西訪旅游 〜タイ ピピ島・クラビ・プーケット 諸々アジア旅のブログ〜

2004年12月26日にタイ南部ピピ島にてインド洋・スマトラ沖地震・津波を体験し、現地の人々による温かい援助により、無事帰国することができました。 以来、恩返しをする意味もこめて、ピピ島・プーケットのことを中心に主に旅行関係のブログを書いています。 メッセージは此方へ・・・。 notchsan@gmail.こむ

数年ぶりのクアラルンプール。 目的地はいつもと同じ、タイ・クラビなのだが、GWの時期は日本発のみチケットが高騰してちょっと手が出ない。そこで、羽田−KL−クラビと辿ることに。 ちなみに帰りはクラビ-スワンナプーム・ドンムアン-関空と完全な一筆書きルートだ。 すべ ...

クラビも年を追うごとに垢抜け、アオナンに集中していたツーリストもタウンに増えてきた。 類人猿交差点の薬局には、お土産コーナーができていた。 中国語の表記があることを見ると、ターゲットは大陸のお金持ち。 衝撃の自動販売機。しかもタッチパネル式。 日本で ...

天気も良く2年ぶりの初日の出を拝めた。 初日の出の後は、こちらも恒例、ワットケーオの大タンブン大会。 七時半になると、寺の方から坊様達が降りてくる。 敬虔な市民によるタンブン。 ファランの出家者もいた。 おそらく地元の有力者。年始から欠かさ ...

旧市場跡にできたアーケード。 正式には"PHIPHI THE ICON"というらしい。 建物が3列あって、東側と中央部の2階を”PANMANEE HOTEL”が占めている。 先回はここに宿泊したが、今回はいつものINSULA HOTEL。 PANOI RESTAURANTはじめ、お値打ちなお店が多いのも良い。朝食も ...

埠頭から右へ伸びる海沿いの通路。 メモリアル展示が行われたマーリンのオブジェや、”WELCOME FOR PP KRABI”の文字看板(かなり右<東>に移設された)があり、カラータイルできれいに舗装されているが、メイン通りの裏側にあたることもあり、何となくローカルな雰囲気を ...

ビューポイントからの散歩道。 ビューポイント近辺の山中にもローカルの人が生活している。 おそらく飼っていると思われるアヒルに足をつつかれる。自分達のテリトリーに入ってきた、侵略者と思われたのだろう。 いつものコースで、いったん山を下りた後、津波ビレッ ...

毎度毎度のビューポイント。 天気は今イチだが、気持ちが良い。 そして、いつものホテルの定点観測。 中層階にガラスが入り、最上部もかなり形がなってきた。一番左の塔のようなものは、エレベーターか? これは1年以内に開業するかもしれない。ただこの構造だと、レセ ...

我々観光客の落としたお金のおかげか、どんどんと整備されていくピピ島。 我々の入島料20バーツ/人が何に使われているかはわからないが、きっときれいなビーチロードの整備に使われていると信じたい。 ただ、過酷な環境の下、どこまで維持できるのやら・・・。 埠 ...

この年末最大の衝撃。 なんとピピ島にマクドナルドができていた。 チェーン系ファーストフードにほど遠いと思っていたこの離れ小島にもついに西側の大型資本が入ってきた。 場所は、ピピ島で最も地代が高いと思われる埠頭の真ん前。PHIPHI PARK PLAZAの1階である。 中 ...

14年目のメモリアル。 メモリアルパークがなくなってから、場所を転々としているが、2017年末は、トンサイ側の海沿いに移っていた。 メモリアル式典は今年も行われたらしい。場所は不明・・・。もう、いいか。 ゆっくりと脳内の彼方にしまわれていく津波の記憶。 そ ...

場内に停まっていた”ムアントン”仕様のデコバス。これはかっこいい。 スタジアム内には、オフィシャルショップも併設されている。 レプリカユニその他を大人買い。 ショップ外には、選手の巨大写真がある。このあたり、スタジアムを自治体から借りているどこぞのJリ ...

まだまだ喪中のバンコクである。 サッカーファンであるので、タイのサッカーを見たかった。 行き先は、AFCにも出場している強豪「ムアントン・ユナイテッド」の本拠地SCGスタジアム。スタジアムはバンコク北の郊外にあり、サンダードームの方が通りが良いらしい。 BT ...

クラビタウンに戻るとちょうど週末だったので、ウイークエンドマーケットが開催されていた。 まぁ、いつもの内容なので、冷やかし程度にしておく。 ところで聞くところによると、この時期、クラビ川沿いに小さなナイトマーケットが出ているという。 場所はイーグル像のあた ...

↑このページのトップヘ