Arm Lineの機能解剖と ピラティスエクササイズへの応用

肩甲骨のアライメントや動きによっては肩関節や頸部の負担を増加させたりすることも少なくありません。また、肩甲帯が股関節に与える影響もあり、肩甲帯が整うことで股関節の状態も変化していきます。このアライメントや動きを学んだ上で肩凝り、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群、頸部痛に対するピラティスエクササイズを行っていきます。

Contents
機ゾ綮茵肩甲帯の解剖:上肢、肩甲帯の骨、関節、靱帯、筋を学びます。
供ゾ綮茵肩甲帯の運動学:上肢、肩甲帯の運動学を学びます。
掘ゾ綮茵肩甲帯の病態:拇指腱鞘炎、肩凝り、肩関節周囲炎(いわゆる、五十肩)、胸郭出口症候群、頸部痛(片頭痛)、head forward
検ゾ綮茵肩甲帯の評価:パートナーの体を使って評価します。
后ゥ團薀謄スへの応用:自分の体やパートナーの体を使って体験します。

講師:林 亮(理学療法士、POLESTAR PILATES Rehabilitationインストラクター)

日時:11月24日(日曜日) 14時〜17時
対象者:インストラクター、バレエ教師、ダンサー、理学療法士など
場所:Wakana Studioまたは恵比寿駅周辺のスタジオを予定しております。
用意するもの:ウエア、リフレックスボール
講義代:7000円

お問い合わせ
受講を希望される方は、メールかお電話にてお申し込みの上、下記の指定口座へお振り込み下さい。 一度ご入金頂いた後の返金は致しかねますので、ご了承の上お振込をお願い致します。
TEL:03-6802-5140 mail:wakanameguro@hotmail.com
三菱東京UFJ銀行 東恵比寿支店 
普通 4657468 WAKANA STUDIO目黒若菜