2013年07月

2013年07月29日

韓国対日本

東アジアカップ、1−2


・日本のスタメン

柿谷
原口、高萩、工藤
青山、山口
槙野、森重、栗原、駒野
西川


◆感想

試合には勝ったものの内容では完全に押されていた。
支配率55-45、シュート数11-6、CKにいたっては12-2。
前線からプレスをかけられないからラインが下がり、
ラインが下がるから更にプレスもかからなくなり、
ボールを奪っても位置が低くクリアしかできないという、典型的なパターン。
更に、槙野・原口・青山の左サイドを韓国は狙っていた。
しかし、栗原・森重は休養もあって動きが良く、
西川も最終盤以外は空中戦も含めて安定していた。

ザックの選手起用の意図は完全には分からないのだが、
当初は2戦目に選手を総入れ替えするつもりがなかったようなので(*)
おそらく1戦目にもスタメン起用したこの選手たちが、
ザックが最も見たかった選手だということなのだと思う。

特に優先度が高いのは1トップ、FWタイプのSH、CBのところ。
柿谷は点を取ったが、それ以外のプレーではミスが目立った。
工藤はこの試合では攻撃の機会はほとんどなかったが、
SHでしっかりやれることが分かった。
森重は空中戦も弱くないので、今野と競争になると思う。

山口はMVPをとるほどのできだったかどうかは分からないが、
この3試合で最も長い時間起用されていて、運動量は間違いない。
西川はも上で書いたように安定していた。

逆に、上で挙げた選手以外はイマイチだった。
原口は戦術理解が低く守備が駄目、
高萩はキープ力も守備力もない(不安定)、
青山も槙野も守備面での評価は低いだろう。


・交代策

槙野の交代は疲労だそうだが本当だろうか。
ザックも計算外と言っていたように、
SBが中6日で疲労交代では話にならない。

工藤->山田の交代は、第2戦でも起用された工藤が疲れており、
押される展開の中、斉藤との比較で守備ができる山田を起用。
また山田の再試験だった可能性もある。
少なくともスーパーサブとして斉藤が使える可能性があることは分かっている。
前にも書いたように、山田は良い選手だが、清武と比べると微妙。
この試合展開で違いを見せられれば評価も違っただろうが、
そこまでのインパクトを残すことはできなかった。

高萩->豊田の交代は遅すぎたぐらいだが、
守りに入る最終盤に高さと守備力のあるFWを投入するパターンはありえて、
豊田がその役割をこなせることの良いチェックになったと思う。


(*)このあたりにも、ザックのコンディション管理のルーズさが透けて見える。
日本の夏に4連戦して、中3日・中2日で連戦できるはずがない。
コンフェデ直前のイラク戦も、本当に何も考えていなかった可能性が高い。

meitei2005 at 13:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0) ザック・ジャパン 

2013年07月27日

日本対オーストラリア

東アジアカップ、3−2


・日本のスタメン

豊田、大迫
山田、扇原、高橋、斉藤
徳永、千葉、鈴木、森脇
権田


◆感想

ザックは選手の疲労から総入れ替えを行ってきた。
Jリーグ4連戦直後なので、それも当然だろう。
初戦の中国戦よりも全体の動きが良くまとまっていたが、
チームとして練習できる時間が比較的多かったということの他に、
単純にこの試合のメンバーは休む時間が多かったこともあったと思う。

しかし、初戦の中国戦と同じように失点を重ねてしまった。
1失点目は千葉が前に出たのにボランチがカバーしていなかったが、
これは高橋と山口の意思疎通のミスかもしれない。
2失点目は単純にCBの能力の問題で、
前に出たにもかかわらずあっさり裏を取られた鈴木と、
シュートレンジでまともに寄せられなかった千葉。
鈴木は後半35分にも外に出た千葉のカバーができなかったり、
千葉は前に出てあっさり裏を取られたり、
空中戦でも勝てないなど散々だった。

一方で、豊田・大迫の2トップにしたことで前線からの守備は大きく改善。
ザックジャパンが狙い通りのショートカウンターを見せたが、
ベストメンバーを含めてこうした場面にお目にかかるのはめったにない。
この2トップは攻撃面でも連携の良さを見せ、豊田が大迫に2アシスト。
この他にも大迫スルー・豊田落とし・大迫シュート、とか、
大迫が下がって受けて前を向いて豊田にスルーパス、なども見せた。
更に二人とも空中戦で競れるため、ルーズなボールでも簡単には跳ね返されない。

ザックは試合後に得点が取れなかった豊田を褒めていたが、今更感が尋常ではない。
多くの人が豊田を推薦していて、昨年既にJで得点ランク2位。
いったいJリーグの何を見ていたのだろうか?
ともかく、大迫と共にアピールできたのは間違いない。

山田は単独での突破はないものの、良いクロスを数本。
しかし、守備ではマークの受け渡しがおかしいことが多く、
前の試合の原口もそうだが、ザックの指示を消化できていないのだろうか。
また、比較対象が清武だとすると、さほど違いを見せられたとも思えない。
FKを左足で蹴ったのは何だったのだろうか?

斉藤は見事な得点の他にもドリブル突破を何度か見せた。
右サイドで起用された分、少し見せ場が減ってしまったかもしれない。
スーパーサブとしてなら乾より良いかもしれない。

扇原は良いパスも見せたが真っ先に交代。
ザックは疲れた選手を交代させたと言っており、遠藤は例外としても、
ボランチは守備力・運動量を最優先に考えている模様。

meitei2005 at 13:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ザック・ジャパン 

2013年07月24日

日本対中国

東アジアカップ、3−3


・日本のスタメン

柿谷
原口、高萩、工藤
青山、山口
槙野、森重、栗原、駒野
西川

◆個人中心の感想

急増チームなので、戦術面などで話すこともあまりない。
原口のサイドでのマークの受け渡しや中に絞ったときの守備は酷かったが、
これは個人の戦術理解の問題だろう。

良かったのは工藤が岡崎のバックアッパー/ライバルとなりそうなこと、
Jリーグ4連戦明けの蒸し暑いコンディションで全体の動きが落ちる中でも
山口は相変わらず運動量の多さを見せたこと。

柿谷はボールを持った時のプレーは流石だし、
1トップに慣れたのかポストプレーや
ゴールにもなったストライカーらしい動きも見せた。
しかし、あまりに守備への貢献が少なく、
日本が同点に追いつかれる原因になったと思う。
前田との比較では、サイドでボールを受けた時や、
DF裏に走りこむ際のスピードで上回っているのだが、
やはり守備面と高さで劣っている。

高萩も攻撃面ではところどころで良さを見せたし、
前半の前半は積極的にプレスをかける場面も見られたが、
後半途中からはぱったりと足が止まってしまった。
また、複数の相手に囲まれるとあっさりとボールを失ってしまう。
本田は当然として中村を上回るかも微妙。

原口はスペースがないと活躍できない。
カウンター要員として考えるなら乾より良いかもしれないが、
追いつかなくてはいけない展開だと使えないだろう。

槙野はアシストもしたが2失点に絡んだので印象が悪い。
2失点目は彼のクリアが小さくて速攻を喰らったし、
3失点目はボールウォッチャーになって後ろに走りこむマークを完全に離した。
やはりDFとして高い評価は得られない。

1失点目のPKを献上した栗原は、
むしろその前のクリアを相手に渡してしまった方が問題。
PK自体は、ペナ内で1体1を仕掛けられたら、
DFが圧倒的に不利なのでPKを与えても仕方ない
(もちろん中国相手なら止めて欲しいところだが)

こうしてみると、イタリア戦の今野のクリアミスからの失点といい、
DFにボールをつなぐ意識が強すぎるのかもしれない。

駒野はPKを与えたし3失点目は良いクロスを上げられてしまったが、
後者は良い形でサイドに展開されてしまったので厳しかったと思う。
(もちろんクロスが悪かったのは彼個人の問題だが)
これは、上でみたように中央で相手のCB・ボランチに対して、
柿谷や高萩が全くプレッシャーをかけられなかったため。

今のチームだとSBはかなり中に絞ってラインを形成するため、
良い形でサイドに展開されるとどうしても寄せが遅れてしまう。
このあたりはチーム戦術と選手起用の不整合性が原因。
また、真っ先にボランチを後退させるという謎采配。
これで2トップの交代が後回しになり、
守備が機能不全になってしまった。

meitei2005 at 13:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ザック・ジャパン