ポリスと言っても警察のコトではありません。イギリスのロックバンドです。
あのスティング率いるポリスが復活するかもしれないというニュースが今日飛び込んできました。俺はスティングのソロを殆ど知りませんが、彼のバンド時代、いわゆるポリスでやっていた頃の楽曲はベスト盤を聴いていてよく知っています。まあ勿論リアルタイムではないのですが。
ポリスの元メンバァのスチュワート・コープランドとアンディ・サマーズは再結成には支障はない様であとはスティングの承諾待ちだそうです。関係者は公式ではないものの復活を匂わせる発言をしているようで現地では再結成!のニュースが飛び交っています。
ポリスと言ったら70年代から80年代にかけて活躍したバンドで「見つめていたい」や「シンクロニシティー供廖◆屮蹈サーヌ」、「高校教師」等のヒットソングを生み出し、86年を最後に解散、その後は数回かのライヴが開催された程度でアルバムや新曲のリリースは無かったのです。今回再結成、そしてニューアルバムをリリースとなればまだ根強いファンがいるコトからまずまずヒットするのは間違いないと思います。特に日本のTVでは「見つめていたい」がよく使われていて耳にしたヒトも多いと思います。どこかあったかくなるような心地よい曲なんですよ。(競馬ファンには福島競馬場の夏の新馬戦の本馬場入場のテーマと言えば分かるヒトも居るでしょう)
ポリスの特徴としてはロックバンドなんですが、何かスティングの声がロック・ヴォーカリストに似つかわしくないかすれた、いやか細いような声で唄っている所でしょうか。当時流行っていたレッド・ツェッペリンやヴァン・ヘイレン、エアロスミスのようなハードサウンドではなくてどこかポップスの香りが強いんですよね。
皆さんもポリスの曲を聴く機会があったら聴いてみてください。聴く毎に良くなっていきますから。前述以外では「ソー・ロンリー」や「マジック」、「ひとりぼっちの夜」なんかもオススメです。グレイテスト・ヒッツ