初めてのボスキャラ
D&D24話表紙2011年12月31日。
ドラゴンフライルーラーちゃんとの大決戦が始まるよ。
・・・全滅もあるかもね。
残り20分だ。
考えはまとまったか?
まだです!
「パーティの情報」
パーティの情報

「周囲はやっぱり火の海でドラゴンフライだらけ」
火の海&ドラゴンフライ


大丈夫なわけ?
残り2ターンしかないじゃないの。
メスたちはテロルの肩につかまって
北上中。
アネ=アネとセールのいる場所まで
あと少し。
 


現在位置01


テロルの移動速度ならすぐ
助けにいけるよ。
この距離なら余裕なの。

いまテロルの肩につかまってるのは
メスとシックスティとコナーと兵士2人
ですよね。

うん。
コナーさんとダミアン君を仲間にした後に
野営地にいた兵士を2人助けたの!


「野営地」
野営地


その後はダミアンが動かしているテロル
の肩につかまって北に高速移動だぜ!
まだ2ターン(20分)もあるなら
余裕だよ。

ダミアン君・・・
テロルをここで一旦ストップさせてなの。

・・・?
分かりました。
ダミアンは困惑しながらテロルの
動きを止めた。
やっぱりダミアン君がテロルを
動かしてるんだね!



「ダミアンとテロル」
ダミアンテロル02


どういうつもりだ?
すぐにアネ=アネとセールちゃんのいる
場所に戻らないとやばくないか?

何か引っかかるんだよねー。
すごく重要な見落としをしてる
気がするよ。
この森にきてからいろんな事が
あったよね?



「いろんなことがあったよ」
色々起きたよ


その中で私たちが見落としてる部分が
あると思うの。

いまさらそんなことをいわれてもなー。
いまから確認できる場所といったら空を
見るか、周囲を見回すぐらいだろ。

(そろそろ気づかれそう)
そういえばドラゴンフライって空を
飛んでるモンスターだよね。
それなのに私たちはあんまり空を
見てないと思うの。



「あんまり空を見てないね」
夜空


森に入って間もない時に俺が1回だけ
上空を確認した気がする。
あれから状況はかなり変わってるん
じゃないかなー。


とにかく空を注意深く観察するよ。


そんなことよりセールちゃんを早く
助けにいったほうがいいと思うぞ。
観察するの。


北のはるか上空。
上空200mぐらいの
位置に巨大な生物が
いる。



「上空200mぐらいの位置に巨大生物発見!」
ザムーンドラゴンフライ3
 
ザムーンドラゴンフライ2


!?
能力判定なしで見つかったってことは
見れば誰でも分かる存在なのか?
空にいたのは全長50m以上はある
巨大なドラゴンフライだった。


頭部は巨大な真珠。
全身から月明かりに似た
淡い光を発していた。



ザムーンドラゴンフライ1




巨大なドラゴンフライは音もなく羽ばたき。
アネ=アネとセールがいる場所を見下ろ
している。

全長50mって大型のドラゴンより
デカイだろ!
(というかウルトラマンにでてくる
怪獣ぐらいの大きさだ!)


「大型ドラゴン」
大型ドラゴン


なんでそんな巨大なものに今まで
気がつかなかったのよ?
地上の森は大火事。
周囲はドラゴンフライだらけ。
パーティの視線は地上に集中していた。
意識的に空を見ないと巨大なドラゴンフライ
に気がつくことは永久にない。

全長50mのドラゴンフライは規格外すぎる。
ゲームバランスがおかしくないかマスター。

そんなことないよ。
どんなに強くてもテロルの効果で
弱体化してると思うの。
攻撃できれば倒せるんじゃないかな?

上空200mって高すぎませんか?
ロングボウの射程も210フィート
(64m)ですよ。

飛び道具表

テロルのジャンプはどうだ?
助走なしで「距離200m、高さ30m」の
大ジャンプをやったよな。

テロルなら高さ150mぐらいまでなら
ジャンプできると思います。

そっから弓で攻撃するか?
かなり難しそうだが。
150mのジャンプをした後に・・・
私たちを巨大ドラゴンフライに投げ
つけるのはどうかなー?


投げつけるってテロルの馬鹿力で?
うん。


「ボールみたいに人を投げるの」
投げる


その後はどうするんですか?
臨機応変に対応するよ。
体にしがみつくとか・・・
上に乗るとか・・・
攻撃するとか・・・
いろんな行動ができると思うの。



「ワンダと巨像みたいな戦闘ができるかも」
ワンダと巨像


一歩間違えば落花死しそうな
デンジャー作戦だな。
死亡率が異常に高そうだ。

そんな危険な作戦より・・・
テロルで逃げたほうが安全じゃん。
逃げたほうがリスクは低い。


「逃げたほうがリスクは低い」
逃げる


私は空中戦がやりたいなー。
はじめてのボスバトルなの!
殺された兵士さんのカタキを
とってください。
危険ではあるが・・・
危険な作戦を乗り越えたほうが
場が盛り上がるかもなー。

全滅しても知らないわよ。
賛成多数だね!



今から巨大ドラゴンフライの
討伐作戦をするの!




ザムーンドラゴンフライ3



作戦は簡単!
テロルで巨大ドラゴンフライの
下まで移動!
そして150mの大ジャンプなの!


その後はテロルの馬鹿力で
巨大ドラゴンフライに俺達を
投げつけるんだな。
(無謀すぎワロタ♪)


その後は各自自由行動だよ!
自分たちの方法で巨大ドラゴンフライ
を倒すの!


(この作戦は下手をしたら
全滅する)




勝率をあげるためにコナーさん達も
この作戦に参加して欲しいなー。
博打みたいな戦闘ですね。
こんなところで部下を失うわけ
にはいかない。
不参加を表明します。

俺は戦います!
仲間の敵がとりたい!


俺も!

な!?
だったらコナーさん以外は全員参加ね。
コナーさんは私たちのフォーローを
よろしくなのー。

あまりにも無謀すぎる!
思いとどまるべきだ!


問答無用!
作戦に参加したいやつ
は参加すればいい!




何を言っても無駄なようですね。
もし全滅したら私が責任をもって
全員の死体を回収しますよ。

いいのかなー。
巨大ドラゴンフライの正体が分からない
のにどんどん話を進めちゃって・・・。

ドラゴンフライルーラーだと思うぞ。
頭部は巨大な真珠で、全身から月明かり
に似た淡い光を発してるんだよな。
たぶんパール(ザ・ムーンドラゴン)の
ドラゴンフライ版なんじゃないかな。

 
ザ・ムーンドラゴン



ややこしい理屈は分からないけど。
大きいからラスボス決定なの♪
大雑把な考えねー。
全滅しないでよね。
任せろ!
いくよ。
ダミアン君。
ダミアンはテロルを動かしてコナー
を地面に降ろした。
そして巨大ドラゴンフライの方向
を向いた。


ダミアンの表情は最初に合った
時の弱々しさはまるで感じない。


ダミアン君。
もう少しよくばりに
なったらどうかな?

え?


コナーさんに認められたいとか・・・
周りの人間に認められたいとか・・・


考え方が謙虚すぎると思うの。


超謙虚


・・・・・。
ダミアン君はヒーローに
なれるよ!


誰もがうらやむ
スーパーヒーロー
テロルマンなの!



「テロルマン」
ダミアンテロル01


ダミアンは一瞬困惑した。
そして苦笑いを浮かべながら
巨大ドラゴンフライのいる方向を
まっすぐ見据えた。

行くぜ!
テロルマン!
  
行きます!



テロルが北に向かって走り出した。
最初は駆け足をする馬のように。

徐々にスピードがあがり・・・

山火事で燃え上がる火を蹴散らし
ながら前に進む。




進む。




無謀な作戦がスタートしちゃった
わねー。
なんとかなりますよ♪
1kmほど走ったテロルは
緊急停止した。



テロルが緊急停止した衝撃で
火の粉が舞い上がる。
炭化した木々が四散する。




飛びます。


テロルは両膝を曲げ内ももに力をいれた。
テロルの内ももの筋肉が激しく脈動する。
そして両足を伸ばし・・・



ジャンプ
した。




飛び散る砂


というわけでジャンプした時の衝撃
が発生。


テロルの肩にしがみついてる
キャラクターは20面体のサイコロ
を振って自分のストレングス(筋力)
より低い数字をだしてー。


失敗したらテロルから
落ちる。



俺はクライムウォールの
判定でいい?
いいよ。
87%だから余裕で成功。
私も成功だよ。
兵士のうち1人が失敗。
兵士Aが地面に叩き落ちた。
うわぁあぁ
ぁああ!


(・・・ダイスをふる)
兵士Aは落ちた時の
ダメージで死亡。



血02

 
脱落者はやっ!

ジャンプしたテロルは・・・
直立不動の姿勢で天に向かって
上昇した。


山火事の熱気は完全に消え。

テロルの肩にしがみついていた
メス達に強風と冷気が襲いかかる。



「キャラクター達の現在位置」
パーティの位置


さ・・さむ・・。
負けないの。
負けないの。

ガチガチガチガチ。
(↑寒さに震える演技をしている)
あの少女戦士さん。
ダミアン君なにかなー?
死ぬほど寒いから手短にお願いなのー。
ありがとう。
ありがとうはまだ早いと思うの。
ガチガチガチガチ。
(↑寒さに震える演技をしている)

テロルが天に向かってグングン
と上昇する。


そして・・・
高度150mまで上昇した。

そこでテロルの周囲にある気流が
乱れはじめた。

テロルの体勢がくずれ・・・
テロルは地面に落下しはじめる。




御武運を。
うん。


テロルは崩れた体勢から

シックスティを・・・
メスを・・・
兵士を・・・・


投げた!


投げる


テロル型
カタパルト!


メス達は竜の如く天空へと
舞い上がる。


メス達は瞬きする間も
与えられない。


巨大ドラゴンフライの
距離がみるみる縮んでいく。




ザムーンドラゴンフライ4


ここからが正念場!
20面体のサイコロを振って自分の
デクスタリティ(敏捷性)より低い
数字をだしてー。


成功したら・・・

巨大ドラゴンフライの好きな部位に
しがみつける。
もしくは好きな部位に着地できる。




なーんだ。
いつもの能力判定なのー。
失敗すれば65D6の
落下ダメージ。
つまり65~390点の
落下ダメージを喰らって
即死。



「落下ダメージ」
10フィートごとに1d6ダメージ。
今回は650フィートの高さから
落ちるから65D6の落下ダメージ。


リスクが桁違いなの!
(私のHPは10)


そんだけ無茶なことを俺達はやってる
んだよ。
判定どーぞ。
サイコロの目は12!
成功だ!
サイコロの目は7!
成功なの!
サイコロの目は20。
兵士Bは判定に失敗~。


ぬぴゃあぁ
あぁぁぁ!



兵士は200m上空から地面に落ちた。



血02


今から6面ダイスをいっぱい振るから
少しまってて。
兵士が受ける落下ダメージを算出ー。


Tさんが65個のサイコロを
一斉に振った。



大量ダイス


こんなにたくさんサイコロを振るのを
はじめて見ました。
65個は多いなー。
(俺の知ってる最高記録は120個
だけどな・・・)


・・・・


・・


合計の数字でた。
兵士Bは272の
落下ダメージを
受けて即死ー。



絶対に落ちたくないのー!

成功した2人は巨大ドラゴンフライの
好きな部位にしがみつける。
もしくは好きな部位に着地できる。


「好きな場所でいいんだよ」
ザムーンドラゴンフライ1


背中に着地したほうがよさそうだな。
(変な部位を選ぶと落下して死にそうだ)
私も背中に着地するよ。
(今回は無難な場所を選ぶよ)


誰だ?
私の背中に乗って
いるのは?


50mのドラゴンフライから少女の声が
聞こえてきた。
少女の声には聞き覚えがない。

そういえば私とシックスティは
ドラゴンフライルーラーちゃんと
面識がないんだよね。

ドラゴンフライルーラーと会話してたのは
アネ=アネとセールちゃんの2人だった
よなー。(俺達は別行動してた)

勝手に背中に乗るな!
殺すぞ!
まず殺すぞ!


巨大なドラゴンフライが羽根を激しく
羽ばたかせ上下飛行を繰り返した。



縦に5m上昇しては
縦に5m降下する。

縦に5m上昇しては
縦に5m降下する。




ザムーンドラゴンフライ3


落ちたら死んじゃうの!
落ちたら死んじゃうの!


すんなり勝てるわけねーよな。
これからが本番だ。

次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る