めいこの部屋 

SHOW−COMPANY代表 阪上めいこのセレンディピティな毎日。。。  〈セレンディピティ〉とは、思いがけない出来事の中に幸運を探しだすこと

SHOW−COMPANYホームページ☆  http://www.musical.co.jp

縁側で笑い話に。

IMG_2716

『チコちゃんに叱られる』は、大好きな番組。子供の頃、おばあちゃんになったら縁側に座って孫に昔話をすることをイメージしていた。それは、学校で辛いことがあっても、いつか笑い話にするんだ!という私流の乗り越え方だった。

縁側のある家に一度も住んだことがないし、まだ男性役をやっていることを考えると、日本昔話に出てくるようなちっちゃな可愛いおばあちゃんにはなれそうもない。それでも、いつか縁側に座って笑い話にすると今も思って生きている。


IMG_2815


IMG_2816



昨日、美味しいきゃらぶきを頂いたので、差し入れでもらった有機米コシヒカリを、母が遺した堺の鉄釜で炊いてみた。大きな紀州梅は富田林寺内町で買ったもの。粗末な食事だけれど、とても美味しい❤️


FullSizeRender


永井幹人先生『ヨガα骨ひびき健康法』

一昨日、永井幹人先生の『ヨガα骨ひびき健康法』のご本が送られてきました。8月に永井幹人先生の訃報をFacebookで知り、たいへん驚いて途方にくれておりましたので、先生とまだ繋がっていたことにたいへん救われた気がいたしました。

先生は亡くなる直前までご本を書いておられたのですね。永井先生が一生をかけて学ばれ、磨きぬかれた健康法『動禅・骨熱療法』を、誰でも自分でできるようにわかりやすく書かれたご本であると同時に、先生の一生をご自分の口調で語られているご本でもあるので、今も永井先生が、あの柔和な笑顔ですぐそばにいてくださるような暖かさを感じました。

永井先生は、私にとりましては大恩人です。35年以上前、初めて三島の沖ヨガ道場の合宿セミナーに参加した時に、心身改造班の責任者をされていた永井先生に出会いました。その時、一緒に参加した人が「せん妄状態」になり、驚く私に、『抑えていたものが表に出ていてバランスを取っているだけだから大丈夫』とシンプルに教えてくださいました。
いろんな症状、病名があっても、人の心身はバランスを取っている。病は生命からのメッセージなのだと学びました。

また、別の合宿の時には富士登山の八合目で一歩も登れなくなった私の足を、その場で1時間ほどもマッサージしてくださいました。私には一生忘れられない出来事でしたが、30年ぶりに再会した時に御礼を申し上げると「そんな人はたくさんいたので記憶に残っていない」と仰いました。先生は、失礼を承知で言うならヌボーとした方ですが、なんとカッコイイ人かと、仰天いたしました。その後、大阪、東京で何度か施術していただき、ミュージカルの東京公演の際は、率先して応援してくださり、多くの人を誘って観に来てくださいました。本当に有難いことでした。

沖ヨガで学んだ素晴らしい教えはたくさんありますが、永井先生が体現されていた、いくつになっても無邪気な、汚れない心、謙虚さと自然体。垣根なく人を受け入れる心を、胸に刻ませていただこうと思います。

肉体から自由になられた永井先生の魂が、多くの方を見守っていてくださることを信じます。永井先生とそのご家族、関係者の皆様に心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

昨日、永井先生の骨熱療法の弟子、青木香積さんに、骨ひびきを施術していただいたところ、そのあと12時間、熟睡してしまいました。こんなことは初めてです❤️

IMG_2856

岩本栄之助物語「愛が降る街」

SHOW-COMPANY ミュージカル
『愛が降る街〜岩本栄之助物語』

【岩本栄之助】
大阪の株式仲買人。
明治40年(1907年)、株式市場の大暴落時に、野村徳七ら大阪株式取引所(現大阪証券取引所)の仲買人らの訴えで、全財産を投じて市場を買い支え、北浜の仲買人らを救う。

「北浜の恩人」「北浜の風雲児」と日本中から注目を浴び、財界による渡米実業団に、日本代表の一人として渋沢栄一らとアメリカを視察。
アメリカ富豪の公共事業への寄付に感激。当時の百万円(現在の50億〜100億円)を寄付して、大阪市中央公会堂を建設。

公会堂の骨組みが出来上がった頃、再び株式市場を救ってくれとの仲間の依頼に応えたが、相場に失敗して破産。寄付した資金を返すとの提案をはねのけ、公会堂の完成を見る前に、ピストル自殺。享年39歳。

⭐️………⭐️………⭐️………⭐️

岩本栄之助氏の命を賭けた夢、大阪市中央公会堂は見事完成し、今年100周年を迎えました。このミュージカル『愛が降る街〜岩本栄之助物語〜』は、中央公会堂がリューアルされた2003年に創作・初演、文化庁芸術祭参加作品となりました。
生きることの素晴らしさを謳い上げる感動のミュージカルです。
公会堂の屋根の上に立つ文化と商業のシンボル、ミネルバとメリクリウスが登場し、この世界に蘇った岩本栄之助氏の人生を皆様と共に振り返ります。

岩本栄之助氏が、市民のためにと建てた美しい美しい建物、大阪市中央公会堂の中の、1000人を超える人々が集える大集会室で、このミュージカルをご覧いただきます。当時の姿に細部まで再現されたネオルネッサンス様式の豪華絢爛な建物の中で、岩本栄之助氏の大きな夢と愛に包まれて心踊るミュージカルをお楽しみください。

地下一階には、岩本栄之助氏の資料を揃えた部屋もあります。

⭐️2018年11月1日(木)18時半開演。大阪市中央公会堂・大集会室にて。◇後援 大阪市

⭐️出演 阪上めいこ・阪野登・笑福亭生喬・笑福亭生寿・上原伸之・家入 由佳・石川由希野・山崎真実・宮市舞 他
⭐️■脚本・音楽 えーぱん■プロデュース・演出・潤色・出演 阪上めいこ
■舞台美術 竹内志朗■振付 上原伸之 白垣京■衣装 土井加澄 ■ヘアメイク廣重隆二 永見敏夫■照明 石原直盛■音響 中西利也 ■舞台監督 乗光大順■制作 山崎真実 一瀬麻里■協力 チームSHOW-COMPANY


⭐️前売チケット好評発売中。
一回きりの公演ですので、お早めにご予約ください。

チケットのお申し込みはこちら。



『人から人へ 』被爆73年原爆の日

8月6日朝、たまたまテレビをつけたらNHK『こころの時代』で、近藤紘子さんがお話しされていました。(再放送)


『人から人へ』というインタビューのタイトル。国を動かそうとしても、それはなかなかできない。しかし人から人へ話してるうちに、その草の根運動的なものの、絶対世の中を変えることができる」という紘子さんの父親、広島流川教会・谷本清牧師の言葉。

オバマ大統領が広島でのスピーチの中で、『原爆投下したエノラ・ゲイの副操縦士に出会った女性がいた。彼女はその彼を許した。それはなぜかというと、憎むべきは人ではなく戦争。戦争こそ憎まなきゃいけないということを、彼女は分かったからです』と話しました。それは、おそらく近藤紘子さんのことで、人から人への草の根のような話がアメリカの大統領にも届いたのだろうということでした。

近藤紘子さんは、生後8ヶ月の時、広島で被爆。被爆者救援活動をする父親と共に出演したアメリカのテレビ番組で、エノラ・ゲイの副操縦士と会った。原爆を投下した戦闘機の乗組員に出会ったら絶対に仕返しすると心に誓っていたにも関わらず、彼の涙を見て、紘子さんは同じ人間であったと気がつき、自分の中で大きな変化が起きたとのことでした。
アメリカでは、ノーベル賞作家パール・バックの家に招待され、彼女の養子たちと共に夏休みを過ごしました。これはその後の 彼女の生き方に大きな影響を与えました。
中学生の時の思い出として語られたのは、被爆者の研究をする海外の学者たちの前で裸にされたこと。これは屈辱的でずっと親にも言えないことでした。
ヒロシマから逃れたくて東京の高校に行き、アメリカ留学し婚約しましたが、被爆者という理由で相手の家族の反対で結婚できなくなりました。
帰国後、日本人と結婚しましたが、流産。パールバックの影響もあって、2人の養子を迎えました。父の活動の手伝いをするうちに、興味深く広島の話に耳を傾ける子供達と出会い、紘子さんはようやくヒロシマのことを語り始めました。

オバマ大統領の広島でのスピーチ


『こころの時代』近藤紘子さんインタビューの全内容が文章化されています。
ぜひお読みください。


天災と南三陸のわかめと合気道。

南三陸のわかめ。

各地の被害の大きさが悲しくて、スーパーで買ってきた南三陸のわかめを食べて元気をもらった。


IMG_2101


説明しないとわからないと思うけれど、数年前に南三陸で、東日本大震災で殉死された消防士さん達のご遺族主催で、現職消防士さん達を招いて「ファイヤーマンの祈り」ダイジェスト版を演じさせていただいた。その時、大変お世話になった車椅子の消防士さんから、ご実家の両親が採った南三陸のわかめをどっさりいただいた。それは、美味しくて悲しくて暖かくて、人との絆をいっぱい感じたワカメだった。南三陸ではワカメをしゃぶしゃぶにして食べる。最高に美味しい。

そんなことを思い出しながら、今朝、南三陸のわかめを食べてみた。西日本各地の大雨による大きな被害を知って、何にもできない小さな自分がへなへなと力を失っていきそうになるのを、南三陸のわかめが支えてくれた。あの時出会ったたくさんの消防士さんと、亡くなった消防士さん達のご遺族の、ハグした時の温もりを思い出した。


昨日たまたま読んでいた本に、合気道の最強の技とは「自分を殺しにきた相手と友達になることです」と書いてあった。それは「天地自然と一体になることです」と。


「天地と一体になった自分が相手の気を吸収し、より素晴らしいエネルギーを加えてその気を返す。」そんなことができるのだろうか。


でも、自分が演劇を通してしたかったことは、そういうことではないのか。死にたいと思っている人にも笑顔になって帰っていただきたい。ずっとそう思って舞台を作っている。



悲しくて悲しくて悲しくて、明日が見えないほど悲しい時にも人は生きていく力を持っている。美しい心を持っている。


世の中を惑わす人もいっぱいいるし、辛いこともいっぱいあるけど、美しくて強い人々もいっぱいいるんだよー!!!って、私は伝えていきたい。





七夕ですね。星の王子さまに再会!

《「この星空のどこかに僕はいて、その星で笑ってる。そう思いながら夜、空を見上げたらぜんぶの星が笑っているように見えるよ」そして彼は、私が聞き慣れた鈴の音のような笑い声をあげた。》

私はサン=テグジュペリの「星の王子さま」が大好きです。

対訳 フランス語で読もう「星の王子さま」

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ



私が2年半、マンツーマンレッスンを受けたバレエの先生は、星の王子さまのようなキラキラの笑い声を持つ人でした。彼女が笑うと、部屋中に幸せの粉を撒いたように私に至福の喜びが訪れたのですが、その先生が、突然バレエ団を辞めて、半年後には、その教室そのものも無くなったのを以前ここにも書きましたが、私が大好きだったバレエストレッチ、一生続けたかったので、大ショックでした。

私は、星の王子様に、もう一度会いたくて、ネット検索したのですが、どこにも見つからず。代わりに見つけたのは、バレエスタジオから五十メートルほどの場所にあった空手&合気道の道場。私は、武術ではなく併設の鍼灸院で、道場主の鍼治療で心身のメンテナンスを受けているのですが、鍼、空手、合気道の真髄に迫るようなお話を聞けるのがとても幸せで、今では私の学びの場になっています。

ついに、星の王子様との再会を諦めかけた時、バレエの先生が『蝶々さんの日記』を見にきてくれたのです。私のことを覚えていてくれたんです!!
飛び上がるほど嬉しかった!
そして、SHOW-COMPANY でバレエレッスンをしていただけることになったのです。おー!!人生は素晴らしい。
SHOW-COMPANY の稽古場に、星の王子様の笑い声がキラキラと満ちている。

UDF(ウルトラディテールフィギュア) 星の王子さま(ケープ付き) グリーン『星の王子さま』ノンスケール PVC製塗装済み完成品









私の心と体を癒してくださるお二人に心から感謝。出会わせてくれた宇宙、神様に感謝せずにはいられない!
そして、何故だか、こういう素晴らしいことが起こると、きっと亡き父と母が守ってくれているおかげだと思うのです。それから、亡くなった親友(整体師)が自分の代わりに私のメンテナンスしてくれる人を探してくれたに違いないって。何故かそう思えて仕方ないのです。

七夕ですね。
星を眺めて、笹の葉を飾りたい。

スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ



久しぶりにジョブズさんのスピーチ動画を観ました。おや!!!SHOW-COMPANY のミュージカル「セレンディピティ〜幸せになる方法」と、おんなじこと言ってるじゃないですか!と思ってしまいました。世界のジョブズさんと同じだなんて恐れ多いことですが、みんなどこかで繋がっているんでしょうね。

そう。
私たちは、誰もが素晴らしい人生を生きたいと思っているけれど、多くの挫折をし、苦しみを味わう。だけど、その中から、幸せへの道を選ぶことができる。そんな気がします。


SHOW-COMPANY ホームページ
www.musical.co.jp

ミュージカル『セレンディピティ〜幸せになる方法』チケット発売中!!5

ミュージカル『セレンディピティ〜幸せになる方法』www.musical.co.jp

◯6月2日土曜日1時/5時

◯クレオ大阪(谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘下車 徒歩3分)


訂正 ×小学生未満→◯未就学児入場不可

IMG_1507



SHOW-COMPANY ホームページからお申し込みの皆さまに、各回、カンフェティチケット(カンフェティ会員・先着5名様500円引き)をご用意しております。

詳しくは、

SHOW-COMPANY ホームページ

www.musical.co. Jp




満月と桜。平和の大切さを知る。

IMG_1367

桜満開の満月。少年のような心を持つ方々に出会い、深い深い心の声を聞いた。この数日は、私にとって心の奥の扉を開く時間となりました。
生きているということを意味のあるものにするのは、このような運命に導かれることなのかもしれません。


3月31日土曜日
ジャズ・ミュージカル評論家の瀬川昌久先生のお宅に伺いました。席に着くと、瀬川先生はまず、ご一緒した毎日新聞の城島さんと今の政局について話されました。90歳を過ぎた瀬川先生が平和についての思いを強く持っていらっしゃることをお目にかかるたびに感じ、心が揺さぶられる。
美しい奥様が用意してくださったお昼をご馳走になりながら、戦前からの日本のジャズ、タップ、喜劇、和製ミュージカルなど貴重な映像をたくさん見せていただく。瀬川先生の解説付きで観るというのはこの上ない贅沢な事。驚いたのは、戦前の日本では、若い男女が肩を抱いたり、ダンスホールで踊ったり、とても自由だということ。戦争は、たくさんの命だけでなく、青春や自由を根こそぎ奪ったのだと改めて感じた。
瀬川先生は戦後初のジャズイベントを、復員船の氷川丸で開催された。先生の平和への思いが伝わって来るたびに、音楽や文化・芸術を楽しむ自由が奪われることは、人の命を奪うに匹敵するほどの悲惨な出来事だったのだと思う。そう思って聞くと、瀬川先生がお好きな『私の青空』が、深く胸に染みます。

IMG_1373
  • IMG_1375
IMG_1374
喜劇映像を見て、瀬川先生と一緒にクスクスと笑いました。私を大笑いさせた藤山寛美さんが語っていました。『笑い』も『人情』も失われてはならないものですね。
 

4月1日日曜日
江成常夫さんの写真展『昭和・時代の肖像』相模原・光と緑の美術館に行きました。西尾安裕さんとご一緒させていただきました。鑑賞後、ランチの席に着いたら、やっぱり一番に政局の話。お二人の歯に衣を着せぬお話ぶりに溜飲が下がる思い。
江成先生は見えないものを視覚化されており、今回の肖像写真は、昭和という時代を牽引した文化人と対峙、心の中で被写体に昭和という時代を問いかけながら鬼の心で撮影されたとのこと。私は、鬼の心は『揺るぎない愛』だと思う。自分に嘘をつかない生き方を貫いている江成さんに、厳しさと同時に、大きな大きな優しさを感じました。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_1322










ミュージカル『セレンディピティ〜幸せになる方法〜』チケット発売!!

ミュージカル『セレンディピティ〜幸せになる方法』チケット発売開始致しました。www.musical.co. Jp

☆6月2日土曜日 1:00/5:00開演 

☆クレオ大阪中央(谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘)  



IMG_1507



SHOW-COMPANY ホームページからお申し込みの皆さまに、各回、カンフェティチケット(カンフェティ会員・先着5名様500円引き)をご用意しております。

詳しくは、

SHOW-COMPANY ホームページ

www.musical.co. Jp


訂正 ×小学生未満→◯未就学児入場不可





Profile

阪上めいこ

Archives
バーコード
QRコード
最新コメント
プロジェクト・スマイリングベイビー[Project Smiling Baby] (c) Mamoru Horiguchi

  • ライブドアブログ