欧州12-13

2013年05月25日

12-13のプレミアを振り返る

今期の予想は、マンチェスターの2チームの優勝争いで、
ひょっとしたらチェルシーが絡むかもしれない、というものだった。
4位以内にはチェルシーは入るが、アーセナルは危ないと思われた。


◆マンチェスター・ユナイテッド(勝点89、28勝5敗5分け、86得点43失点)

想像以上の独走で優勝を決めたマンU。
34節に優勝が決まってしまったため、
アーセナル・チェルシーとの試合があったとはいえ、
ルーニーをあまり起用しなかった・できなかったこともあり、
その後の4試合は1勝2分1敗とイマイチだった。
それでも昨期の優勝勝ち点89、一昨期の80、それ以前の数字と比べても、
今期の勝ち点89というのは良い数字だった。

この独走の原因は、シティが想像以上にだらしなかったのと、
特に守備陣が揃わない前半戦であまり勝点を落とさなかったことだった。
失点43は優勝チームとしてもマンU自身としても、ここ数年で最悪の数字。
予想された通り、特に守備陣の揃わない前半戦で失点を重ねた。

ただマンUにとって幸運だったのは、この時期にファン・ペルシーが好調だったため、
点も多く取れてあまり勝ち点を落とさずに済んだこと。
ファン・ペルシーはシーズン中盤で調子を落としてしまったが、
その時には守備が大分改善されていた。

また、今期は香川の加入で4−4−2以外の陣形にも挑戦したが、
案の定上手くいかず、香川の負傷離脱もあって4−4−2に回帰。
香川復帰後も4−4−2を維持して香川を左SHに起用することが多く、
この妥協案でなんとか上手く回すことができた。

香川がフィットしてからは中央での細かい崩しも機能して、
特に引いて守る格下のチームを効率よく崩すことが可能になった。
一方、強豪相手や苦戦が予想されるアウェイでは香川を先発から外し、
しっかり固めて速攻で点を狙う手堅い戦い方だった。
ドルトムントでトップ下をやっているときには気にならなかったが、
プレミアのSHとしては、攻撃時にポジションを大きく動かすこともあり、
香川の守備力が低かったのも事実。
ただ、復帰後は体も大きくなり、守備でも改善されたように見える。

香川と良い相性を見せたルーニーは、起用法の問題もあってイマイチ。
確かにマンUに良いCHが少ないので彼がそこに起用されるのも仕方ないのだが、
CHとしては特に守備面での問題が多かった。

結局CHではキャリックが孤軍奮闘。
また、ルーニーと共に最も上手く香川を使える選手でもあった。
ベンゲルが、裏切り者のファン・ペルシーを推したくないこともあるのか、
MVPに彼の名前を上げるほどの活躍だった。
逆に言うと、彼ぐらいしかシーズン通して活躍した選手がいない。
後はエブラとファン・ペルシーぐらいだろうか。

逆に言うと、これぐらいしかシーズンを通して活躍した選手がいないのに、
圧倒的に優勝できてしまうほどマンUの選手層は厚かった。
(エルナンデスの出場時間当たりの得点数は驚異的)
マンCやチェルシーとの最大の差はここにあったと思う。

なお香川に関しては、怪我による離脱が無ければ合格点だったと思う。
6ゴール3アシスト(goal.com)は多くないように見えるが、
20試合出場17試合先発、1356分という出場時間の短さを考えれば、
時間当たりのパフォーマンスは決して悪くない。
おそらく比較対象は同チームのバレンシア・ヤング・ナニ、
マンCのシルバ・ナスリ、チェルシーのマタ・アザールあたりになるが、
バレンシア(2326分)ヤング(660)は1点で、ヤング(1430)は0点。
シルバ2597分4点、ナスリ1937分2点、マタ2832分12点、アザール2721分9点。
今期のマタは相当活躍した印象があるが、
時間当たりのパフォーマンスでは香川は同等の結果を残しているように見える。
(但し、相手が弱い時に出場した傾向があるので、若干割り引く必要はある)
もちろん出場時間はチーム戦術や選手層の影響もあるのだが、
上でも書いたように香川の守備面が不安視されているのも間違いない。
守備面で新監督の信頼をどれだけ得られるかが重要だろう。


◆マンチェスター・シティ(勝点78、23勝9分6敗、66得点、34失点)

シーズン途中で優勝争いから脱落したマンC。
理由は明白で、得点が取れなかったこと。
そして、その原因はSHが足りなかったから。
特にナスリとシルバに負傷が続き、
2人がスタメンで揃ったのは13試合しかなかった。
その13試合では8勝3分2敗、32得点15失点とそこそこ。
逆に言うと、残りの25試合で34点しか取れなかった。

そこでテベスをサイドに使ったり、最後には3バックを試したりしたが、
選手が足りないのだから監督にできることは限られている。

この問題はシーズン前から指摘されていた。
買える選手が少なかったのかもしれないが、
アザールや香川を買おうとした形跡もない。
流石にお金がなかったんでしょうか。

あと、コンパニがフル稼働できなかったのも地味に響いたかもしれない。

なお、ANCでトゥレが離脱するのが懸念されたが、
コートジボアールが決勝T一回戦で敗れて離脱が4試合で済んだこと、
その4試合も2勝2分とそこそこだったことから、
それほど影響は大きくなかったようだ。


◆チェルシー(勝点75、22勝9分7敗、75得点、39失点)

予想された通りの3位でのフィニッシュ。
案の定トーレスが駄目で、優勝争いはできなかった。
そこでデンババをシーズン途中で獲得。
その時点のデンババは20試合13得点でリーグ得点3位だったのだが、
チェルシー移籍後は14試合で2得点しかできなかった。
本人の問題なのか、周りとのコンビネーションの問題なのか、
それともトーレスとの不可解な併用が悪かったのか。

マタとアザールは得点もアシストも多く十分な活躍。
ただ、オスカルはやはりまだ若くてイマイチだった。
結局、後半戦はランパードが復活してなんとかすることに。


◆アーセナル(勝点73、21勝10分7敗、72得点、37失点)

流石に今年は危ないだろうと思われた4位の座だが、
トッテナムの失速もありギリギリで4位フィニッシュ。
こうなると、逆にベンゲルは凄いんじゃないかという気がしてくる。
(もちろん、あの選手層で4位に入るのは普通に偉いんですが)

今年のヒットはカソルラ。
やはり小さくて小回りの利く上手い選手はプレミアでは活躍しやすい。
昨期補強したアルテタとメルテザッカーも地味に貢献。

ただ、それ以外は相変わらずイマイチ。
チーム内得点王は14得点のウォルコットだが、
相変わらず怪我が多くてフル稼働はできない。
(彼にしては出場時間は多かった方だが)
その他のジルーやポドルスキもそこそこだった。


◆トッテナム(勝点72、21勝9分8敗、66得点46失点)

呪われているかのように今期もCL出場権を逃したトッテナム。
ただ、元々が実力不足なのでしょうがない。
攻撃ではベイル頼みで、彼が絶好調のうちは良かったが、
彼が負傷離脱するとあっという間に失速してしまった。

守備面ではヴェルドンゲンとドーソンがスタメンで揃った試合では、
19戦19失点とそれなりだったのだが、
その他の試合で19戦27失点と失点が増えてしまった。
あと、APVがラインを上げる守備を採用したため、
GKはフリーデルからロリスに代わったが、
この切り替えはそれなりに上手くいった。

meitei2005 at 15:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月30日

マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトンFC

プレミア24節、2−1。

・マンUのスタメン

ルーニー、ファン・ペルシー
香川、アンデルソン、キャリック、ウェルベック
エブラ、ヴィディッチ、スモーリング、ジョーンズ
デ・ヘア


◆簡単な感想

マンUはボール保持率で互角、シュート数で下回るなど後半の内容が悪かった。
その原因は右SHで起用されたウェルベックが機能しないこと、
アンデルソンが相変わらず不安定でプレスの的になったこと、
前半飛ばしすぎで後半の前半に、特にルーニーの動きが落ちたことなど。

その中では香川は割に頑張っていたのだが、なぜか真っ先に交代させられた。
大事にされているのか、終盤の空中戦を考えたのかは不明。

今期のマンUは当初さまざまなシステムに挑戦して不調。
何年か前から特にCLで4−4−2以外のシステムに挑戦するものの、
監督and/or選手が脳マッチョで使いこなせたことがない。
CLで勝った07-08年は4−4−2で成功している。

この試合では香川は4−4−2の左SHに入ったが、
ルーニーとファン・ペルシーがいる間はこれがベストだろう。
香川(とギグス)以外のSHは縦ベクトルしかないので、
香川がいないと中盤での組み立ててルーニーに負担がかかってしまう。

香川個人はアシストもしたし調子も悪くはない。
やはり彼のようなサイズで俊敏性のある選手をプレミアの選手が捕まえるのは容易ではない。
ただ、守備で若干寄せが甘いのが気になる。
ドリブルで体をぶつけられたときに飛ばされるのを警戒しているのだろうか。

meitei2005 at 15:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年09月02日

今期のプレミア予想

毎年似たような話になりがちですが。。。

今期も基本的には前期と同じ構図でマンチェスターの2チームが抜けている。
ただし、チェルシーが久々の補強で優勝争いに絡む可能性がある。
念のために書いておくと、トットナム、ニューカッスル、リバプールも優勝はない。
今期はアフリカ・ネーションズ・カップ(ANC)があるが、
その対策が取れているかもポイントになる。


◆マンチェスター・シティ

今期も優勝候補の筆頭。
CLでは厳しいグループに入ってしまったが、
逆に言うとここで早期敗退するとプレミア優勝の可能性は高まる。
もちろん、CLとプレミアの両方を戦える選手がそろっているのだが、
後でみるようにSHだけは心もとない。

アグエロがいきなり負傷してしまったが、
重症ではなかったし、FWは層が厚いので問題ない。
左SBの控えにはコラロフがいるし、
CBもコンパニー・レスコット・コロトゥレと3枚揃い、
ANCでコロトゥレがいなくても、ナスタシッチやボヤタもいる。
CHもヤヤ・トゥレがいなくてもミルナーを使える。
なお、CHではデヨングを放出してロドウェルを獲得している。

もともと選手層が厚かったため移籍市場では大人しかった、
かと思いきやなぜか最後の最後にマイコンを獲得。
昨期は右SBのスタメンはマイカ・リチャーズで控えがサパレタだったが、
今期はマイコンとリチャーズを併用するのだろうか。
今月中にはリチャーズは復帰できるはずなのだが…

層が薄かったSHではジョンソンを放出してシンクレアを獲得した。
これでSHはナスリ・シルバがスタメンで控えがシンクレアとミルナー。
ミルナーの攻撃力はいまいちなので、マイコンをSHで使うのだろうか。
ここがマンCの唯一の弱点になりかねない。


・主な放出(レンタル含む)

A・ジョンソン(サンダーランド)
デヨング(ミラン)

・主な獲得(レンタル復帰含む)

マイコン(インテル)
ロドウェル(エバートン)
スコット・シンクレア(スウォンジー)
マティヤ・ナスタシッチ(フィオレンティーナ)
デドライク・ボヤタ(ボルトン)


◆マンチェスター・ユナイテッド

ルーニーの長期離脱やDF陣の負傷で序盤は苦労するだろうが、
マンUもそれなりに戦力は整っている。
ANCで使えなくなる主要な選手もいない。
第3GKがいないのは謎。何かの間違いだろうか。

やはり問題はMFということになりそうだ。
SHはバレンシア・ナニ・ヤングだが、全員ベクトルが縦に偏っている。
香川かルーニーをここに回すしかないと思うのだが…
CHもイマイチで未だにスコールズやギグスに頼らざるをえない。
フレッチャーも病み上がりでどうなることやら。

今期のマンUは、プレミアで強豪相手やCLでプレスを主軸にすると面白いと思う。
香川は当然ながら、ファンペルシも意外と献身的。
SHをルーニー・バレンシアにすると、スピードがあってプレスがかかる。
後ろはスモーリングを右SBにすれば守備力も高い。
ただ問題は前線の代えがあまりいないことと、CHの守備力。
(ナニ・ヤングは守備能力・意識が低い)
これも昔から言っていることだが、守備的なCHを補強しないのは理解に苦しむ。
また、パクを移籍させたことも響いている。

ファンペルシ
香川
ルーニー、〇、〇、バレンシア
エブラ、ヴィディッチ、ファーディナンド、スモーリング
デヘア

・主な放出

パク・チソン(QPR)
オーウェン
ベルバトフ(フルアム)

・主な獲得

香川(ドルトムント)
ロビン・ファン・ペルシ(アーセナル)


◆アーセナル

例年ヤバいヤバいと言われ続け、そろそろ狼少年の嫌いもないでもないが、
今期こそ4位に入れない可能性が高いと思う。
とはいえ、4位争いのライバルも大したことがないので、
4位になる可能性も結構あるのだが…

昨季はファンペルシの大爆発とロシツキの復活とソングの成長、
そして何よりチェルシーの停滞という幸運があったが、
今期はその全て要素が失われてしまっている。

少なくともポドルスキはフィットの時間がかかりそうで、
パスは回っても肝心の点を取る人がおらず、現に点がとれていない。

・主な放出

マヌエル・アルムニア(ワトフォード)
アレクサンドレ・ソング(バルセロナ)
ロビン・ファン・ペルシ(マンU)
ニクラス・ベントナー(ユヴェントス)

・主な獲得

アンドレイ・アルシャヴィン(ゼニト)
サンティ・カソルラ(マラガ)
ルーカス・ポドルスキ(ケルン)
オリヴィエ・ジルー(モンペリエ)


◆チェルシー

CL獲得とドログバの移籍で時代の変わり目にあるチェルシー。
今期は選手補強の成功でプレミアでトップ4には入りそうだ。
ただし控えの力が落ちるのも事実で、プレミアとCLの両方を戦うのは厳しい。

前から言っていたように、チェルシーは守備は堅かったものの、
前線でボールを持って何かできる選手が少なかった。
しかし、マタに加えて今季はアザールとオスカルを獲得。
これで速攻・遅攻両方の攻撃パターンが増えそうだ。

こうなると、他のポジションもそこそこ選手がそろっている。
CBはテリー・ルイスでケイヒル・イヴァノビッチが控え、
SBはイヴァノビッチとコールで、
アスピリクエタ・フェレイラ・ハッチソン・バートランドが控え。
ルイスは相変わらず軽いプレーが多いが、なんとかならないものだろうか。

やはり課題はCFだろう。
トーレスが復調の気配を見せているが、シーズン通してどれだけやれるか。
スタリッジも信用できないし、微妙なところだ。
モーゼスやカクタもCFタイプではない。


・主な放出

ジョゼ・ボジングワ(QPR)
マイケル・エッシェン(レアル・マドリード)
ディディエ・ドログバ(上海申花)
サロモン・カルー(リール)

・主な獲得

アスピリクエタ(マルセイユ)
オスカル(インテルナシオナル)
エデン・アザール(リール)
ヴィクター・モーゼス(ウィガン)
ガエル・カクタ(ディジョン)


◆番外編:サウザンプトン

吉田の移籍で注目されるサウザンプトン。
ラインを上げる割にCBのスピードと俊敏性が低く、
吉田が起用される可能性はかなりある。

meitei2005 at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2012年08月22日

エヴァートン対マンチェスター・ユナイテッド プレミア1節 1−0

香川がマンUとか感慨深いですね・・・


・マンUのスタメン

ルーニー
香川
ウェルベック、スコールズ、クレバリー、ナニ
エブラ、ヴィディッチ、キャリック、バレンシア
デヘア


・エヴァートンのスタメン

フェライニ、イェラヴィッチ
ピーナール、ネヴィル、ギブソン、オズマン
ベインズ、ディスタン、ジャギエルカ、ヒバート
ハワード


◆香川のプレーについて

モイーズの空中戦殺法が見事だったとか、
ルーニーはまたもエバートン戦で活躍できなかったとか、
ナニが相変わらず使えないとか、
色々話の種はありますが、大体言い尽くされているだろうから、
簡単に香川のプレーについて。

香川は基本的には上出来のデビュー。
簡単にパスをつないで決定的なラストパスを3つ出した(37,45+1,48min)
確かに自分で仕掛けるプレーは少なかったが、
そもそも香川はペナ外から仕掛けるパターンはないし、
ペナ内は当然マークがきつくてパスはなかなか来ない(49,77,78は例外)

課題はゴール前に走りこむスピード(7,49,78)とDF裏に走る回数。
マンUはシーズン前の興行が響いたのか全体的に動きが鈍かったが、
その中では比較的香川は動きが良かった。
しかし、体調の問題が連携の問題か分からないが、
自分が得点を取れる場面でのスピードが足りなかったし、
DF裏に抜ける動きもほとんどなかった。
どのポジションで出るにせよ、ルーニーが下がってくるプレーもするので、
そことの入れ替わりでDF裏に抜けるプレーは増やした方がいい。

後半から大分相手に動きを予測されていて、
特にネヴィルがぴったりマークしてきてパスが入らなくなっていた。
昨期のアウクスブルグ戦でも細貝にマークされると活躍できなかったが、
やはりブンデスのCHは守備が下手なやつが多いのだろうか?
相手に慣れられないためにもDF裏に抜ける動きは増やしたい。

守備の献身性は相変わらず。
必ずボールサイドに寄せ、何度もボールを奪った。
しかし、そこから速攻に持ち込む場面はなかった。
このあたりは守備位置も含めた周りとの連携次第か。


◆エバートンのサイド攻撃とマンUのカウンター

エバートンはマンU相手とは思えないほどSBを上げて攻撃してきた。
特に右サイドはオズマンが2回ゴール前でフェライニの落としを受け
決定的なシュートチャンスを迎えたことから分かるように、
オズマンがゴール前に入り空いたサイドにヒバートが上がってきた。
そこにウェルベックは真面目について下がってきていた。

通常、カウンターを考えたらこれだけSBを上げるのは怖いが、
SBが上がってクロスを上げるとチャンスになっていて、
カウンターをくらう可能性が低かったので割に合った。
ただ、48分のプレーにもあったように、
跳ね返されてカウンターを喰らうと大ピンチも招いた。
逆に言うと、マンUのDFがもっと強固であれば、
カウンターから得点する可能性は高かっただろう。


◆香川のプレー

7分。香川が中盤で1人股抜きでかわして縦パス。
ルーニーがDF裏に抜け出てPA内右側から折り返すが、
香川の前にネヴィルが入ってクリア。

21分。クレバリーからの縦パスがルーニーへ。
ジャギエルカが寄せるもワンタッチで中で並走する香川へ。
ディスタンが寄せるがワンタッチで後ろに回り込んだルーニーに落とす。
少しパスがズレてカットされた。

37分。香川がスコールズと縦関係でワンツー。
後ろ向きで少し後ろに移動して、再び両CHの間でパスを受ける。
慌てて寄せる両CHを外して一呼吸おいて、左前のルーニーに縦パス。
ジャギエルカを引き出してルーニーはワンタッチで落とし、
ジャギエルカのスペースにウェルベックが走り込み、香川の縦パス。
少しパスが足元に入ったため少しもたつく間にDFに寄せられ、
倒れながらのシュートはゴール右に外れる。

45+1分。香川が左サイドでボールを受けて、中に切り込みながらクロス。
ルーニーがニアでヘッドも左に外れる。

48分。ヒバートのクロス、フェライニの落とし、
オズマンのシュートがバーを叩いた場面のカウンターから。
香川がボールを拾いネヴィルにカットされるもクレバリーが拾う。
パスを受けたナニがワンタッチで香川に入れ、前を向く。
ウェルベックがダッシュでDF裏に走りスルーパスが通るが、
ジャギエルカにタックルされ、ぎりぎりクリアー。

49分。右サイドでベインズにバレンシアが寄せ香川がボールカット。
バレンシアに落とし中央のルーニーに斜め前のパス。
ワンタッチでルーニーと香川がワンツースリーで香川がDF裏へ。
しかし、ジャギエルカが戻ってスライディングでクリア。

66分。バレンシアのクロスに被った香川の前にボールがこぼれる。
クレバリーに落とすが、シュートがDFにブロックされる。

77分。PA内左サイドでエブラから縦パスを受けるもワンタッチで戻す。

78分。右サイドでDF裏に走りこむファン・ペルシーにヤングが縦パス。
DFの股を抜いてグラウンダーを入れるが、香川が間に合わず。

meitei2005 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)