スポンサードリンク

相談・納得・安心の保険のススメ!サイトトップ >読書  >> 営業のミカタ 安藤邦彦著
営業のミカタ
クチコミを見る

購入してから、長い間、放置してしまっていたのですが、読みだすと一気によめました。


●自分というブランド  

強みとコンセプトを繰り返し、アピールする。例えば、車といえば、○○さんなど、と支持される営業マンが理想。
ほかの本で読んだ、脳内SEOとも通じるかな・・・・

●マーケット

自分というブランドが浸透したマーケットでは営業がすすめやすい。(信頼関係が構築されているため)

●情報提供

ニュースレターやメルマガなどを通じた、顧客やマーケットとのコネクションの構築。(顧客から問い合わせがくる仕組みづくり)

箇条書きになりましたが、以上が心に残りました。特にコンセプトと強みについて、考えさせられました。

自分にとってのコンセプトは、

お客様が、安心で楽しい未来(夢)を実現するために、伴走すること。

そのために、将来にわたる様々なリスクを

総合的に判断し、最適な保険商品を提供することです。

そのために、自分を成長させていかないといけないと感じさせてくれる本でした。

スポンサードリンク

meiwasonpo at 09:01│Comments(0)TrackBack(0)clip!読書 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

<