2017年07月30日

クラビの日常 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (15)

IMG_3821

クラビタウンはタイの日常を楽しむところ。
観光客には便利だけれど、それほどすれていない。物価もそこそこ安い。

IMG_3825

朝ご飯は、マハラジ市場近辺で。だいたい10時半から11時頃までやってる。
新鮮な生鮮食品を冷やかしながら、お土産用のカシューナッツを購入。
そして、市場の食堂で朝食。時々、市場の外にあるジョーク(おかゆ)屋さんにも行ったりする。

IMG_3839IMG_3838

ウィークエンドマーケットが行われる広場の東通りにいつも止まっているクラシックカー。
メルセデスが2台とフォードが1台。動いていることを見たことがない。
自分は、いすゞのD-MAXが好き。

IMG_3806

そのウィークエンドマーケット。最近は外国人向けの様相が強くなってきたかな。
ご飯を食べるなら、クラビ川沿いにある川沿いナイトマーケットの方がゆっくりできる。

IMG_3820IMG_3816  

2017年07月29日

元旦のアオナン 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (14)

IMG_3734

元旦、いつものお雑煮をいただいた後、ソンテウに乗車し、アオナンビーチへ向かう。

IMG_3774IMG_3771

お正月なので、西側のノッパラッタラビーチはローカルの人たちで大賑わい。一本しかない道路は渋滞を起こしている。

IMG_3748IMG_3769

ローカルの人たちは、海に入るわけでもなく、家族で、友人で食べ物を持ち寄っておしゃべり。
日本の花見みたいな雰囲気。

IMG_3767IMG_3764IMG_3753

IMG_3757IMG_3750IMG_3751

ビーチロード沿いには、屋台がいっぱい。食べ物はもとより、家具やら生活雑貨やら、ありとあらゆるものが・・・。こんなところでベッドなんて売れるんだろうかといつも不思議に思うけど、きっと、売れるんだろうな・・・。

IMG_3780

アオナンビーチは観光客がのんびりしてる。

IMG_3792

マッサージをして、夕陽を見てタウンに帰ります。
何もしないのも、クラビの過ごし方・・・。
  
Posted by meitetsu3500 at 22:30Comments(0)クラビ

2017年07月28日

新年恒例 大タンブン大会 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (13)

IMG_3703

初日の出後、K総帥とともに、タウン中心部に移動。
そこにはもう、新年のタンブン(喜捨)を行うべく、人が大勢出てワットプラケーオから降りてくる坊さま達を今か今かと待ち構えていた。

IMG_3670

市内中央の道路が完全にタンブンスペースになるため、警察も警備に出動している。

IMG_3671

列は長さ150メートルくらい。また寺の前の南北にもそれぞれ50メートルくらいの列ができている。郡上の徹夜踊りを思い出す。

IMG_3673IMG_3684

坊さま達を待つ人たち。皆、各々タンブンの品を用意している。正月ということもあり、家族総出で参加し、中には着飾っている人もいる。
寺から音が聞こえてくると、合掌・・。

IMG_3691

ちょうど寺の前にあるT字路で撮影。けっこう壮観な眺めだ。

IMG_3689IMG_3687

新調した船や、パッカー車の新車も勢揃い。こちらは、日本でいうと、寺や神社でお祓いしてもらうようなもの。


IMG_3712

時間になると、長老を先頭に丘の上にある寺院から坊さま達が降りてくる。
IMG_3722

年長者の後に、小坊主さん達。




動画も撮ってみた。日常的に行われているため、けっこう慣れた感じで事務的にタンブンの儀式は進む。


IMG_3727

終わった後は、タンブンの品は麻袋などに入れられて回収され、終了。
集めているのは報徳会のようなボランティアと思われる。  

2017年07月27日

初日の出 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (12)

IMG_3576

IMG_3622

IMG_3652

IMG_3632

前日のどんちゃん騒ぎの興奮から一夜明け、クラビ川での初日の出。
プロカメラマンのK総帥にご一緒させていただく。事前に日の出時間を教えてもらい、なんとか起きて、明るくなりつつある川で待機。

そういえば、生まれてこの方、初日の出というものを見たことがない。
よってコレが我が生涯での”初”初日の出。  

2017年07月25日

くるくるきらきら 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (11)

IMG_3535

クラビに2泊。
天気も良く、ワットケーウの夕景が素晴らしい。

年末のクラビタウンと言えば、ニューイヤーマーケット。
官庁があるエリアに大きなマーケットが開かれるもので、毎年このマーケットに赴いている。
クラビオールスターズ(クラビ常連組の日本人旅行者群)では通称「くるくるきらきら」と呼ばれている。あ、「くるくるぴかぴか」だったかもしれん、まぁ、どっちでもいいや。ちな、会場内のあちこちにある電飾や会場奥の子ども向け移動遊園地が輝いているからこういう呼び名になったとか。

IMG_3540IMG_3544

様々な露天が出るが、いつも行くのはCD屋、サッカーユニフォーム屋、Tシャツ屋くらい。
あと、赤十字・赤新月社による大抽選会。
2015年末のマーケットの様子を紹介する。

IMG_3573

これはご存知、虫屋。食用の虫を売っている。

IMG_3545

CD屋。タイポップのCDを扱っている。MP3フォーマットでその年に流行ったタイポップやら、人気歌手別やらを多々扱っている。たぶん、タイ的にもイリーガル。3枚で80バーツほど。

IMG_3556

メインステージはトヨタがスポンサー。
大晦日はステージで盛り上がるが、前日は一部クローズド。

IMG_3555

ヘビ女ショー。おそらくミラーのトリックを使った見世物小屋。
噂には聞いたが、クラビでは初めて見た。10バーツ。中には入っていないけど。

IMG_3549

こちらは、人間的当て。
といっても、当てるのは小さな赤い円盤部分。
コレにあたると、水着を着た女性が水を張ったドラム缶に落下する仕組み。
動画も撮ったのだけど、ある意味非常に下品なので割愛。
これもクラビでは初めて見た。

IMG_3562IMG_3565

メインイベントの大抽選会。
毎回、バイクを当て、クラビで預かってもらい、自分が来たときだけ自由に乗る・・・なんてことを妄想し、意気込むのだが、全くあたらない。
それでもクラビオールスターズの中では唯一大物である『ゴミ箱』を当てたことがある。

IMG_3559IMG_3560

この年の1等はトヨタハイラックスダブルキャブ、そして2等は同じくトヨタのヤリス。

IMG_3557

100バーツ払い、5回くじを引く(1回20バーツ)が・・・。

IMG_3568

すべて残念賞。
賞品は石鹸類。それでも何ももらえないよりはマシ。すべて、さくらクラビさんに寄付。

IMG_3564IMG_3563

隣では冷蔵庫を当てた人がいた。やっぱ、あたる人はあたるんだ。

IMG_3569

カウントダウン後は花火大会。
サワディーピーマイカップ!  

2017年07月23日

秘密の場所 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (10)

IMG_3308

ピピ島、埠頭を中心に東西に延びるメインストリートを東へ向かい、チャオコーレストランを過ぎ、しばらく行くと少し海にせり出した坂になっている場所がある。
ずっと気づいていなかったが、この坂の頂上付近に海と反対側に小径があり、奥へ進んでみると祠があった。

IMG_3298

その祠から海側を見ると、まぁまぁの景色。
そして、祠がある場所から1メートルくらいの距離に建物の屋根が・・・。
これが、以前触れたことのある建設中(再建中)の建物の屋根と思われる。

IMG_3306

せっかくなので、ジャンプして屋根に登ってみる。おそらく日本だったら、住居不法侵入。しかしここはタイ、怒られたらごめんなさいと謝ろう。たぶん大丈夫だと思うけど・・・。

IMG_3305

屋根の上は暑いけれど、景色は悪くない。いつも見ていた景色より、少し角度が違う、プチプチビューポイントって感じ。
僕たちだけがこの景色を味わえる、特別な場所発見したって感じ。
次も来てみようかな。

IMG_3302

2017年07月21日

隠れ家ビーチ 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (9)

「ビューポイントからの健康ウォーキング」より
(トップ画は、ロングビーチから撮影したピピ・レー島)

IMG_3492

ダムをほぼ半周過ぎると、左に分かれる道が現れる。
右へ行けばそのままロングビーチに出られるのだが、左の道を進むと、坂道の先に海が広がっているのが見える。

IMG_3455

坂を下りていくと、そのままビーチに。
ビーチの名は「LOH MOH DEE BEACH」というそうな。意味はわからんが、DEEはGOODと言う意味なので、たぶん良いなんとか海岸なんだろう。

IMG_3459

どうも、猿が出るらしい。ピピ島の外れには猿も出るしトカゲも出る。ヘビは・・・見たことがない。

IMG_3470

とにかく、静かだ。という話できたのだが、この日はなぜか中国人団体客がスピードボートに乗って大挙として押し寄せていた。しかし、ビーチの一部で騒いでいるだけなので、それほど気にならない。
時間があれば、一人でゆっくり音楽を聴きながら本でも読んでいたい気分になる。

IMG_3463

一応リゾートがあるものの、麦酒を売っているかどうかは不明。
少し休憩して、ロングビーチへ向かい。再度ビール休憩。



IMG_3489

ロングビーチからは、いつもの山道を抜けて、トンサイへ。途中何箇所か休憩しつつ、1周4時間弱のお散歩終了。

IMG_3500IMG_3505  

2017年07月19日

ビューポイントからの健康ウォーキング 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (8)

IMG_3431

毎度おなじみ、ビューポイント。
年末年始はコージさんと同行することがほとんど。
毎年同じ位置、同じポーズで写真を撮ることがデフォとなっている。
そのコージさん、肺をやられたためダイビングが出来なくなり、ピピ島では健康のためひたすらウォーキングに徹している。
昨年末、裏側に静かなビーチがあることを教えてもらったので、ビューポイントを起点に一緒にそちらに連れて行ってもらうことに。

IMG_3438

ビューポイントは裏手から降りる。
去年は裏の料金徴収ゲートでは入山料の値上げに対応していなかった(あまりに突然のため)が、今年は同額に(当たり前か・・・)
なぜか、カリトスバーの冷蔵庫が放置してある。

IMG_3248

途中、鳥が・・・。七面鳥?

IMG_3440

山道をどんどんと降りる。
時折、バイクとすれ違う。ビューポイントへ向かう車両は、この道を通るほかない。
たいていこのあたりで、登ってくるファランとすれ違う。
案内が何もないので、ビューポイントはこっちかと必ず聞かれる。
だいたい自分たちが降りてきた時間伝えてやると、安心して笑顔で山を登っていく。
旅人同士の交流はよきかな・・・・。

IMG_3443

ロングビーチ方面へと続く道。ここでもビューポイントへ向かうツーリストとすれ違う。

IMG_3444

津波復興住宅。完成から10年以上が経ち、だいぶ馴染んだ感じ。
売店もあるが、麦酒は売っていない。


IMG_3449

ダムが見えてきた。
次回「隠れ家ビーチ」に続く・・・。  

2017年07月17日

まだまだ建設は続く 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (7)

IMG_3422

いつもの建設中のリゾート。
ピピ島訪島時にはいつも定点観測しているのだが、いったいいつ頃から手をつけたのか過去の記事を調べてみた。

IMG_3238IMG_3413

記事は
2011年末訪島時のものだが2010年頃には建設が始まっていたと記載がある。ってことは、6年以上も工事を続けているのか?これは、地形的に建設が難しいとかでなく、資金的な問題なのではと考える。もしかしたら、先に完成した1階部分の店舗家賃を上層階の建設資金に充てているのでは?


IMG_3336IMG_3335

建設資材が置かれているトンサイ中央部奥。
ブロックは道路に使われるものなのか、はたまた、建物や塀に使われるものなのか・・。
右はプリンセスリゾートのプール。
水が少ないピピ島において、源泉掛け流し(←ウソ)の贅沢な造り。
ファランに大人気のようだが、自分はこういうホテルよりかは、クリフリゾートのような静かでゆっくりできるホテルに泊まりたいと思う。


IMG_3325

新たにできたSOS通報機。
ボタンを押すと”誰か”に繋がるらしい。一体誰が助けに来てくれるのだろう・・。
そもそもこんなものを置かないといけないほど、ピピ島の治安も悪化したのだろうか・・。

IMG_3309IMG_3285

左ビーチロード(埠頭から右、東側)沿いの新築。おそらく立て直し。以前火事があった建物か?この新築物件については、後から再度別の視点で登場する。
右トンサイ中央奥の建物。ゲストハウスやら店舗やらがどんどんと建てられていく。2008年頃のようなピーク時の宿不足は殆ど解消されたようだ。  
Posted by meitetsu3500 at 23:00Comments(0)ピピ島

2017年07月16日

Pa-Noiレストラン 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (6)

IMG_3313

市場があったところに新しくできた巨大な屋根に包まれた商店街。
ちょうどピピインシュラホテルの正面。
まだ入居していないエリアもあるものの、西側の区画はほぼ完成していた。

IMG_3345

その入り口から2件目にあるタイ料理屋がPa-noi Thai Food。

IMG_3352

物価が高いピピ島にあって、かなり安い。ビアちゃんの大瓶がなんと70バーツ。ほぼコンビニ価格。


IMG_3349IMG_3348IMG_3350

一通りのタイ料理は揃っている。値段もそれほど高くない。

IMG_3347

ソムタムやラーブなどのイサーン料理も揃っている。トムセープ頼んだら、それもOKだった。
ただし、辛くしないでと頼まないと、とんでもない辛さになる。

IMG_3346

壁には旅行者の落書き(寄せ書きが)。イサーンとここだけで、ピピ島の食事は十分まかなえる。  

2017年07月15日

島の西側 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (5)

IMG_3219

トンサイの西の端、ロッククライミングをする崖の手前に、ピピクリフリゾートがオープンしていた。
最上級の部屋は、プライベートのジャグジー(プール)付き。
値段を聞いたら、1泊1万バーツまでは行かなかったが、けっこうなお値段。男一人で泊まるのはアリエナイ。
ここの辺りは中心部の喧噪から離れ、夜間のどんちゃん騒ぎ(主にローダラム湾側にある複数のクラブ)からも距離があるため、静かに過ごすことができると思う。

IMG_3222

ちょうどその裏の崖ではロッククライミングの最中。
きっと登っている人は楽しんだと思う。自分は好きこのんで筋肉痛にはなりたくないので、却下。

IMG_3228

カバナホテルの西側にあるピピ島では珍しい広大な空地。おそらくピピ島で一番平坦で広い土地。
芝生が貼ってありサッカーゴールが置いてあるのだが、ここでサッカーの試合が行われていた。
フィールドはけっこう凸凹で、ボールは時折ラグビーボールのような動きをする。パスとかドリブルもかなりのテクニックが必要だ。代表クラスもこういうところで鍛えれば、上手くなると思うが、その前に怪我をしそう。

IMG_3227

おそらく島内の選手権。おそろいのユニ着て、けっこう本気モード。
カップなんかも用意してあって賞金とかかかってるのかな?  

2017年07月13日

PHIPHI PARK PLAZA 2015-2016 ピピ島・クラビ旅行 (4)

IMG_3233IMG_3321IMG_3232

ピピ島ピアのすぐ前(西・左)、PHIPHI PARK PLAZA.
半年前より建物ができてきた。本気モードになればやれるみたいだ。
サイアムコマーシャルバンクの店舗スペースとATMのスペースも形になってきた。


IMG_3216IMG_3213IMG_3215

トンサイ湾(埠頭)から見て、左側がホテル棟、右側が店舗棟。
ホテル棟の方が早く完成しそう。次回訪島時には、銀行とともにオープンしているだろう。
そして埠頭から西へ向かう道路も合わせて整備が続いている。