June 2004

June 27, 2004

くやし涙

3月の雪辱戦をと、今回も申し込んだ中国語検定準2級。

やられました。
今回も、敗北のようです。

前回に比べるとはるかに勉強していただけに、この失敗を誰かのせいにしたくてたまりません。

リスニング中に咳したおじさんとか。
化粧して撮った顔写真との照合のために私の顔を上げさせた試験官とか。(そんなにギャップないだろ!!)
早く退出した学生の解答用紙を集めるのに、なんかしらんけどもめていた国際コミュニケーション専門学校の職員とか。

しかし、要は実力不足です。

終了後、八つ当たりしたい気分でしたが奥歯を噛み締めることに留まりました。

続きを読む

mei_shu124 at 22:25|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

June 16, 2004

まぁ基本的に不定期なんだけどさ。

ネタ探しの旅にでるため、しばらくお休みします。
さがさないでください。

                  吉日



続きを読む

mei_shu124 at 23:45|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

June 15, 2004

黒髪

電車の中に、髪のきれいな女性が乗ってきた。

続きを読む

mei_shu124 at 23:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

June 14, 2004

暴言

母は職場で、80代半ばの女性客と世間話をしていた。

女性客; 
「もう85にもなるとねぇ、死ぬまでもうちょっとでしょ。棺桶に片足つっこんで生活してるようなもんだから・・」

母;
「(笑)もういいじゃないですか。」
続きを読む

mei_shu124 at 01:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

June 11, 2004

オレンジの三角形の仲間はどっち?

2486b8d8.jpgオレンジの円形と、オレンジの三角形と、水色の三角形がある。

この中でグループ分けをするとしたら、オレンジの三角形の仲間はどれになるだろうか?

水色の三角形を選んだ人、つまり「形」でグループ分けをした人は「形型人間」といわれ、理論的思考の傾向が強いらしい。
それに対してオレンジの円形を選んだ人は「色型人間」といわれ、物事を直感で判断する傾向にあるそうだ。

低年齢の子供は「色型」であることが多く、成長するにつれて誰もが一度は「形型」になるという。
さらに成長していくと、人それぞれになる。



続きを読む

mei_shu124 at 22:49|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

June 09, 2004

ボスの考察。

「ボス」

この言葉を聞いて、一体どんなイメージが浮かぶだろうか。

ボス猿、ラスボス(RPGにおけるラスト・ボス)、マフィアのボス・・・
これらの共通点とは。

,任い(図体が)
△┐蕕修
6そう
ぐそう

おそらく、大半の人が「ボス」に対しこういったイメージを持っているはずである。


続きを読む

mei_shu124 at 01:25|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

June 03, 2004

ピンクの傘の思い出

先日、雨の日にバスを待ちながらぽけーっと道行く人の傘を眺めていると、昔の出来事を思い出した。


小さい頃、ごろぴかどんというキャラクターのついたピンクの傘がとてもお気に入りだった。
それがある日壊れてしまったのだが、私は捨てるのをとても嫌がり、それでも無理やり捨てられ、ふてくされていた。

数日後、母は同じ柄の赤い傘を買ってきてくれた。
しかしそれがまた気に入らず、やはり私はふてくされた。

早く次の傘が欲しいと思っていたような気がする。

続きを読む

mei_shu124 at 02:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 01, 2004

電車の中にて。

電車の中というのは、とにかく様々なタイプの人間を見ることができる。
造形的にも性質的にも。

今回は造形の例。


斜め後ろに立っている男性は、口元がロンドンブーツの淳にとてもよく似ていた。
と思ったら、目元は亮そっくりだった。


一人ロンドンブーツ・・?


彼は、ひょっとしたら3号だったのかもしれない。

いずれにしろただ者ではない彼に、私は目を奪われずにいられなかった。




mei_shu124 at 00:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0)