フリーダムなプレイヤー
D&D17話表紙2011年11月9日。
Tさん「お馬鹿なことをするプレイヤーを上手につかうとゲームが盛り上がるー♪」
コナーさんにそうしろと言われた
からです。
却下!

「パーティの情報」
パーティの情報

「森の中にぽっかりと開いた平原」
森1

!?
おまえは上司に死ねと言われたら
死ぬのかよ。
ダミアン君はテロルに人間が刺さると
どうなるのか知ってるのかなー?

「ダミアン」
ダミアン

「テロル」
テロル

わ・・分かりません。
でも最初に誰かか・・がやらないと分から
ないから・・・だからコ・コナーささんが
やってほしいと言いました。

つまり人体実験ね。
テロルの実験ってそういうことなんだ。
ダミアン君の役割がテロルに刺さること
だったら。
私たちの役割は何かなー?
ダミアン君の護衛もしくは保険なのかな?

どっちにしろ気分の悪い話ですね。
ダミアン君はテロルに刺さっちゃ
駄目ですよ。

し・・・しかし・・。
絶対駄目だ。
断固阻止する。


とりあえずテロルを使わないで
いけるところまでいきましょうよ。
つーかこの森ってどこの森よ?

実験ならさー。
どこかで誰かが私たちを
監視してるんじゃないかなー。

!?
私たちが視界から消えたら・・・
ビックリして監視してる人が向こう
から調べにくると思うの。

作戦を立てるのが早いなー。
TRPGを始めたばかりの初心者
とは思えん。

頭の回転はやいー。
頭の回転が速いキャラで遊ぶのも
いいが。あえて頭の回転が遅いキャラ
を演じるのも楽しいぞ♪

「頭の回転が遅いキャラも楽しー」
頭の回転が遅いキャラも楽しー

それでどうやって隠れようかー?
ゲームマスター。
私たちって監視され
てるのよね。


うん

!?
あ・・・しまっ・・
売り上げちゃん!
ナイス誘導尋問なの!
これで100%の可能性
で監視されている事が
分かったの♪

売り上げちゃん怖いなー。
ゲームマスターに誘導尋問は
禁じ手中の禁じ手だぞ。

「ゲームマスターに誘導尋問は絶対駄目!」
誘導尋問


売り上げちゃん怖っ!
ち・・ちがいますよお姉さま。
ナチュラルに質問したらゲームマスター
がナチュラルに回答しただけです。

ドキドキ。
想定外のことって
起きるんだねー。
おまえらゲームマスターの心は
ニホンヤモリのお肌ぐらいもろくて
傷つきやすいんだぞ。
小さいミスはスルーだ!
スルー!

想定外のミスー。
!!

ん?
何か思いついたの?
想定外だよ!
想定外の行動をとって
私たちを監視してる人を
ビックリさせてやればいいの!


隠れるのは中止ですか?
想定外の行動って具体的に
何をするんだ?
それはねーゴニョゴニヨ。
(60Gに耳打ちする)

・・・・・


・・・







おまえ正気か!?

(嫌な予感)
あの子がゲームの主導権を握ると
ゲーム全体がコミカルな方向に転がり
落ちていくのを感じる。




6ターン後




できたの!
・・・・・。
・・・・・。
・・・・・。
あのーメスさん。
想定外の行動を実行したんだね?
本当に実行しちゃたんだね?

うん。
巨大荷馬車に積んである
ワラを全部どけて。

「荷馬車のワラは全部どけるよ」
荷馬車



巨大荷場所で寝ている
テロルに・・・



・・・・


・・




うんこ刺したの!

テロルとウンコ

うんこ刺し
たの!


ウンコ

ウンコ刺したどー

(↑両手を高々と上げて叫んでる)

テロルとウンコ2

 
すごく・・・想定外。
なぜそうしたのか意味が
分からん。
ちなみにうんこは荷馬車の
お馬さんから調達した馬糞だよ。

「ウンコは荷馬車の馬から調達」
荷馬車

Tさん。
こいつ悪乗りしすぎなん
じゃないかな?


!?
・・・・・。

・・・・

・・


いいのかマスター?
こいつかなりフリーダム
だぞー。


(そういえば・・・60Gが前回の
プレイでそう言ってた)
Tさん。
あいつの行動を取り消した
ほうがいくない?

(ここで委縮したらフリーダムじゃ
なくなるかも?)
・・・・・。
取り消さない。
楽しい子好き。


やったー♪
TRPGって自由度が高いですね。
こんな作戦でもOKなんですか。
真面目なマスターなら怒る奴も
いるかもなー。
ではプレイ続行。
どうゆう反応があるか
ワクワクさんなのー♪
ウンコをテロルに刺した瞬間。
西側の森から・・・


ゴルァ!!


という大声が聞こえてきた。
そして西側から馬の走る音が
徐々に近づいてくる。

距離は?
40mぐらい離れた場所から
近づいてきたと推測される。
よし罠をしかけようぜ♪
遅い。
瞬く間に馬が接近して・・・
パーティのいる森の中にぽっかり
と開いた平原に到着した。

「森の中にぽっかりと開いた平原」
森1

馬にはフルプレートを着た
兵士が搭乗している。
兵士の左手には望遠鏡が
握られていた。

「兵士」
兵士

兵士は一人ですか?
うん一人。
兵士は怒声なのか悲鳴なのか
分からない声で吠えた。

テロルこそが弱小国家
ヒナグリフの生命線であり
ヒナグリフの弱い民を守る
最後の希望なのだ。
それになんちゅうことをして
るんじゃー!


攻め込めー(^o^)ノ
行くぜーー!
スリングを構えて兵士に攻撃!
こんな軽いノリで大丈夫
かなー?
OK♪ 

次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る