西訪旅游 〜タイ ピピ島・クラビ・プーケット 諸々アジア旅のブログ〜

2004年12月26日にタイ南部ピピ島にてインド洋・スマトラ沖地震・津波を体験し、現地の人々による温かい援助により、無事帰国することができました。 以来、恩返しをする意味もこめて、ピピ島・プーケットのことを中心に主に旅行関係のブログを書いています。 メッセージは此方へ・・・。 notchsan@gmail.こむ

元市場があった所のアーケード。 2016年末では、ほぼ完成しており、”PANMANEE HOTEL”というホテルも営業開始していた。 画像は宿泊した次回に・・。 このアーケードにある”PA-NOI”レストラン。 若い夫婦がやっている手前の店と、その両親が営む奥の店と2店ある。 ...

ローダラム湾側にも、遊歩道が整備された。 以前は、炎天下のビーチを歩いていたが、これだと比較的日陰になっているところを移動できる。 こちらはとにかくクラブが多い。 昼間は静かだが、夜になると大音量のスピーカーでガンガン音楽が流れる。 こういうのが好きな人 ...

通称”津波ビル”。 ピピ島トンサイ地区の奥にあり、避難所等を兼ねる(と思われる)施設であり、10年ほど前に完成したものだ。 施設には自由に入れる、というか、勝手に入れるので、たぶんそうなんだろう。 さすがに経年劣化が激しく、屋上の痛みは激しい。 敷地内には ...

即日、クラビからピピヘの15:00発最終便に乗船。 荷物は以前は無造作に積まれていたが、最近はちゃんと規則的に積み、上にシートもかぶせてくれる。 この時期は、必ずピピ埠頭に断幕が掲げられている。王様が崩御されたので、さらにその上に王様関係の断幕も・・。 ...

年末恒例のタイ詣で。 いつもの夜行便に乗るべく最終準備をしていると、なにやら外がおかしい。 線路際の我が家から見えた光景。電車があり得ない場所で停車していた。 すぐにネットニュースを見ると、踏切事故とのこと。 慌ただしく荷物を抱え、小雨の中駅へ向かうと、運 ...

クラビ→バンコクはノックエアで。 久々のドンムアン、そして滑走路の間にあるゴルフ場は絶賛営業中。 1週間ほど前にターミナル2が再オープンしたところ。 国内線は2タに移動。LCC路線が異常に増えたための緊急措置。 以前のドンムアンは薄暗い雰囲気だったが、心 ...

久々に更新します。 最近飛び込んできた二つのニュース。 共に、何度も訪れている島だけに、注目すると共に、観光業で飯を食っている人たちの生活が心配。 環境破壊は問題だけど、なんとか自然と共生する方法はないものなのだろうか・・・。 「ザ・ビーチ」舞台 ピピ島 ...

今年も巡ってきました。 今日は年休を取ってタイに縁のあるお寺にお参りしてきました。 あの日のこと、決して忘れたわけではないけど、日々の忙しさに追われ、歳とともに記憶も薄れていく。仕方がないことなのかな・・。 もうすぐ冬休み。短い休みだけれども、今年も彼の地 ...

クラビタウンはタイの日常を楽しむところ。 観光客には便利だけれど、それほどすれていない。物価もそこそこ安い。 朝ご飯は、マハラジ市場近辺で。だいたい10時半から11時頃までやってる。 新鮮な生鮮食品を冷やかしながら、お土産用のカシューナッツを購入。 そして、 ...

元旦、いつものお雑煮をいただいた後、ソンテウに乗車し、アオナンビーチへ向かう。 お正月なので、西側のノッパラッタラビーチはローカルの人たちで大賑わい。一本しかない道路は渋滞を起こしている。 ローカルの人たちは、海に入るわけでもなく、家族で、友人で食 ...

初日の出後、K総帥とともに、タウン中心部に移動。 そこにはもう、新年のタンブン(喜捨)を行うべく、人が大勢出てワットプラケーオから降りてくる坊さま達を今か今かと待ち構えていた。 市内中央の道路が完全にタンブンスペースになるため、警察も警備に出動している ...

前日のどんちゃん騒ぎの興奮から一夜明け、クラビ川での初日の出。 プロカメラマンのK総帥にご一緒させていただく。事前に日の出時間を教えてもらい、なんとか起きて、明るくなりつつある川で待機。 そういえば、生まれてこの方、初日の出というものを見たことがな ...

クラビに2泊。 天気も良く、ワットケーウの夕景が素晴らしい。 年末のクラビタウンと言えば、ニューイヤーマーケット。 官庁があるエリアに大きなマーケットが開かれるもので、毎年このマーケットに赴いている。 クラビオールスターズ(クラビ常連組の日本人旅行者群)で ...

ピピ島、埠頭を中心に東西に延びるメインストリートを東へ向かい、チャオコーレストランを過ぎ、しばらく行くと少し海にせり出した坂になっている場所がある。 ずっと気づいていなかったが、この坂の頂上付近に海と反対側に小径があり、奥へ進んでみると祠があった。 そ ...

「ビューポイントからの健康ウォーキング」より (トップ画は、ロングビーチから撮影したピピ・レー島) ダムをほぼ半周過ぎると、左に分かれる道が現れる。 右へ行けばそのままロングビーチに出られるのだが、左の道を進むと、坂道の先に海が広がっているのが見える。 ...

↑このページのトップヘ