや緊迫した状態で臨みましたが、本当に刻一刻とかわる必要物資、今どこで、だれが何を求めているのか・・
水や食料から、段々と専門性のあるものまで、こんなにも多様なニーズがある事をあたためて認識しました。
乳幼児のいらっしゃる方から介護を必要とされる高齢者の方まで、物資もサポートの仕方もたくさんあり、こうした多様なニーズにこたえていくには、やはりこうした小規模団体による現地でのサポートが本当に重要だということです。

全員が車があって、安全な場所にすぐ移動できるわけでもありません。
避難所にもいけな高齢の方もたくさんいらっしゃる。
まわりに配慮して、車で避難している赤ちゃん連れのお母さん。
今回こうした、指定避難所以外で避難されている方を中心に支援していったので、個人的なサポートの力を特に感じました。

もちろんやみくもに動いたり、たくさんの人が押し寄せてもいけないと思うのですが、ある程度現地の施設と連携がとれた小規模、あるいは個人の方のサポートは本当に心強く必要ですね。

まだまだこれからも支援のやり方というのは課題がいっぱいあるのだと思いますが、今後の支援の仕方、自分ができること、自分が被災したらどういう選択をするのか、何をしておかなければならないのか、今でも毎日いろいろ考えています。

今回はこうした現地団体への、後方からの支援、という形で引き続き支援を続けながら、ボディ・ワーカーとしての今後の支援の仕方についても考えていこうと思います。




meguwaka at 15:43|PermalinkWakanaStudio 
profile
林 若菜
98年NYへ留学。ダンス中の怪我のリハビリではじめたPilatesにはまり、Kane school of core integrationにてmat,equipmentの資格を取得。
2007年11月恵比寿にWakana Studioをopen。
ピラティス、ジャイロトニックのプライベートレッスンを中心に教えている。
2013年に女児出産
一児の母として育児に奮闘中。
livedoor プロフィール