西訪旅游 〜タイ ピピ島・クラビ・プーケット 諸々アジア旅のブログ〜

2004年12月26日にタイ南部ピピ島にてインド洋・スマトラ沖地震・津波を体験し、現地の人々による温かい援助により、無事帰国することができました。 以来、恩返しをする意味もこめて、ピピ島・プーケットのことを中心に主に旅行関係のブログを書いています。 メッセージは此方へ・・・。 notchsan@gmail.こむ

香港エクスプレスというLCCがけっこう安価でチケットを出しているので、ちょこちょこと香港に行く機会が増えた。2016年頃頃からのまとめ記事になるが、備忘録的にまとめて書いてみたい。 香港へ行くとついでに深圳にも立ち寄る。 深圳河で分かれるこの二つの地域を行き来 ...

空港の免税店・・・ほとんど興味はないが、スマートフォンだけはチェックの対象。 タイのスマホはSAMSUNGがメインで、OPPO、VIVO、HUAWEIなどの中国メーカーが後に続く。Appleについては独自の闘いといったところか。 空港内の免税店もほとんどそういった品揃え。しかし ...

3日間のプノンペン滞在を終え、バンコクへ。 スクンビットに宿を取ったのだが、今回は久々にチャイナタウンエリアに行くことに。 まずは、ホワランポーン(バンコク中央)駅。 計画によると現在北線・東北線と南線のジャンクションであるバンスー駅以北が都市鉄道建設 ...

日本にほとんどなくてアジア各地にあるもの。 それは市場。 いやいや、京都や金沢にそういうのあるでしょ・・と言った意見もあるが、庶民が毎日の生活に使う日用品や食料品が売られ、そして夜は地元民の集いの場となるのは日本にはない。 この市場巡りは海外旅行の楽しみ ...

プノンペン中心にある王宮。 プノンペン”陽”の観光地の中心と言って差し支えない。 ちな”陰”の観光地は、クメールルージュ関連その他諸々・・・。 よくよく考えてみたら、カンボジアは“王国”だった。 タイほど王様が全面に出てこないが、カンボジア・リエルのお札 ...

プノンペン市東部を南北に流れるトンレサップ川。 東南アジア最大級の湖、トンレサップ湖を源としプノンペン市の南郊外でメコン川と合流する。 川沿いは遊歩道として整備されており、昼夜を問わずプノンペン市民の憩いの場となっている。 トンレサップ川沿いの王宮広 ...

トンレサップ川に近いエリアは観光客も多く、レストランや飲み屋も多い。 泊まったホテルがちょうど飲み屋街のど真ん中で、部屋も通りに面していたので、一晩中賑やかな音楽や女の子達の歓声が聞こえてきた。 飲み代はお値段はタイより安い。しかしながら働いている女 ...

プノンペン初日に”負”の観光地を廻ったので、翌日は一日散歩。 バイタクなどに頼らずひたすら徒歩。 プノンペンのメインストリート”モニボン通り”。 プノンペンはかつては東洋のパリと称された。ポルポト時代さえなければ、もっと発展していただろうに・・。 こち ...

プノンペン・ロイヤル駅に赴く。 内戦よりズタズタになってしまったカンボジアの鉄路。 それが今、復活しようとしている。 プノンペンからシアヌークビルまでの列車が走り始めたのだ。 この時点ではまだ週末だけの運行だが、順次運行区間や本数を拡大していく模様。 タイ ...

望んでやってきたことはいえ、さすがに気が滅入る。 続いて郊外にある通称”キリングフィールド”。ポルポト率いるクメール・ルージュの処刑場である。 ここでは、美術館とかによくある解説用のIC音声案内機を有料で借りる。 正面にある慰霊塔。 近づくにつれ、中におびた ...

まだ朝10時過ぎだというのに、ホテルは簡単にチェックインし、部屋を使うことができた。 バンコクとかだとこういうわけにはいかず、2時過ぎまで部屋には入れないことが多いが、プノンペンはまだまだおおらかである。タイの田舎やヤンゴンでもたしかそうだった。 早 ...

この年の夏、タイ航空が安い。 しかもタイ往復が60,000円台なのに対し、近隣のASEAN諸国までが40,000円台前半、乗り継ぎ便に乗るほど安くなる。 日本〜バンコク〜ジャカルタといったかなり遠方までの路線や、日本〜バンコク〜マニラといった遠回りで逆戻りする ...

このブログを開設したのは2015年1月11日 本日14周年を迎えました。 最初は正直こんなに続けるつもりはなかったのですが、惰性でここまで来ました。 ピピ島のことを伝えたいとの思いで始めたのですが、悲しいことに2011年に日本でも震災津波が起き、多くの命が犠 ...

サッカー観戦から急ぎ向かったのはプラカノン。 知人がラーメン屋を始めたので、表敬訪問。 ラーメンは普通においしいラーメンだったが、この後、タイ特有の「日本人同士のトラブル」があり、閉店移転したらしい。同胞が信じられないのは、どこの世界も一緒か。 食 ...

入場前、スタンドの位置を完全に誤り、半周することに。 入場するとちょうど試合前の「国王賛歌」が流れていた。もちろん、選手も観客も全員直立不動。 この2チームは、タイで実力も人気もあるチーム。 スタジアムもスタンドでコレオグラフィが行われるなど、熱気を帯 ...

↑このページのトップヘ