めいこの部屋 

SHOW−COMPANY代表 阪上めいこのセレンディピティな毎日。。。  〈セレンディピティ〉とは、思いがけない出来事の中に幸運を探しだすこと

SHOW−COMPANYホームページ☆  http://www.musical.co.jp

ピットくん

わーい、もらっちゃいました\( ˆoˆ )/
ピットくんのぬいぐるみ❤️

image

Oh!!!知らなかった!ピットくんは、5月5日生まれ!!もしかして、3月3日生まれ私と、相性ぴったり!?

ピットくんのプロフィール
「いつも笑顔で《あんしんの種》を運んでいる妖精」

そうやったんか・・・
(これ、ワンダフルワールドのウサギのココのセリフ。)

実は、私がSHOW-COMPANY を立ち上げてからずっと思ってきたことは、私達の蒔いた小さな小さな種が、世界中で笑顔の花を咲かせますように、ってことなんです。うわー、ますます、嬉しくなってきた!!

性格「恥ずかしがり屋だけれど勇気があってがんばり屋さん。」

うわー!なんかドキドキする。
ピットくん、大好き〜💕

image

ということで、ピットくんとお茶してみました。今朝の一服は、サクランボのゼリーと緑茶。

image

好物「花の蜜」。
私も蜂蜜大好きデス。

特筆すべきは、「コップの光を使って虹を作ることができる!!」🌈🌸🌿
きゃー、私も、虹、大好きやん!
(興奮して大阪弁になってる)

image

というわけで、ピットくんに虹を出してもらいました(((o(*゚▽゚*)o)))♡
この写真撮るのになかなか頑張りました。
朝から無邪気に大興奮させていただきました🌸(⌒-⌒; )


さて、今日は、朝からOSK観劇。
吉村孝史さん講演の古事記のお勉強会。
そして、笑福亭生寿さんの入門10周年記念「生寿の真剣勝負」の日です。

image

笑福亭生寿さん、そして本日もゲスト出演の師匠、笑福亭生喬さん。
お二人とも、次回のSHOW-COMPANY ミュージカル「蝶々さんの日記」にご出演頂きます。乞うご期待!
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

自転車転倒して、ウサギさんに助けられる。

先日、ホール打ち合わせの帰り道、駅から自転車に乗ったら、自転車のチェーンにスカートの裾が絡まって転倒しました。

スカートを脱ぐわけにもいかず、身動きできずに倒れていたら、通りかかった女性が、自転車を止めて助けてくださいました。私自身は自転車と一体になっているので自分で何もできず、チェーンに幾重にも絡まった薄い布を引っ張りだしてもらいました。スカートは大きな穴があき、ビリビリに破けましたが、お陰様で無事に自由の身になりました。


布を引っ張ってもらっている間、心の中では《どこのどなたか存じませぬがありがとうございます》と、ミュージカルの招待券を渡そうか、名刺を出したものか、相手の家を聞いてあたらめてお礼に行くか、と考えを巡らせましたが、結局、なんか不自然に思い、丁重にお礼を言って別れただけになりました。

《どこのどなたか存じませぬが、》って、歌舞伎か時代劇ドラマのセリフだと思うのだけれど、こんな時自分の中から出てくることに、古めかしい日本人だなあって、
笑いがこみ上げて来ました。

どこのどなたか存ぜぬ人にお礼を言えずじまいでしたが、本当にありがとうございました。m(_ _)m
あなたはもしや、月のうさぎさん??

今回のミュージカル、全労済大阪府本部さんと共催です。《自転車賠償保険》の実体験しちゃった!!

助けに来てくれた女の方、劇中に出てくる月のウサギさんが助けに来てくれたのかと思いました(*^▽^*)サンキュー!ありがとうございました(*^▽^*)

ミュージカル「WONDERFUL WORLDワンダフルワールド」
www.musical.co.jp

image

こんなミュージカル、どうでしょう?

こんなうさぎが出てきたり。
image

月に住んでるイリス。
image

可愛い三姉妹。
image
image
image

ジャーナリストのパパ。
image



ミュージカル「ワンダフルワールド」のご案内状、昨日、発送しました。
《おっそー。本番は6月9日10日でっせ。
もう、一ヶ月切ってますがな。》
という声も聞こえてきそうですが、それもこれもセレンディピティ。(*^▽^*)
お許し下さいませませ。

皆さまお誘い合わせの上、ご来場頂きますようお願い申し上げます。出演者・スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

詳細は、
www. musical. co. jp

image

SHOW-COMPANY 流めいこメソッド《青い目の兎がいうことにゃ》

私のオリジナルメソッドは、とても簡単。効果は抜群。

◎陽転思考スピーチ
◎はひふへほのリアクション
◎重心移動の表現
◎あほあほパワー
◎角度のダンス
◎丹田呼吸のダンス
◎ヘラヘラ笑い
◎気のコントロール
◎キラキラ妖精の粉
◎口角リボン結びの笑顔
◎聴きながら歌う電車の窓
◎呼吸の感情表現法。
◎柱もたれの歌唱法。
◎自動焦点のメッセージ
◎自動操縦
◎真実の泉
◎お風呂の中のボール
◎ただ水に浮く放下する などなど。

歌、セリフ、ダンスのメソッドだけど、企業のコミュニケーション研修でも同じようなこと指導してきた。でも、こうしてわざわざ書き出したのは今日が初めてかも。
名もなきメソッド、メモ書きしたらヘンテコリン。アハハ (⌒-⌒; )



時たま、いい空気が流れている時に、イメージ瞑想をやって、内なる自分との会話を楽しんでもらう。不思議なことにほとんどの人が、自分を認め、自分の問題を解決し、自身の成功を確信する。

今日、私のイメージには青い目の兎が出て来た。

私は《この先どうなるのだろうか?》と不安を訴えた。すると兎は言った。
《あなたはその道を歩んでいる。階段を一歩ずつ登っている》と。
《でも、先が見えない》と言うと、
《山登りをしている人は、みんな先が見えない。だけど、あなたは確かに登っているのだから、そのことを信じて、その場その場の景色を楽しめばいい。そうすれば、いつか自然に頂上に辿り着く。》と。

なるほど、頂上の景色は登ってみるまで誰にもわからないのだから、そんなことを心配せず、頂上のまだ見ぬ世界を楽しみにして、その場その場の景色を十分楽しめばいいってことだよね。

マインドフルネス。流行ってるらしい。
今を楽しみながら、感謝して生きよう。

image





三人の犯罪者。

三人の犯罪者が引き出されてきた。黄色い派手な着物を着た中年女と、ランニングシャツを着た痩せ細った男と、あと一人は中肉中背のガシッとした男。

うなだれている。三人とも自分はダメだと思っている。声が出ないと思っている。表現できないと思っている。歌が上手く歌えない事を、罪だと思っている。

私は一人一人に罪状を聞いた。
《それは、こう考えれば長所になりますよ。》

一人一人の罪状を、私は長所に置き換えた。みんな裏返して長所に変えた。

そんな夢でした。

実を言うと、一昨日ある人が、車で《SHOW-COMPANY ミュージカル「WONDERFUL WORLDワンダフルワールド」》のCDを聞いて泣きました、と言うので、え?そんなのがありましたかと聞くと、初演時のCD。聞くのが怖かったけど、車に乗せてもらったついでに聞いたら、意外に良かった。歌詞が伝わってくるって言ってもらって聞くと、ほんとだ、16年前の私。思いの外、言葉がはっきりしていた。

ジャズ、声楽、ラテンにポピュラー、たくさんの先生について歌を学んだが、一向に上達しない自分を私は罪人のように思っていたのだろう。そして、三人の罪人を許そうと思ったのだろうか。

私は自分の低音のハスキーボイスを恥ずかしく思い、悲しく思い、情けなく思って生きてきた。でも、泣いて帰りたいと思うほど全く声が出なかった時、見ず知らずのお客様から、その声が好きという声をもらった。捨てる神あれば拾う神あり。

捨てる神って誰?そう、それは神様ではなくて、私自身でした。私自身が自分を何度も見捨てようとし、それを救ってくれたのは見ず知らずのお客さまでした。

昨年だって、もうこれを最後の舞台にしようかと何度思ったか!

《あなたは生涯現役で行くんでしょう?僕応援します》って、昨日、鍼灸院の先生に言われた。私、何も言ってないのに。応援してくれた。ありがたい事です。

私は子供の頃から、おばあさん役者に憧れてきました。まだまだ、始まってさえいないです。頑張ります♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

image

ミュージカル「WONDERFUL WORLDワンダフルワールド」月に住むイリス。








今頃ですけど、《お父さんありがとう》

父


昨日、亡き父が嬉しそうに笑っている夢を見た。今朝、気がついた、今日は父の誕生日。

亡くなった時、《泣かない。きっとまたすぐ会えるから。》と思った。父とはとても縁が深かった。

若き日、東京で一人暮らししたとき、このまま父との距離が離れていくのかと思ったらとても申し訳ない気がして、父とたくさん話そうと思った。たくさんたくさん話をした。生意気なことを言って父を傷つけたこともある。話の中身はなんでもよかった。私は、父と目を見交わしているだけで幸せだった。父はいつも笑顔の人だった。その三日月のように笑った目の中にいつも私はいた。

とても愛されていたと今になって思う。

父は恩着せがましいことを一切言わない人だった。妹も、父によく似て恩着せがましいことを一切言わない。私は逆立ちしたってそんな人にはなれない。

《親が生きているうちに、ここから先のことを考えなさい》と言われたとき、
《親が死んでから成功したって良いでしょう?》と言ったバカ娘である。

世の中の役に立ちたいなんて、甘っちょろいことを言って生きてますけど、これは、お父さんから受け継いだ夢と浪漫かな??

とりあえず今、幸せに生きているのは、全部、お父さんお母さんのお陰です。

お父さん、本当にありがとう。

バレエのマンツーマン指導受けてました。

image


とても幸せなことに、この三年間、バレエのマンツーマン指導を受けていました。
大人クラスに、生徒が私1人しかいなかったのです。こんな素晴らしい指導をみんなに勧めたくてたくさんの人を誘ったけれど、その教室が昨日で終了しました。

アツコバレエスタジオの妖精のように美しいAika先生、星の王子さまみたいなYUI先生、本当にありがとうございました。

お二人とも、とても熱心で、もっともっともっとできると、妥協することなく指導してくださいました。自分の可能性を信じて導いてくださる方がいることが幸せで、幸せで、私の身体は、どんどん限界を超えて変化しました。

私はヨガ歴も長いし、自分の体は年齢の割には柔軟だと思っていたのですが、とんでもなかった。ここで終わりなんてことはなく、どこまでもどこまでも先があるので、柔らかくなればなるほど、自分の未熟さを自覚するようになりました。

ストレッチポーズをしながらマッサージを受けるのが、時には息もできないくらい苦しくて涙ぐんで耐えたりもしたけど、絶対手抜きしないのが先生の愛情だと感じていたので本当にありがたくて。

少しでも進化成長させたいという先生の思いが、指先から伝わってきて、《お母さん、こんなに私のことを思ってくださる先生と巡り会えたよ》と思わず亡き母に報告したくらい。

毎回毎回、感動してました。

ありがとうございました。
私自身、自分の可能性を諦めず、これからも頑張ります。(T ^ T)

先生が私のことをアツコバレエスタジオのブログに掲載してくださいました。↓
https://blogs.yahoo.co.jp/atsuko_ballet_company/17975437.html

ウサギと金貨のシンクロニシティ。

物語と現実世界とのシンクロニシティ。
ミヒャエル・エンデが《はてしない物語》で描いてますね。《ネバーエンディングストーリー》という映画もありました。
空想世界ファンタージェンで起こることが、現実世界を変えていく。幼心の君とバスチアンとアトレーユの物語、大好きでした。


今年6月9日、10日のクレオ大阪中央大ホールでの公演を控えて、SHOW-COMPANY では、3月からミュージカル「WONDERFUL WORLDワンダフルワールド」の稽古が始まりました。

◎3月23日、
ディズニーが新キャラクターをサプライズ発表。ウサギのステラ・ルーさん。
image


◎3月27日、
ドイツの博物館から、金貨が消えました。
CNNニュース↓
http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35098814.html
image



◎3月22日、セサミストリートの新キャラクター発表。ウサギのぬいぐるみを友達にしているジュリアさん。
動画↓
http://grapee.jp/310824


実は、SHOW-COMPANY ミュージカル「WONDERFUL WORLDワンダフルワールド」に登場するイリスの末娘の名はジュリア。ウサギのぬいぐるみが宝物。


と言うわけで、SHOW-COMPANY の物語と現実世界が何かしら繋がっている模様。私たちの創り出す物語がいつもハッピーエンドなのは、現実世界の幸せと密接に繋がっていると信じているからなのです。

ミュージカル「WONDERFUL WORLDワンダフルワールド」ぜひ見て頂きたいファンタスティックな物語です。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

詳細は、www.musical.co.jpまで。
チケット好評発売中です♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

『杉山平一と花森安治展』

image


帝塚山学院文化フォーラムの催し、
『杉山平一と花森安治』展に行って来ました。
恩師杉山先生と、花森安治さんは、松江の高等学校、東京帝大、戦時中と強い絆で結ばれていたそうです。

私は帝塚山学院短大の学生としての2年間と、杉山先生のいらした文芸研究室副手として10年間、合計12年間先生のお側にいました。

そのことをただただ幸せに思います。

☆ミュージカル出演者、追加募集のお知らせ☆

★ミュージカル「WONDERFUL WORLD—ワンダフルワールド—」
メインキャスト募集★

〜笑いと涙、感動で会場が揺れる、そんなミュージカルであなたを輝かせてみませんか〜

【共催】SHOW-COMPANY ・全労済大阪府本部
【後援】大阪市教育委員会

【公演日時】
2017年6月9日(金)18時30分開演
6月10日(土)12時00分/16時00分開演

【募集内容】

●メインキャスト
・子役(小学生以下/女子/3名)
・大人(18〜60歳/男性女性/若干名)


【応募方法】郵送またはメール。
郵送/履歴書(必要事項と未成年者は保護者の同意文を明記)に、写真2枚(全身・上半身各1枚=3カ月以内に撮影したもの)
メール/タイトルを「オーディション応募」とし、郵送と同内容の必要事項を入力し、同様の写真2枚を添付して送信。
どちらも折り返しの連絡はメールのため、メールアドレスを明記のこと。
angel@musical.co.jpからのメールを受信できる設定。

【宛先】郵送/〒581-0034 八尾市弓削町南2-119 SHOW–COMPANY「wonderful world」A係
メール/angel@musical.co.jp タイトルを「オーディション応募」とする


【オーディション日 】
4月16日(日)(その他日程応相談)

【締切】 4月13日(木) 当日消印有効/送信完了

【選考】第1次審査=書類・データ選考(合格者のみ連絡) 
第2次審査=実技(歌・台詞・ダンス)

【合格後】
・オーディション後、4月末頃より大阪、SHOW–COMPANYスタジオ(JR志紀駅)での稽古に参加。

【問合せ】電話:072-948-0132
メール:angel@musical.co.jp
(メールのタイトルを必ずご記入ください。無題の場合、届かない場合がございます。)

【ホームページ】
http://www.musical.co.jp

image
Profile
Archives
バーコード
QRコード
最新コメント
プロジェクト・スマイリングベイビー[Project Smiling Baby] (c) Mamoru Horiguchi

  • ライブドアブログ