ウェポンマスタリーとゲームバランス
D&D43話表紙2012年12月14日。
今回はストーリーとは関係ないルールの雑談だよ。ルールに興味がない人はスルー推奨♪
Tさん。
D&Dの続きをやりましょう!
前回のプレイは8月27日だった。
かなり久しぶり。

「お姉ちゃんの家」
お姉ちゃんの家



もう冬ですよ。
冬はコタツでTRPG。


コタツはいい。
人類を堕落させる。


「冬はコタツでTRPG」
コタツ


いやっほぉ―――!


凄いモノを発見しちゃった
の!



お前、元気だな。
D&Dのルールブックを読んだら・・・


ウェポンマスタリーというルールを見つ
けたの!



「D&Dのルールブックを読んだの!」
マスタールールブック


「ウェポンマスタリー見つけたよ!」
 
ウェポンマスタリー0


あ・・・
あ・・・
ウェポンマスタリーは武器のスキル
だよね。


使うと武器が強くなるよ♪

細かいルールはよく分からないけどウェポン
マスタリーを使ってみたいの♪


「武器が強くなるよ」
ウェポンマスタリー3


なるほどウェポンマスタリーかー♪


・・・・・・


・・・・


・・






それは禁止だ♪
禁止・・・なの?
どうしてですか?
ウェポンマスタリーを使うと
ファイターが強くなりすぎる。


あとメスにウェポンマスタリーを使わせると・・・

ルールの穴を突いて物凄い攻撃をする危険性
がある。


「メスにウェポンマスタリーは危険?」



ルールの穴を突いて物凄い攻撃をしちゃ
ダメなのかな?

なんだか釈然としないの。

TRPGはみんなで平等に楽しむ
ゲームだ。


ウェポンマスタリーはファイターが強くなりすぎて
不平等を生む。

そんなルールは必要ないぜ。


「みんなで楽しもうぜ」
みんなで楽しむ


新和版D&Dのウェポンマスタリーは
バランスが悪いのよねー。

使わないマスターも多いよ。

Tさんからも言ってやってください。


・・・・・・


・・・・


・・





使っていいよ。

え?
ウェポンマスタリー
使っていいよ。


使っていいんですか?
ウェポンマスタリーはかなーり面白い。


武器戦闘の醍醐味(だいごみ)が満載。
面白いモノは使ったほうが良い。



挿絵01


ファイタ―のメスがぶっちぎりの力を手に
いれて、他のプレイヤーが不平等な状態
になりますよ。

平等じゃないから全て禁止する。
そういう考えは好きじゃない。


メスが強キャラとして君臨したとしても
みんなが楽しむ方法はいくらでもある。


(この辺は俺と方針が違うな)

Tさん・・・
大らかすぎる。

なんだかよく分からない話なの。
ウェポンマスタリーのルールをそのまま
使うのですか?
少し制限をかける。


ランスと盾と二刀流のウェポンマスタリーは
禁止。

武器によってはウェポンマスタリーの効果を
弱くするかも。


了解しました。
マスターがルールをいじっていいの
かなー?
新和版D&Dはゲームバランスに問題が
あるからマスターがいじったほうが良い。


ウェポンマスタリーがないとファイターは攻撃力の
低いキャラになるから・・・

ウェポンマスタリーの代わりにファイターの攻撃力
をレベルと一緒に上昇させるマスターもいる。



挿絵02


ルールをいじったほうが良いんだ。
それはそれで面白そうなの。
ストーリーの中にウェポンマスタリーを
教えてくれるキャラをねじこむから、習得
はそのあとで。



「ウェポンマスタリー教えてくれるキャラ」



了解なの♪















【さっそくプレイ開始・・・?】
難しい話が長すぎかもー。
そろそろプレイしたいね。
・・・・・。


・・・・


・・





今始めると中途半端になりそう。


続きは次回で。


ガーン!
うん。
予測してた。
長くなりそうだしノンビリやろうぜ♪
じゃーシナリオのネタばれを少しして
欲しいの♪


次の敵は何かな?


プレイヤーの選択でかなり変わると思う。


一番近くにいる敵は・・・
海産物?



 

ジャイアントオイスター


海産物なんだー。
お寿司が作れるかもー。
つまり私は海産物にリンチされるわけ
ね・・・
いきなり捨て鉢ですね。
(場合によっては魔女にリンチされる
かも?)


「魔女にリンチ」
これぐらいのピンチ





【オマケ】
オフィシャルD&Dマガジン16号
(平成2年6月1日発刊)に掲載

読者が考えた新和版D&Dオリジナル魔法
をまとめて紹介!
オリジナル魔法00


オリジナル魔法01
オリジナル魔法02
オリジナル魔法03
オリジナル魔法04
オリジナル魔法05
オリジナル魔法06
オリジナル魔法07
オリジナル魔法08
オリジナル魔法09
オリジナル魔法10

次の話へ
前回の話へ
TOPに戻る