速報!!【ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜】開催決定

カテゴリ:
絵画ファンのみなさま、こんにちは。
昨日、速報で「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」の開催決定が発表されました!

まずは概要からご紹介します。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

公式サイト:http://www.ntv.co.jp/brueghel/
会期:2018年1月23日(火)〜4月1日(日)
会場:東京都美術館(http://www.tobikan.jp/exhibition/2017_bruegel.html

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜2

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜3



























































↑公式パンプレット載せておきます


ブリューゲルと言えば「バベルの塔」展が大盛況の中、
もう次の美術展の開催が発表されました。

今回の美術展では、このブリューゲル一族の作品を中心に、16、17世紀のフランドル絵画が展示されます。
ブリューゲル一族の繁栄は約150年。この間に一族によって描かれた作品は数知れず。

今回の美術展では、ブリューゲル一族の画家によって描かれた宗教画、
風景画、寓意画、静物画などおよそ100点が展示されます。

ところで・・・
ブリューゲル家の家系図はとっても複雑(笑)
同じ名前の人が多いのです・・・
公式サイトから家系図をお借りしましたので、ここでご紹介します。

ブリューゲル 家系図























ピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世ともにピーテル・ブリューゲル1世の息子です。
ピーテル・ブリューゲル2世は父親が描いた宗教画&農民画を模倣して描いた作品が多く、
一方のヤン・ブリューゲル1世は父親が描いた作品の範囲に留まらず
お花を描いた静物画等の新しい分野の作品制作にも取り組みました。


今回は、本美術展で展示される目玉作品を一部ご紹介します!

野外での婚礼の踊り














ピーテル・ブリューゲル2世野外での婚礼の踊り

制作年:1610年頃
所蔵:個人所蔵

ピーテル・ブリューゲル2世(Pieter Brueghel de Jonge, 1564年- 1636年10月10日)、
父親は「農民画家」として活躍したピーテル・ブリューゲル1世。
父親と同じような作風の作品を多く残しています。
この作品も父が得意とした農民をテーマにした作品。



机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇






















ヤン・ブリューゲル1世、ヤン・ブリューゲル2世(共作)
机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇
制作年:1615−1620年頃
所蔵:個人所蔵

ヤン・ブリューゲル1世(Jan Brueghel de Oude, 1568年 – 1625年1月13日)はブラバント公国 (現在のベルギー)の画家。
父親は「農民画家」として活躍したピーテル・ブリューゲル1世。
ヤン・ブリューゲル1世は、父親が得意としたテーマ「農民」に限らず幅広いテーマで作品を描きました。
本作は花を描いた静物画。
ちなみに本作はヤン・ブリューゲル2世との共作になります。ヤン・ブリューゲル2世はヤン・ブリューゲル1世の息子です。



今回の美術展はブリューゲル一族の作品を100展ほど展示する美術展です。
展示されるほとんどの作品が「個人所蔵」の作品だそう。
そのため滅多に観られることのない貴重な作品なので、この機会にぜひこの目で観たいですよね!

来年1月からの開催ということでまだ少し先ですが、予習などしておきたいですね。
待ち遠しいです!




☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

【北斎とジャポニスム】開催中ですよ!

カテゴリ:
北斎とジャポニズム

絵画ファンのみなさま、こんにちは!
今日は現在開催されている美術展【北斎とジャポニスム】のご紹介です!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【北斎とジャポニスム】

会場:国立西洋美術館 http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html
会期:2017年10月21日(土)-2018年1月28日(日)
公式サイト:http://hokusai-japonisme.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19世紀後半、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎。日本だけでなく、西洋の人々をも沢山魅了しました。
今回はその西洋の人々との出会いから「ジャポニスム」を読み解く、世界初の展覧会です。

今回の美術展で展示されるのは西洋部門を代表してモネドガセザンヌゴーギャンという豪華な面々の作品たち。
その数約220点になります。
そして東洋を代表する浮世絵師・葛飾北斎の錦絵約40点、版本約70冊の計約110点。

まさに東西の豪華なコラボレーション!
ゴッホ、メアリー・カサット、セザンヌ、ピサロ・・・北斎が影響を与え、ジャポニスムを取り入れた西洋画家は数知れず。
北斎がいかに西洋の画家に影響を与えたのか、ジャポニスムはいかにして生まれたか、
そういう見どころ満載の美術展です。

それでは今回展示される作品の一部をご紹介!

陽を浴びるポプラ並木(monet)


















クロード・モネ陽を浴びるポプラ並木
制作年:1891年
原画サイズ:93 x 73.5cm
所蔵:国立西洋美術館

1840年フランス生まれの印象派、クロード・モネ
モネは「印象派」を生み出すきっかけとなった作品「印象・日の出」を描いた人物です。
1891年頃からモネはポプラ並木を描き続けました。
モネと言えば「連作」という程、積みわらや睡蓮など同じテーマを何枚も描き続ける事を好みました。
このポプラ並木はジヴェルニーの近くにあるエプト川岸のポプラ並木です。

この作品に影響を与えたのが北斎の【冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷】です。 
木の描き方や、全体の構図が似ていると言われています。
冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷














《※2作品を比較して観ると酷似していることが分かりますよ!》


その他下記作品も、北斎の浮世絵の影響を受けた西洋作品です。
ご紹介していきますね!


踊り子たち、ピンクと緑
























エドガー・ドガ踊り子たち、ピンクと緑
制作年:1894年
原画サイズ:66 x 47cm
所蔵:吉野石膏株式会社

踊り子のポーズが、北斎が描いた相撲取りの立ち方と似た描かれ方をしていると言われている作品です。


ゴッホ ばら















ゴッホばら
制作年:1889年
原画サイズ:33×41.3cm
所蔵:国立西洋美術館

これまでの西洋画では、花は花瓶に活けられた状態で描かれるのが一般的でした。
この作品のように野生の植物を描く手法は、北斎の浮世絵から取り入れられたそうです。


gauguin21



























ポール・ゴーギャン三匹の子犬のいる静物
制作年:1888年 
原画サイズ:88×62.5cm 
所蔵:ニューヨーク近代美術館

北斎の【三体画譜】に描かれた3匹の子犬とほぼ同じ構図で描かれた作品。
ここまで似せて描くか、と驚く作品です。


mary2














メアリー・カサット青い肘掛け椅子の上の少女
制作年:1878年 
原画サイズ:89×129.6cm
所蔵:ワシントン・ナショナルギャラリー

これまでの西洋画では、女の子はお嬢さんという感じでかしこまった様子で描かれていたのが一般的。
この作品は椅子の上でだらーっと腰掛けている少女がありのままに描かれています。
これは北斎の作品から取り入れた構図だと言われています。


いかがでしたでしょうか。
一部作品のご紹介でしたが、北斎のジャポニズムがいかに西洋画家たちに
取り入れられたのかが分かるかと思います。
実際に美術展にいかれると、よりその比較がしやすいかと思います。
ぜひぜひ足をお運びくださいね!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

《2017秋》間もなく会期終了の美術展【まとめ】

カテゴリ:
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
9月に入り、とても過ごしやすい気候になってきました。

ようやく外にも出かけたいなぁ〜と思えるようになりました。
秋は芸術の秋とも言われますが、実は大型の美術展が続々と会期終了になる時期でもあるんです。

そういうわけで、今回は「まもなく会期終了の美術展」をまとめてご紹介します。
行きそびれた!という事の無いよう、必ずチェック!して下さいね〜


11
・「大エルミタージュ美術館」展:9月18日まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【大エルミタージュ美術館展】 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

公式サイト:http://www2.ctv.co.jp/hermitage2017/

会場:愛知県美術館(http://www-art.aac.pref.aichi.jp/info/)
会期:2017年7月1日(土)から2017年9月18日(月・祝)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19









・「レオナルド×ミケランジェロ」展:9月24日まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【レオナルド×ミケランジェロ」展】 

公式サイト:http://mimt.jp/lemi/

会場:三菱一号館美術館(http://mimt.jp)
会期:2017年6月17日(土)〜9月24日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アルチンボルト展
・「アルチンボルド」展:9月24日まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アルチンボルト展】

公式サイト:http://arcimboldo2017.jp

会場:国立西洋美術館 (http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html)
会期:2017年6月20日(火)〜9月24日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



48








・「ボストン美術館の至宝」展:10月9日まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション】

公式サイト:http://boston2017-18.jp

東京会場:東京都美術館 (http://www.tobikan.jp)
会期:2017年7月20日(木)〜10月9日(月・祝)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


34







・「バベルの塔」展:10月15日まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボイマンス美術館所蔵 
ブリューゲル【バベルの塔】展

公式サイト:http://babel2017.jp

会期:2017年7月18日-10月15日
会場:国立国際美術館(大阪)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いかがでしょうか?
まだ足をお運びでない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

涼しくなってきた9月、今がチャンスです!
行きそびれた!ということが無いよう、ぜひスケジュールチェックして
行かれてみてくださいね!!


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

《ゴッホ展》 大型巡回展がまもなく開催!!!

カテゴリ:
ゴッホ展














絵画ファンの皆さま、こんにちは!
8月も下旬になりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

ところでまもなく大型の巡回展《ゴッホ展》がスタートしますよ!
今回のゴッホ展は札幌から始まり、東京、そして京都と移動していく、大規模な美術展になります。

今回のゴッホ展は、日本の浮世絵に憧れたゴッホが描いた
作品を中心に展示する展覧会です。

まずは美術展の概要からご紹介します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

公式サイト:http://gogh-japan.jp

【札幌展】
会期:2017年8月26日(土)〜10月15日(日)
会場:北海道立近代美術館 http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/knb/

【東京展】
会期:2017年10月24日(火)〜2018年1月8日(月・祝)
会場:東京都美術館 http://www.tobikan.jp/

【京都展】
会期:2018年1月20日(土)〜3月4日(日)
会場:京都国立近代美術館 http://www.momak.go.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は、本美術展で日本初公開となる作品2点をご紹介したいと思います。
日本で観られる機会はこれが初めてなんですよ!



雪景色















フィンセント・ファン・ゴッホ雪景色
制作年:1888年
所蔵:個人蔵

この作品は南仏アルルで描かれた風景画です。
ゴッホは憧れの日本がアルルと似ていると思い込み、アルルへ移住する事にします。


gogh40
















フィンセント・ファン・ゴッホ夾竹桃
制作年:1888年
所蔵:メトロポリタン美術館

この作品も南仏アルルで描かれた作品です。
今回が日本初出展となる貴重な作品です!



いかがでしたでしょうか?
2作品とも南仏アルルの地で描かれた作品です。

ゴッホは浮世絵に触れてから、日本への憧れが非常に強くなり、
いつもいつも日本を想像し、行ってみたいなと思い描いていました。

そんな時に、南仏のアルルという土地が日本に似ている、と勘違い!?し、
移住することを決めたのです。

アルルへ移動する列車の中、もうすぐ日本へ着く!と、ワクワクが止まらなかったそうです。
アルルに着いてからは、その地の風景画を沢山描きました。
それまでは「日本=浮世絵」ということで、日本風の作品を多く描いていましたが、
実際にアルルの地に着いてからは、浮世絵風の作品を描かなくなりました。

それは、ここが日本だ!と思い込んだゴッホは、目に見えるもの全てが日本の風景だったので、
あえて浮世絵風の作品を描かなくても、外の景色全てが日本そのものだったから
だそうです。

そこまで日本を愛してくれていたゴッホ。
なんだか嬉しいですよね。

というわけで、今回はゴッホ展の概要と、日本初公開作品のご紹介でした!

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

大エルミタージュ美術館展、名古屋で開催中ですよ!

カテゴリ:
絵画ファンの皆さま、こんにちは!
今日は現在名古屋で開催されている「大エルミタージュ美術館展」のご紹介をします。

実は本美術展は2017年の目玉となる大巡回展で、これまでは東京で開催されていましたが、
現在は場所を名古屋に移して開催中です。
名古屋会場が終了すれば、その後兵庫県へ移動します。

それではまずは美術展の概要からご紹介!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【大エルミタージュ美術館展】 
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち


公式サイト:http://www2.ctv.co.jp/hermitage2017/

会場:愛知県美術館(http://www-art.aac.pref.aichi.jp/info/)
会期:2017年7月1日(土)から2017年9月18日(月・祝)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館。
この美術館には世界の名だたる有名画家の作品が約1万7千点所蔵されています。

今回そのエルミタージュ美術館所蔵作品が東京会場の会期を終え、名古屋へやってきました。
ルネサンス期の作品から、バロック、ロココ、そして16世紀の絵画まで
時代を越えた有名作品が約85点も展示されています。


それでは今回展示される作品の一部を画像とともにご紹介します!

鳥罠のある冬景色 ブリューゲル
ブリューゲル鳥罠のある冬景色
所蔵:エルミタージュ美術館
制作年:1615-1620年頃

ブリューゲルが得意とした祖国の典型的な農村風景を描いた作品。
真冬の寒空の下、アイススケート、アイスホッケーなどを楽しむ
民衆の姿が生き生きと描かれて強さを表している作品です。

※作品はこちらから→http://meiga.shop-pro.jp/?pid=66119699




104678204





















■スルバラン【聖母マリアの少女時代
所蔵:エルミタージュ美術館
制作年:1660年頃

1598年スペイン生まれの画家フランシスコ・デ・スルバラン。
キリスト教を題材にした作品を多く残した画家です。
この作品は聖母マリア様の少女時代を描いた作品です。

※作品はこちらから→http://meiga.shop-pro.jp/?pid=104678204



そして、今回の名古屋会場での大きな特典!!!
それは・・・毎週金曜日だけ作品の写真撮影がOK!になったそうです。

これは絵画ファンにとってはとても嬉しいことですよね〜
私もいつも美術館に行っても、日本の場合は写真撮影がNGであることがほとんどなので
この目に焼き付けて帰るだけなのですが、やっぱり写真撮りたいなと思っていました。

写真に撮っても、実際の作品の色合いが上手く表現しきれないと言われます。
余談になりますが、美術展のパンフレットを作成する際にカメラマン泣かせなのが
この作品を写真に撮ることだそうです。
どうしても本物の肉眼で観た作品の色合いを、ポスターに表現すると異なってくるらしいのです。


今回の名古屋会場は、ちょうど夏休み時期に開催中です。
名古屋にお住まいの方でなくても、夏休みのこの機会に是非
観光がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

猛暑の中、涼しい美術館で涼みながらゆっくり絵画鑑賞は良いですよ!



☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*

あなたの手の届くところに、肉筆複製画《アート名画館》

アート名画館 http://meiga.shop-pro.jp/
楽天店 http://www.rakuten.co.jp/art-meigakan0717/
Yahoo店 http://store.shopping.yahoo.co.jp/art-meigakan0717/

Facebookページできました! https://www.facebook.com/artmeigakan/

★★・‥…―━━━―…‥

このページのトップヘ

見出し画像
×