武蔵野Sを勝ったのはナムラタイタン。少し前までは1400Mまでの馬という感じでしたが、徐々に力をつけてきて、春には1600MのオアシスSを勝ち、一定のメドをつけると、叩き二走目で1600Mに戻り、今度はG1二着馬を負かすと強い競馬を見せましたね。大外枠で、終始外をまわっての競馬でしたが、今回の競馬を見れば、センロクよりは距離が延びても期待が出来そうですね。センハチ、2000あたりでも印をつけてみたいです。

二着はダノンカモン。この馬としては力を出していると思うのですが、どうも詰めが甘いですね。勝負根性は十分で、アドマイヤロイヤルに抜かせなかったのですが、ブリンカーが逆効果だったのか、それともベストが1400なのか・・・・。でもこの相手ならしっかり勝っておきたいところだったと思います。

3着のアドマイヤロイヤルは1600万を勝ったばかりですが、ダノンカモンに際どく詰め寄るなど、内容が濃い競馬をしてくれましたね。ダートに替わってから、3着を外していませんし、昇級しても、格上の相手が居ると燃えるタイプなんでしょうね。今後も馬券の圏内に入れておきたいですね。

他では5着のヒラボクワイルド。東京のダートセンロクは、時計的にもいいものを持っていましたし、印をつけたのですが、この条件なら安定していますね。今後、更に状態も上がってくるでしょう。7着のテスタマッタはやはり休み明けが良くないと思います。次は確実に状態が上がってくるハズです。