顔面ソニーレイ反省会
2014反省会2015年1月6日。
Tさん「解(げ)せない」

※またキャラ名を改名しました。
今回は2014年の反省会だ。
嘘吐きシネ。

オモチを食べすぎて動けないの・・・
ダラダラ・・・ダラダラ・・・

「今回の雑談は2014年の反省会」
タイトル02


ダラダラすんな!
毒舌幼女!


黒ファントムちゃんはメスの
頭部をサッカーボールのよう
に蹴りあげた!



メスの首がパンチングボールのように跳(は)
ね上がる。


むっきゃああ!


ガチ暴力なの!
平成の時代にガチ体罰なの!


首が折れたらどうしてくれるかな!?
図太く生きてるお前の首が折れるわけが
無い!


そして・・・

えっらそーにゲームを評価しても、お前に人間
としての価値などない!


新年早々、ぶっちゃけた毒舌なの。
欝(うつ)
黒ファントムちゃんは荒(あら)ぶり杉
だろ。
おい!
いつものメンツもダラダラすんな!


全員正座して並べ!

2014年の反省会
をやるぞ!



「いつものメンツが集まったの」











はい。
お・・おう。
了。
めんどくさいわね。
反省会なんて意味ないわよ。
とにかく座るの。


いつものメンバーは黒ファントムちゃんの前で
正座し、横に並んだ。


並んだか?


まず結論から言おう。


2014年の顔面
ソニーレイは駄目
駄目だったな。



「クソブログ中のクソブログだったわ( ゚д゚)、ペッ 」
タイトル01


そんなこと言われましても・・・
真っ向から自分のブログを叩くキャラ
なんていらねぇよ。


素人の書いてる落書き日記みたいなもんだし
もっと仲良くなれあおうぜ。


黙れ!
嘘吐き!


え?
俺が嘘吐き?


俺は生まれてから一度も嘘をついてないわけ
だが。


いきなり壮絶(そうぜつ)な嘘をついた
わね。
とりあえずキーック!


黒ファントムちゃんは
助走をつけて60Gに
ドロップキックで攻撃
した!



衝撃少


ゲハぁ!


60Gが10m後方に吹き飛び
60Gのボディに亀裂が入る。



60G!?
昭和の体育教師よりもバイオレンス
なの!


正月明けに見るものじゃないの!


何しやがんだ黒ファントムちゃん!
さすがにムカついたぞコノヤロー!
60G・・・


おまえ・・・


・・・・


・・



ナイトライフは日本最古
のエロゲーとか言ってた
よな。



「日本最古のエロゲーではないナイトライフ」
最初のエロゲ


あっ。


それは・・・


ん?
どういう事よ?
ナイトライフは日本最古の
エロゲーじゃないよな。




この嘘吐き。


いや・・・嘘と言うか・・・
間違い・・・


10年ぐらい前のレトロゲーム
本では「ナイトライフ」を最古の
エロゲーと紹介した本が割と多
かった。



つまり古いレトロゲー情報に踊らされて
間違いを言ったのか?
むぅ・・・
面目ない・・・


レトロゲー情報さえもレトロのままだった。


レトロゲーを語る60Gちゃん痛恨の失敗
なの!
死刑ですか♪
死刑ですか♪


それとも処刑ですか♪


ガタガタガタガタ。
(←怖くなって震えている)
あーあー。
終わったわね60G
お慈悲を・・・
お慈悲を・・・
うむ!
反省しているようだしな!


じゃあ・・・





許してやる。


え?
あっさり許しちゃうの!?
死刑は?


死刑は?


エロゲー文化研究概論というエロゲー
の歴史が書いてある本に・・・


現在、かなりエロゲーに詳しい人でも
「日本製エロゲーの元祖は何?」と聞
かれると1982年の「ナイトライフ」を
挙げる事がある。



・・・と書いてある。


「エロゲー文化研究概論」
エロゲー文化研究概論


よくある間違いなんですかね。
レトロゲーの歴史本を書く人でも間違える
ことなんや・・・


許してくれ・・・
許してくれ・・・


うむ。
許してやる。


歴史の探求には間違いが
つきものだ。



間違えたら謝って訂正すれば良い。


そして前に進め。
ありがてぇ。
ありがてぇ。
(暴力をふるった黒ファントムちゃんが
良い人に見えるの)
(体罰と正論を使い分けて人を屈服させ
る手法は・・・)


昭和の体育教師と同じ手法。


では、次に反省してもらうキャラを言い
渡す。
(ふう、俺に対する制裁は終わったぜ)


これで、俺は安全圏
(あんぜんけん)だ。



次に反省してもらうキャラは・・・
ごくっ。
・・・・・・。
・・・・・・。
黒ファントムさん!


次に間違いを犯(おか)した奴もキッチリ制裁して
下さいよ!


手加減無用です!


黒ファントムさんの人類平等
キックを喰らわしちゃって下さ
い!


あんたは自分の制裁が終わったから好き
勝手に言って・・・
60Gちゃんがコウモリさんに見えるの。
(やばい・・・また私が罰ゲームを受ける
気がする)
聞け!


これから反省しなければならない
奴は!



殺っせ!
殺っせ!
くっ・・・
コウモリ野郎・・・
ドキドキハラハラ。



これから!


反省しなければならない奴は!


・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。


・・・・


・・






60G!


またおまえだ!
反省しろ!







えっ!
なんで!
ふっ♪
やっちゃって黒ファントムさん。



や・・・やだ・・・
なんで俺が・・・
っらえ!


人類平等
キーック!



黒ファントムちゃんは
60Gに胴回し蹴りで
頭部を攻撃した!



衝撃大



衝撃で60Gのボディが床に杭(くい)の
ように突き刺さる!


ぎゃあああああ!
60Gちゃーん!
60Gちゃーん!
ゲハッ・・・
俺が何をやったんだよ・・・



おまえ!
わざと嘘をついただろ!


TRPGしたいだけなのにっ!
異端審問ハ ソレヲ許サズ
の記事でな!



「TRPGしたいだけなのにっ!異端審問ハ ソレヲ
許サズ」
TRPGしたいだけなのにっ! 異端審問01


60Gちゃんがわざと嘘をついた?
あ・・・
いや・・・それは・・・
だったら処刑でいいんじゃないですか
ね?(真顔の提案)


わざとっちゃあ・・・
わざとだけど・・・
というか、どんな嘘吐きをしたのよ。
こいつは異端審問ハ ソレヲ許サズを紹介
する記事でな・・・


 ―――――――――――――――――――――――


業界初、TRPG「プレイ」
小説だそうだ。


  ――――――――――――――――――――――― 


・・・と解説しやがった!
その解説は嘘なのかな?
うん。
間違い。


TRPGしたいだけなのにっ異端審問ハ
ソレヲ許サズは業界初、TRPGプレイ
小説ではない。



TRPGをプレイしてる小説なら
他にも数件ある。



「私はこの話を聞いた時にフォーチュンクエスト
でブラックドラゴンとTRPGを遊ぶ場面を思い
出した」
フォーチュンクエスト01

フォーチュンクエスト02


TRPGを10年以上やってる人間なら
1秒で分かる嘘だ。


しかも指摘してくれた親切な人がいるのに記事
を修正しやがらない!


恐ろしい捏造犯罪を見たの。
・・・・・・。
どういうつもりだ!
嘘吐き野郎!


だってさ・・・


公式の紹介サイトにも業界初TRPG
「プレイ」小説って書いてあったもの。



「今でも公式の紹介サイトに書いてある」
TRPGしたいだけなのにっ!公式01

TRPGしたいだけなのにっ!公式02

「↓ここに書いてあった」
TRPGしたいだけなのにっ!公式03


むぅ。
確かにそんな売り文句でしたね~。
それに・・・


業界初TRPGプレイ小説って
紹介した方が売れそうじゃん。



応援してる小説なんだから多少大げさな表現
で紹介してもいいじゃないか。


(それに、今風の厨二ラノベ+TRPGプレイ小説
って解釈すれば新しい試みかもしれんし)


確信犯!
擁護(ようご)できないの。
嘘、大げさまぎらわしい宣伝は大人の
世界では珍しいことではない。


好きなモノを紹介する時は大げさに紹介しても
間違いではない。


この腐れ外道がぁ!







黒ファントムちゃんは60Gをバック
ドロップで攻撃!


60Gの全身は床の
中に埋まった!



巨大衝撃


はは・・・殺せよ・・・
殺せ・・・・


だが俺は大人として間違っていない。


おまえに殺す価値などない。


名前の紹介欄を「嘘吐き野郎」
に変更してやる!



「改名:嘘吐き野郎」



・・・・・・。
60Gちゃんが罰を受けたの。
因果応報ね。
やっぱ嘘ついちゃ駄目よ。



あ。


ついでに・・・


Tさんの名前も
嘘吐き女に変え
といたから。



・・・そこんとこよろしく。


「改名:嘘吐き女」



私は関係ない!
おまえは毎年名前を変えてるだろ!
今年もついでに変えとけ。


というか強制的に名前を変更
したからな!



(新規でこのブログに流れついた奴は、Tさんを
嘘吐き女と記憶するだろう)


ガーン。
すごいとばっちりなの。


暴力をふるう昭和の体育教師より横暴なの。


というわけで今回の反省会は終了♪


みんなお疲れ♪
みんな健康には気を付けろよ♪



黒ファントムちゃんはコタツの上に置いてあった
ミカンのかごを抱え、堂々と去って行った。


今回の雑談はこれで終わりなの。
今年最初の雑談がこれですか。


幸先(さいさき)が悪すぎて泣けてくるわ。


解(げ)せない。


「というわけでキャラクターの名前を改名したの」

「60G→嘘吐き野郎」


「Tさん→嘘吐き女」



TOPに戻る