明星大学鉄道研究部公式blog

東京都日野市にある明星大学鉄道研究部の公式ブログです 毎週月、金曜日に31号館231号室で活動中です

今年も星友祭出展予定です
今回の日程は10月29日(土)、30日(日)、31日(月)の3日間の予定です。
星友祭公式ホームページはこちら↓
http://www3.hino.meisei-u.ac.jp/seiyu-festa/index.html

久しぶりの更新ですね

星友祭に向けて新モジュール製作中です
IMG_1309

今年は11月3日(金祝)・4日(土)・5日(日)の3連休に参加します
ご近所の中央大学も2日(木)~5日(日)で白門祭の開催が予定されているようです
ということで
(おそらく白門祭に参加されるであろう)中央大学鉄道研究会の出展も
合わせてご来場ください!

DSC_1272[1]
明星大学鉄道研究部のオリジナルキャラクター、「山吹まやな」誕生です!
twitterや当ブログにて明星鉄研広報部長として登場予定です、乞うご期待!

名前の由来:山吹色のMaxやまびこ&なすの(部の建築限界測定用の黄色いE1系を擬人化)

※このグラフィグはNC帝国様のテンプレートをお借りして制作しております。

大変遅くなりました
今年度の展示も無事終了し、学内で必要な書類の手続きを終わらせ一段落も二段落もついたところでこの記事を書いています。

今年はお隣の中央大学と学園祭の期間がかぶらなかったのですが、延べ500人以上の方にご来場していただきました。ありがとうございます。

というわけで、今年度の星友祭でお披露目した展示物の紹介をしましょう。
DSC_3170

展示物のメインディッシュ、鉄道模型のレイアウト。今年は部員総力をあげて完成させたオリジナルモジュール「づまプラーザ」が登場。「(本線でない)線路に電気が通らない」など模型特有の事象はありましたが、モジュールの規模の大きさに来場者の皆さんは釘付けになっていました。
DSC_3200
模型ですから、づまプラーザを通過する列車は様々でありまして

DSC_3287-1
DSC_3407-1
DSC_3409
一番遊んだのは中の人かもしれません。

づまプラーザの手前は部員たちが所有する模型車両の展示をしていました。
その反対側にはづまプラーザの車両基地を併設。日に日に増強が図られ、いつの間にか本物の車両基地と変わらない規模になっていました。
 ↓↓1日目は12両×7線+6両×3線=102両留置可能な基地でスタート。
DSC_3187-1
 ↓↓増強の結果3日目は12両×10線=120両留置可能な基地に。加えて保守基地もちゃっかり増強してました。
DSC_3381
DSC_3448
改めてみると、壮観ですね。

去年展示したモジュール「草原」。「トミックスのワイドカントレールを使用しているのですが、カントアプローチレールがないため脱線しやすいモジュール」(写真とともに本ブログ過去記事から引用)といっていましたが、
014-1

今年はづまプラーザの先、引き上げ線が並ぶレイアウトの先に組み込み、ちょっとした「展示エリア」として改造しました。あ、もちろんカントアプローチレールは使用しています。もう(ほぼ)脱線しません。
DSC_3149

去年使用したモジュールも展示しました。
DSC_3301
DSC_3164
物が散らかっていますね。片付けないと…。

続いて模型体験運転コーナー。
DSC_3204
今年は机を並べてただ1周させた複線の線路と、8の字につなげた「複線のようで単線」の"試験線"を設定。
DSC_3203
 ↑↑真ん中、PC枕木を使用した線路が"試験線"なのですが、緩いカーブと高低差は来場者の注目を集めていました。
  この区間、直線レールしか使用していないんですけどね。

DSC_3190
DSC_3198
そのほか、部員撮影の写真や鉄道グッズ、LRT用の展示線路を展示しました。

部誌は今年も印刷が間に合わず、会場ではサンプルのみ展示、希望者のみに配布しました。
ウェブ版がありますので、よろしければ下の記事からご一読ください。


会場では展示品以外でも鉄道関連動画やPCゲームの列車の運転動画の上映なども行っていました。
運転動画のほとんどは中の人が運転して録画していました。

最後に部員が会場内で撮影した動画を掲載してこの記事は終わりにします。

ご意見・ご感想がありましたらコメント欄にお書きください。
喜ぶ部員がいるようです。


↑このページのトップヘ