ロール遊びをしてみよう&RPG誕生話
D&D表紙022011年7月6日。
60Gちゃんの思い付きでテーブルトークRPGをはじめることになったよ。ところでテーブルトークRPGって何?
テーブルトークRPGをはじめる前に
聞きたいことがあるんだけど。
何?
テーブルトークRPGって何?
超簡単に説明すると、会話だけで
遊ぶ「ごっこ遊び」だな。

「テーブルトークのプレイ風景」
RPGのプレイ風景
(※wikiから引用)

???
とりあえず細かいルールは後にして
簡単なシチュエーションでロールプレイ
をしてみるか。

舞台は簡単なのがいいな。
じゃあ俺はデモンズソウルにでてくる
鉱石トカゲの役をやるから、おまえは
それを見つけた魔法剣士の役をやってくれ。

「おまえが魔法剣士」 
魔法剣士


「俺が鉱石トカゲな」
鉱石トカゲ


60Gちゃんシチュエーションがマニアック
すぎなの。デモンズソウルをやってない
人には意味不明だと思うよ。

お前が分かればそれでいいから。
さっそくやろうぜ!
なんだかよく分からないけど
やってみるよ。
では舞台はポーレタリア王城。
剣士であるおまえは王城の中を探索
していた。そんな中、砦の2階で1匹の
鉱石トカゲに遭遇した。

 「ポーレタリア王城」
ポーレタリア王城01

え・・・?
おまえの存在に気がついた鉱石トカゲは
おまえに背を向け一目散に逃げ出したぞ。
ま・・待ってなの!!
そういう時にお前ならどうする?
逃げる鉱石トカゲに「ソウルの矢」を
使って攻撃するよ。

「ソウルの矢で攻撃なのー!!」
ソウルの矢
 
ポーレタリア王城02

ソウルの矢で攻撃だな?
おまえは杖をかまえ「ソウルの矢」で
鉱石トカゲに攻撃した。

おまえのはなった「ソウルの矢」は
見事に命中!

鉱石トカゲはひっくり返ってもがき
苦しんでいる。

いまなのーー!!
ソウルの矢を連続で出して
鉱石トカゲに攻撃だよ!!

鉱石トカゲに「ソウルの矢」が何度も
命中した。もう少しで倒せそうだ。
ふふふ・・・これで私の勝利だね。
た・・助けてー!!

鉱石トカゲの口から「助けて」という
うめき声が聞こえてきたぞ♪
鉱石トカゲさんがしゃべったのー!
鉱石トカゲは悲鳴にも似た声で命乞いを
した。「助けてー!! まだ死にたくない!
俺には妻と息子がいるんだ!!」

妻子持ちは大変だよね。
こんなところで死ぬわけには
いかないよね。

た・・・助けてくれるのか?
鉱石トカゲの隙を見て
鉱石トカゲの体を両手
でがっちりつかむ。


え・・?
えっと・・ふいをつかれた鉱石トカゲは
両手でがっちりつかまれた。

砦においてある木箱に入れるのー。
前々から鉱石トカゲを飼ってみた
かったのー♪

「こんな所に木箱があるのー」
ポーレタリア王城03

鉱石トカゲは「助けてー助けてー」と
悲鳴を上げているな。
おいしいゴハンで餌付けすれば仲良し
になれるよ。私は鉱石トカゲを入れた
木箱を抱えながらお家に帰るのだった。

(こ・・こいつ想像以上に押しが強い。
 しかもかなりフリーダムだ)
と・・まぁ。
こんな感じの会話でゴッコ遊びする
のがテーブルトークRPGだと考えて
くれればOK。

おお!
自由度がものすごく高いねー。
本当は細かいルールがあるから
ルールに従ってもらうんだけどな。
極めた。
ついにテーブルトークRPGの
真髄を極めたの。


「今日テーブルトークRPGで学んだこと」
全て把握完了!
真髄を極めたよ!



まだ何も分かってない段階だと
思いますよ。






 

【RPGが生まれた話 中編「D&Dの誕生」 】
前回は1910年代に商用ミニチュア
ウォーゲームがイギリスで生まれる
とこまでやったな。

うん!!
長い説明は読み飛ばすから
簡潔に説明してなの。

長い文章はつらいもんなー。
なるべく短めに話す。
1910年代に商用ミニチュアウォーゲーム
がイギリスで生まれて月日が流れる。
そして1953年のアメリカ!
チャールズ・ロバーツが最初の商用版
ボード・ウォーゲーム「Tactics」を出版した。

「Tactics(83年版)」
83年版のTactics

ボード・ウォーゲームって何かな?
聞いた事のない単語が多すぎなのー。
ボード・ウォーゲームは大雑把に説明すると
紙のコマと紙のマップを使った戦争シュミュ
レーションゲームだな♪


「こんな感じのゲームを遊ぶんだぜ♪」
TacticsⅡ中身
(↑このゲームは日本でも売れたTacticsⅡ)

ちなみにチャールズ・ロバーツさんは
軍がつかっていたへクスをパクって
ゲームに取り入れた人でもある。

「へクス」
ヘクス

本物の戦争に使われたものをヒントに
してゲームをつくった人なんだねー。
その後・・・1960年~1970年代に
かけて「ミニチュア・ウォーゲーム」や
「ボード・ウォーゲーム」が多くの人
に愛されファンの人口が世界規模に
拡大した。

ずーっとウォーゲームのままなんだー。
きっかけが起きない限り
歴史は動かないものだな。
1960年代半ばのアメリカで「指輪物語」
が空前の社会現象となった。
その頃からウォーゲームにファンタジーの
世界や中世ヨーロッパの世界を使いたいと
いう要望がでてきたわけだ。

「指輪物語」
指輪物語

指輪物語first English edition

おお!!
少しずつRPGの世界に近づいてるの。
1971年。
そんな要望に答えて生まれたのが中世の
騎兵を題材にした「チェインメイル」という
ミニチュアウォーゲームだ♪

「Chainmail」
チェインメイル (1stEd)1971

大昔に流行った。
不幸の手紙みたいな名前だね。
でだ・・・そのチェインメイルには中世の
騎兵だけでなくファンタジーの世界でも
遊べるオマケがついていたんだ。
そのオマケを使って城や洞窟を探索する
というシチュエーションで遊ぶ奴が現れた。


「チェインメイルのルールで城を探索するぜ!」
チェインメイル01

そして1人の進行役に複数のプレイヤーが
遊ぶという形式で遊ぶ奴が現れた。
遊んでる人が遊びをクリエイトして
るんだ。
そうやってクリエイトされた遊び方はかなり
面白かった。
そしてその遊び方で別のゲームをつくらない
かと言う話になったわけだ。

生まれそう。
RPGが生まれそう。
そうして生まれたのが最初のRPGと言わ
れている「ダンジョンズ&ドラゴンズ」なん
だ。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」
D&D 01

D&D 02

生まれたー!!
RPGが生まれたのー!!
最初のRPGはチェインメイルの
オマケルールにあれこれルールを
足してる間に生まれたんだけどね。

RPGが生まれるまでに色んな
ゲームがでてたんだね。
次回はその後の展開を
簡単に説明するぜ!!

次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る