2011年05月

2011年05月31日

CL決勝

ルセロナ対マンチェスターユナイテッド、3−1

正直あまり感想がないのだが、感想がないということだけでも記録しておこう。


・バルサのスタメン

ビジャ、メッシ、ペドロ
イニエスタ、ブスケツ、シャビ
アビダル、ピケ、マスチェラーノ、アウベス
バルデス

・マンUのスタメン

エルナンデス、ルーニー
パク、ギグス、キャリック、バレンシア
エブラ、ビディッチ、ファーディナンド、ファビオ
ファン・デル・サール


◆2年前の再現?

2年前のCL決勝と同じ顔合わせになったこの試合。
結果・内容ともに前回の再現と言われているが、
得点経過はともかく内容では2年前以上の差があった。

その原因の一つはバルサの完成度が上がっているからである。
特に、メッシを右WGではなくCFの位置から始めさせ、
ほとんど自由にプレーさせるスタイルがはまっている。
これでもバルサはベストの状態ではなかった。
選手層の薄さから特にビジャとペドロには疲労が蓄積しており、
1週間前のリーガ最終節は控え選手中心でゲームを行っている。
DFでもプジョルが負傷で出場できない。

一方のマンUはテベス・ロナウドが退団。
プレミアでも優勝したものの圧倒的な戦力ではなくなっている。


◆マンUの作戦

今回は、マンUはきちんとバルサ対策をやってきた。
陣形は4−4−2だが、ある程度マーカーを決めてきた。
2人のCHはイニエスタとシャビをみて、ルーニーがブスケツ、
トップのエルナンデスがピケを見て、マスケは空ける。
パク・バレンシアはアウベス・アビダルのマークとSBのフォロー。
前半10分までは高い位置からプレスをかけ、
その後は自陣深い位置まで下がってスペースを消してきた。

バルサ対策の1つの典型的なパターンで勝負してきたが、
しかし、そもそもの選手の能力の問題で守備は機能せず、
前半の途中からはサンドバック状態になってしまった。

まずCHに本来攻撃的な選手を置いたため守備力が低い。
1失点目もシャビにあっさりバイタルに侵入され、
ギグスのカバーが間に合わないうちに決定的なパスを出されてしまった。

もう1つの問題は、明確なメッシ対策を持たなかったこと。
マンUの大男たちはメッシの俊敏な動きに全く対応できず、
唯一対応できたのはパクだけだった。
後半からはパクとギグスの位置を入れ替えて中央の守備を固めようとしたが、
2失点目はパクがメッシを少し離したところでミドルを決められてしまった。


◆今後の欧州展望

基本的にはバルサが抜けている。
最近メッシはペレやマラドーナなど伝説の名選手と比べられることが多い。
実際凄い選手だが、個人としてみるとそこまでの選手かは疑問だ。
しかし、バルサとの相性は抜群であり、
彼が負傷したり不調に陥らない限りバルサの時代は続くだろう。
もちろん、シャビ・イニエスタが揃っていなくなれば話は違うが、
セスクを補強されてしまうとどうにもならない。

最有力の対抗馬はマドリー。
ペップ・バルサに勝ったことがあるのはモウリーニョだけだ。
左SBさえなんとかなれば、勝つ可能性はある。

後はミランの会長がどれだけ金を使えるか。
マンUは金がないため復活は難しい。


meitei2005 at 18:10|PermalinkComments(13)TrackBack(0) 欧州10-11 

2011年05月26日

バラマキ福祉

その悪口を言うこと、ただし、自らにばらまかれるときは口を紡ぐこと。

meitei2005 at 11:07|PermalinkComments(16)TrackBack(0) 新紋切型辞典 

2011年05月15日

10-11プレミアを振り返る

もう1節残っていますが、
マンUの優勝が決まったので今季のまとめを。


◆チェルシー以外は予想通り

今季はチェルシーの優勝を予想していた
理由はすでに書いたように、他のチームがイマイチだから。

マンUは序盤の出遅れが酷かった。
実際勝ち点77から80というのは良い数字ではなく、
優勝チームとしてはここ10年で最低の数字だし
準優勝に終わった去年のマンUの数字も下回っている。
また、チェルシーがあまりにだらしないので手を抜いた、
あるいはCLに力を入れた可能性もあるが、
結果的には最後の直接対決で負けていたら逆転されていたわけだし、
CLで優勝・準優勝した年でももっと勝ち点が良い年もあった。

アーセナルは相変わらず。
マンUには勝ったりもするのだが、
ボルトン・ストークなどマッチョ相手にめっぽう弱い。
(マンUはプレミアでもっとも高さがないチーム)
プレミアで勝ちたいのであればCBを強化するか、
バルサ並みに前線からのプレスを強化するしかない。

最終的には大分持ち直したものの、
リバプールは早々に優勝争いから脱落。
金満マンCも予想通りの得点力不足に泣いた。


◆チェルシー没落の原因とは

それでは、今季のチェルシーは何が悪かったのだろうか。
表面的な理由はひどく単純で、けが人が続出したから。
名前を羅列するのも面倒なくらい主力に負傷が続出した。
アネルカもシーズンを通じてコンディションが悪く、
期待のベナユンは序盤の怪我でほとんど活躍できず。
ドログバがマラリアにかかったりと散々だった。

しかし、その背景には構造的な要因もある。
まず選手の年齢がかなり高くなってきている。
今でも中心選手はモウリーニョ時代からのもの。
スタメンのほとんどは30歳前後になってしまっている。

しかも、チェルシーのメディカルは質が低い。
ベナユンが負傷時に文句を言っていたように、
選手の状態をきちんと把握・管理できていない。
シーズン途中のコーチの解任にもみられるように、
成金らしい偏った金の使い方のツケが出ているようだ。
今までは選手の若さと選手層の厚さで誤魔化していたが、
それもとうとう限界に来たようだ。

選手層の薄さは事前に分かっていたこと。
事前にもアタッカーと守備的な選手が不足していたのは明らかだった。
そこで冬の移籍だが、ダビド・ルイスはヒットだったものの、
落ち目のトーレスを取った判断も悪かった。
チェルシー相手に点を取るからライバルの弱体化狙いもあったのだろうが、
ストライカーとしては若くもない選手に大金を払うのは理解に苦しむ。
また、チェルシーに必要なのはストライカーよりも、
ボールを持って何かできるタイプの選手のはず。
ようやくカカの獲得に動き始めたが遅すぎた。


◆来季のプレミア予想

来季のプレミアも基本的な構図に変わりはない。
補強によってはチェルシーはある程度持ち直すだろうが、
選手の高齢化とメディカルの拙さを考えると優勝は微妙。
リバプールの復活がどの程度のものかは興味深いが、
金がないのは相変わらずで、オーナー交代などがなければ優勝争いは難しい。
アーセナルもあの監督の間はあのまんまだろう。
マンCもモウリーニョぐらいを連れてこないと優勝はない。
あるいはテベスを残留させたうえで、もう少し補強し、
アンチェロッティあたりを連れて来ればなんとかなるかもしれない。

meitei2005 at 11:05|PermalinkComments(12)TrackBack(0) 欧州10-11