まずは購入&ウォーゲーム誕生話
D&D表紙012011年6月29日。
最近古いゲームの話をしてないから古いゲームの話がしたくなったねー。
よしテーブルトークRPGをやろう。
ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)がいいな。
突然の決断なのー!
というわけで今から6000円渡すから本屋
にいってダンジョンズ&ドラゴンズを買って
きてくれ。お釣りの960円はお小遣いな。

やった!
いますぐ買ってくるの!



10分後。



買ってきたよ!
最短のタイムで購入なのー!
店までの距離は200m。
商品を探す時間とレジに並ぶ時間を
考えれば脅威のスピードだね!

ゲームを購入する時だけスピードアップ
する奴っているよなー。
テーブルトークRPGは遊んだことが
ないからワクワクさんなのー。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)第4版」
ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)01


5040円の箱なのー。
この中に夢と希望がいっぱい
入ってるんだね♪

それじゃー
ご開帳ー♪

「箱の中身」
ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)02

???
ん?
どうした?
5040円なのに。
500円ぐらいの薄い本2冊と・・・
1個100円ぐらいのサイコロ6つ。

ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)03


あとはなんだかよく分からない紙が
13枚入ってるだけだよ。

ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)04
 

私の計算では2000円ぐらいの
商品だね。
・・・・・。
欠品かもー。
とんでもない商品を購入しちゃったよ。

いや・・・欠品じゃないですよ。
これで全てですよ。

高っ!!
これで5040円はボリすぎなの!
5040円のボードゲームだったら
もっと豪華なのー。


合格!!

???
俺も生まれて初めてテーブルトークRPGの
箱を購入したときは高いと思った♪
おー!
同じなのー!
おまえは昔の俺と同じスタートラインに
立ったわけだ。
テーブルトークRPGは割高なんだね。
まずは最初の一歩だな。
これから徐々に説明していくぞ。


「今日テーブルトークRPGで学んだこと」
とっても高い。


この調子でやると物凄く長いシリーズに
なりませんか?






【RPGが生まれた話 前編「ウォーゲームの誕生」】
今回はRPGがどういう経緯で生まれたのか
簡単に解説しようと思う。
歴史の時間は久しぶりなのー。
とりあえずRPGの元になった
ミニチュア・ウォーゲームがどういう
経緯で生まれたか解説しよう。

ミニチュア・ウォーゲームって何かな?
ミニチュア・ウォーゲームってのは
簡単に言えばミニチュアを使用した
戦争ゲームだな。

「こんなミニチュアを使って遊ぶんだぞ」
ウォーゲーム01

ウォーゲーム03


ミニチュアは19世紀の欧米では金持ちの
玩具だったんだ。そしてミニチュア好きの
連中の中からミニチュアを遊びに使えない
かと考える奴が現れた。


「こんな感じにミニチュアをチェスの駒に
して遊ぶ奴とかでてきた」
チェス

あと戦争の士官訓練や作戦行動の再現にも
ミニチュア・ウォーゲームの元となるものが
使われていた。

RPGの超御先祖さまはチェスやミニチュアや
戦争だったんだー。
そして1910年代!
雑誌や好事家が様々なゲームを考えてる中。
なんとなくイギリスで発売されたのが最初の
商用ミニチュア・ウォーゲームなんだな。


「↓この辺りだな」
ザグレートウォーゲーム
(ザ・グレート・ウォー・ゲーム)
ウォーゲームフォーボーイスカウト
(ウォー・ゲーム・フォー・ボーイスカウト)

古すぎて手の届かない存在だねー。
とまぁ・・・RPGの元になったミニチュア
ウォーゲームが生まれて、商用ミニチュア
ウォーゲームがでるまでの大雑把な流れ
はこんな感じかな。

RPGはまだ生まれてないねー。
それは次回♪

次の話へ
TOPに戻る