e34ef5bb.JPG本日は若菜's企画のロルフィングのワークショップ
沢山の方がご参加くださり、本当にありがとうございます!
いつも通訳でお世話になっている佳織さんはロルファーでもいらっしゃいます。
私もNYと日本でセッションを受けたことがありますが、今日はロルフィングとは?
基礎解剖、そしてタッチングなどを行いました。
簡単にいうと筋膜をリリースし、カラダの結合組織への働きかけによって、本来あるべき位置へ体が自発的に戻っていくように誘導していくテクニック。
ふむふむ、ほーっとたくさんの新しい発見がありました。たくさんのたくさんの筋膜によって包まれることで、私達は、物体としての形を作ることができるのですね〜膜がなければ、筋組織もみんなばらばら・・
一番外側の筋膜は頭から足の先まで全部つながっており、ある場所にアプローチすることで、カラダのほかの部分へも大きく影響します。局部だけに焦点をあてるというよりは、カラダ全体を通して捉えるというのがロルフィングの大きな特徴です。ぜひぜひ皆さんもセッションうけてみてくださいね。
来年も第2弾を企画いたしますので、ぜひまたご参加くださいね。
写真は、筋膜にアプローチしていく感じを、他のものを使用することで体感していきます。
ボディーワークでは、まず自分が感じること、気づくこと、そしてセッションする側も、受ける側も互いに邪魔しあわず、信頼し、しっかりとGroundingし、ゆだねること、基本の基本ですね。