Ando - Undo. blog

アオザイヒラリースワングのK.Oしまくるあたりはすごくよかった。ハデハデしい音楽も使われてなくて、彼女の鍛えられた体が魅力的に映されていた。一緒に観てたカナちんはズズズッと涙していました。
マイケル・チミノ監督の『心の指紋』という映画をおもいだした。
意味のある生き方をしていたい。
 いまからバイトだ。きょうは、ラテを何杯つくるのだろうか…
明日は、京都のベトナム料理屋パパイヤベールの室内壁にペイントをしにいく。

六本木ヒルズの森美術館で
「東アジアの現代美術」
  をみてきました。

ひすれば京都から品川までの車窓からは低気圧のため
全体が白くて山々は水墨画のようでした。
知人宅に着いた頃、窓からばかでかいヒルズ
が見え、その30Fあたりから上部は白い雲にお
おわれネオンが反射し「ブレードランナー」
みたいでした。東京は湿っていました。
 ヒルズの52Fからの風景は、絶景でした。
広尾もすぐにみつかりました。おそらくフィ
ギュア好きの松さん曰く、
上空からみた「模型展」がサイコーらしいのですが、スドオリしていました。


「東アジアの現代美術」は、
「となりのお姉さんのお部屋をのぞいちゃった的」展示会でした。
 お姉さんは、過去の男の品物のブランドもの以外全部捨て、美しくかわいらしいグッツに囲まれアロマテラピーでリラックスできる部屋を所有する、のイメージです。
 
ハム・ジンさん(韓国)のトイレのインスタレーションは、虫眼鏡で細部をみると小さな物語が始まっていてかわいかった。自分家のバスルームの掃除が楽しくなるだろうな…
そして成安造形大学講師の伊庭靖子先生の寝具のペイントで展示会はしめくくられていました。枕が二つある、、睡眠中は、つねに一人なんだな…と乙女ブルースはいりました。快感。

雲 

京都へ帰る前に有栖川公園を抜け、ナショナル麻布マーケットで洗面器一杯分のメレンゲクッキーをお土産に買って帰りました。

このページのトップヘ