メケメケ食堂のブログ

ここは信州松川町。 まし野の高原の鎮守の森に抱かれた小さなお店がメケメケ食堂。 昭和初期に建てられたこの建物は、当時開拓者として入植された方のお家でした。 時代の移り変わりを、見つめ続けたこの家に流れてる空気には、忘れては行けない温かさを感じます。                         長野県下伊那郡大島3288    0265−36−3507   https://twitter.com/mekemekesetsuko   

December 2008

二人の夜をプロデュース

あと3日で今年も終わり。
メケメケ食堂も開店5ヵ月を向かえ、
お蔭さまで皆さまに可愛がっていただき
楽しい嬉しいメケ三昧のワタクシでした。

今年最後のビックイベントはクリスマスイブのメケメケラブラブな夜。

先週はなんと 月曜から毎日忘年会で予約で一杯。

でも クリスマスイブはさすがにあいておりました。

ところが 東京にいる息子から電話が。

「おかぁ 24日 空いてる? 」

「何? 友達つれてきて宴会でもするんかいな」

「俺のダンス仲間のIの、イブの彼女とのイベント、
メケメケで なんか考えてやってや」

予算は?

「金に糸目はつけねえってよ なあ (そばにI君いるらしい)8万円くらいでいーよな」
(もちろん冗談です!だけど 貸し切りだぜ。)

「彼女 和食が好きらしいからメニューは中華にしてやって」

「そんでさ イルミネーションとかあんの?
じゃあ 指パッチンの合図でつけたって!」
・・・ と言う事なすこと可笑しい。

あほんだら息子の策略で 悲しいかな私のイブは 仕事。

「いーわよ。やってあげる。でもたった一つ心配なことがあるの。
彼女に(今夜はどこにつれてってくれるの)って聞かれてI君言える?
メケメケ食堂だって。メケメケ食堂だよ!」

息子「店の名前言わなきゃいーじゃん」

「ばかもん! 誇り高きメケメケじゃ

「いーから。宜しく!」って・・・

前日に下見に来たI君。

ダンスしてる時もかっこえーけどこりゃモテるやろーというイケメンだ。
(そうだ。うちのカフェ、よくイケメン食堂と読み間違えられるんだ)

ケーキ出すタイミング。照明
プレゼントを隠す場所(彼女にみつけてごらんていうんだって)
ライトアップのタイミングを入念に打ち合わせ。

私はそのたんびに 「Iく〜ん 台本どおりいくといーねー」とからかい 、
あまりに真剣なんで

「も、もしかして 君 明日プロボーズすんの?」と聞いてしまった。

「せつこさぁ〜ん うまくいくかなぁ」

あ〜 うまくいくとも。

あたしがついてる!
全て完璧にしたる!
まかしとき! とチョーはりきる私

男って大変だ! しかし 可愛い!
そしていよいよ イブ。

私の緊張はI君にまさるとも劣らない。

来たー!二人が来たー!

私は台所のドアを一造世韻△韻 様子を伺う。

いつもみたいに「いらっしゃいませ〜〜」なんて出ていってはいけないのだ。

キャー可愛い!なんて美人なんだ
やるじゃないか!

イッセンチの隙間から垣間見る二人の世界はまるで映画の世界だ。

彼がテラスに出て、 白樺に美しく咲くブルーとグリーンのライトに
スイッチオンするタイミングを逃すわけにいかない。

裏口からすごい早さで外にでてってI君のスイッチオンと同時に
他のイルミネーションをスイッチオン

おー彼女が喜んでる
私も思わずニタ〜と顔が綻ぶ。
あわてて カフェにもどり、
ムーディーなクリスマスソングのBGMの音量をあげる。

あっ うっとりしてるわけにはいかない。

台所で次の料理をつくんなきゃ。

あーん あたしって凄い!
やっぱりイベント女だ。

人の幸せの為ならこんなにも張り切っちゃう。
もう完璧!

でも・・・ でもさ・・ 私の居場所がないじゃん〜
いつもみたいに 宴会してるみんなと馬鹿ばなしするわけにもいかず。

うろちょろしてたらお邪魔虫。

あれ?今日は何の日?
イブよ。イブ、何が悲しくてひとりで仕事してんだよ。

ちょっと寂しく台所のストーブの前で
「 二人の〜ためー せーかいはあるのぉ〜 こんちくしょー」と歌いながら
しかたないから ひまそーな 近所の友達よびつけて
台所で残りもんのおかずつまみながら 宴会してました。

「若いって いいなぁ」

I君と彼女に あとでケーキをわけてもらって
わーいわーい ケーキだケーキとさわぎながらほうばる。

かの有名な伊那の清水のケーキだ。
メレンゲが口の中でとろけて甘い。
まるで今夜の二人のように!

「 せつこさん 完璧です!」とデレデレのI君にほめられたんで
有頂天の私は もうすっかり寂しかったのも忘れてしまった。


よーし 「二人の夜を演出します メケメケ食堂」っていうの企画するわ!


「バレンタインはメケメケで


あなたも どう? 限定 三組。

幸せわけてもらったイブは ほのぼの暖かいメケメケの夜でした。

ありがとう お幸せに。

今週の営業日

本日21(日)は都合により 12時30分 開店です.

お店にはリース展をしてくれてる
例の「尖ったばーさん」が
留守番をしてくれてると思うので(ただ今交渉中!)
お越しいただいた方は 申し訳ありませんが 勝手にあがって、
あったか〜い お茶でも飲んで(ポットに入ってる)
まったりと ばーさんの くだらない駄洒落でも聞きながら
店主の到着を 今か今かと心待ちにしててくださいませ!

えっ 待ってんのは 店主じゃない 食事だ!?

そーですわね。
あいすみません。

22日 お休み

23 (火) 24 (水) 25(木)日 営業 4時まで。


昼は 予約をいただいてますので お待たせすることもあるかと思いますが
お時間の許す方は 是非おまちしています。

是非お電話で確認を。

0265 36 3507

      注文の多い料理店 メケメケ

いいものメッケ

メケメケは築60年、
満蒙開拓団として中国で大変なご苦労をされ、
命からがら引き揚げてこられたSさんのお家をお借りして、
大切に手入れをしてやらせていだだいてる食堂です。

このお家の倉庫や納戸にあるものを
なんでも自由に使っていいという大家さんのお話。

お言葉にあまえて色んなものをお借りしています。

その中で私がみつけた 宝物。

鰹節削り器

蓋の上に昭和30年と書いてありますから、
もうかれこれ50年以上前のものでしょうか。

「きゃー 懐かしい!」と歓声あげた理由とは。

・・ 私が小学校から麻布のお屋敷(ほんとにお屋敷みたいなお家でした)
に帰ると(実は生まれも育ちも麻布ナノよ)
母がきまって 「摂子さん 鰹節削って」と。

遊びたいのに〜とぶつぶついいながらも、 何故かいつも私の日課に。

だって今みたいに顆粒のだしも バックいりの鰹節もなかったんだから。
(しまった年がばればれやん

その日 Kさんという 日本家屋再生で大人気の すばらしい大工さんが、
カウンターの側面に レトロなタイルを はりつけておりました。

Kさんに 「これ使えるかナー?」と相談したところ
「わが家ではいまだにこれ。実は毎日僕の役目なんですよ。どれどれ・・」
と見てくれました。

「そりゃー鉋かけるも鰹節けずるもおちゃのこさいさいですよねー」

そこでKさん 持ち帰って、
錆びたとこやら刃の出具合なんかを直して使えるようにして
後日もってきてくださったのです。

けれど けれど! 道具はあれど 鰹節を入手しなきゃ!

いったい どこに売ってるの?

乾物やだって。

どこにあるの?

そりゃあ 昔はどこにでもあった乾物や。

最近私が見たのは 築地の 100グラム 〇千円もする 鰹節が
あまりに綺麗で感激したのが 最後だよ。

Kさんにそういうと、
僕が わざわざ買いに行く松本のお店のは最高だから、
開店祝いにプレゼントしましょう!って 言って下さって。

そして 最近 わざわざ 届けて下さったのです。(なんて いい人)

あっというまに 小学校時代にタイムスリップ

わくわく どきどき。

そーなの 鰹節は 削る方向が大事!

力加減 速度。

なかなかあなどれないのです。

しかし そこは 昔取った杵づか。
なかな私も上手いもんでして。おおはしゃぎ!

息子さんとお昼を食べにきた Kさん 正しい削り方をお手本に見せてくれながら、
親子二人であーだこーだと
刃の微妙な調整を何度もしては
(この光景もなんだか胸がじいんと暖かくなる時間でした)

ついに ついに!

薄くて 長くて美しい 鰹節が ひらひらと舞うように完成。

一同歓声! おぉー あぁ これよこれ。

まずは、 香を楽しみ 口の中へ。

その瞬間 私は叫んでしまいました。

「うぅ (むせび泣き)Kさん 私、たった今 猫の気持ちがわかった。」
(よりによって なんで こんな感想?)

この 鰹節とわが家の純米はざぼしこしひかり 炊きたて、
これだけで いい 、 もー なんもいらん!

天国じゃぁ〜〜〜〜〜 。

酒のつまみもこれさえあれば・・ 。

こんなにおいしかったんだな。

こんな素晴らしいもんは 絶対 よみがえらせなきゃ。
子孫に伝えなきゃ。
パック入りしか知らないなんて不幸すぎるよ。

おおげさだって?
よーし そんなこというなら メケメケにきて隠れメニュー
「猫にかつぶし」と合言葉をいってみんしゃい。
出してあげるから。

もちろん 自分で 鰹節けずるのよ。
精神統一して願いを込めて削るの。。

この味がわからない奴には 「猫に小判」だわ。
メケメケ。



たった今から、 鰹節は自分で削ろうじゃない会の 発起人になるぞ

カツブシつまみに 大好きな 「夜明け前」
うーん今なら「大信州」でもいい 
飲み会を 企画するぞ! と息巻いてるワタクシ
参加者はこの指とまれ

「鰹節と この道具が 私に生きる希望をくれました」と
メケメケ食堂店主は語る。


いいもの メッケ。

…というわけで

突然 ですが 本日17日 メケメケ食堂は
気楽な たまり場と化して

「陽水を聞きながら」
「達磨ストーブでスルメを自分で焼きながら」
「鰹節を削りつつ」
「旨い肴を食し」
「なんでもいーから語るかい?!」を 企画致しました!

普段 ジャズやら マンハッタンやら かけてるメケメケですが、
今宵はひとつ、 青春時代にもどって 好きなCD持ち寄って聞こーぜ!
という会でございまして 「陽水」は一例でございますゆえ。

かといって、マニアックなCD持ち込まれても
みんなついていけずに 戸惑い、酒の味もわかなくなるよーでは困りますので、
どーか一つ 40、50,60 代のおじさん達が
ぐぐっとくるやつを。

日ごろの感謝をこめて、 まし野住民中心ですが 気にせずに。
とけこみたい 気さくなお方 どーぞお待ちしております。

会費?
そんなもんございません。

食べただけ 飲んだだけ いつもニコニコ現金払い!
でございます。

今宵かぎりの   「 いー酒屋(居酒屋〜:) せっちゃん」

今夜6時から好き勝手にどーぞ。

ただし、 酒癖わるい方は

外のテラスで飲んでいただきます故 、

凍え死ぬよ!

                          めけめけ

ゴスペルコンサート

14日はお休みをいただき 喬木教会にて ゴスペルコンサートをやってきました。

教会ー? ゴスペルー?

と怪しく思ってるあなた
そんな難しいもんではございません。

まあ 歌好きの変わり者が 美しいーハーモニーを求めて、
はじけて歌ったり、踊ったりしてる集団でございます。

「 天使にラブソング」(俺達天使じゃねえ)
みたいな感じを想像していただけるといーかと。

ウーピーゴールドパークほどは いっちゃってませんが・・・

ワタクシ、そこで賛美歌アレンジしたり
しがないピアノ弾きしたり、 歌ったり、
うるさいおばはんになって、
メンバーに 「メケメケ厳しい」と嫌われたりしております。
そりゃー和気あいあいと楽しいのでございますよ。

コンサート前は鬼!とよばれてる節分生まれのワタクシですが。
ピアノって 練習すりゃーいいってもんでもなく
(えっ? 練習すりゃーいーのよ!? はい・・すいません
その日の気分、 体調、 温度、 湿度(なんでやねん)で
二度と同じ演奏にはならないんでございます。

ねえー、しがないギター弾きのみなさんも 太鼓叩きのみなさんも
そー思うでしょー!

プロはそれじゃあ いけないのかもしれないけど
あたしゃ しがない しょうがない ピアノ弾きですからぁ。

音楽も料理も クリエイティブな旬の生き物ですから。

そんで 本番に弱い 蟻の心臓の私は しばしぱ
ゴスペル= 誤滑る になるんでございます。

コードだけ 紙の切れ端にミミズののたくったみたいに書いて
(以前クラッシックのピアニストに、
なんだ!その馬鹿にしたよーな楽譜わーってあきれられた)

しかも 絶対、人には解読不可能な ぐちゃぐちゃでございますゆえ
(まるで 私の性格だ)
時々 私までも ぐちゃぐちゃになるんでございますわ。

・・・といいながらも まあ
14日はクワイヤーの歌声もいつになく(あっ ごめん)素晴らしく
弾いてる私も鳥肌がたつぐらいでございました!

私のピアノもまーこんなもんかと
許される範囲のミステリアスぶりで
教会で買っていただいたローブ
(ほら ドリフターズが 8時だよ!全員集合で着てたみたいな!)
を着て、 まるでクリスチャンみたいな。(こーみえてクリスチャンだい!)

どーみても 不良の私はみんなに
「ねえ ねえ これから ディオールせつこ って呼んで」
(そっちのクリスチャンか)と本番前までちゃらけておりました。

エルビス好きのもっと不良だった 伊奈牧師
(いや、メケメケでの結婚式の時の式と話しは素晴らしく
みんな感動してましたぜ 親分) は ついに
「僕も歌いたくなった!」とギターを抱え(ローブきたまんま)
私が 「監獄ロックでも歌うんか?」と隣の奴にささやいてると
果たして!・・ あーん やられた!

あま〜い 声で歌うは 「ブルークリスマス」

そんなこんなで大成功のコンサートでございました。
(・・と思ってんのは私だけか?)

なんか 楽しそーだら?

メンバー募集中でございますので
そこのあなた! とりあえず 歌ってみるかー、っと
同じ穴のムジナになってみませんか。

面接 オーディションは メケメケで。
(人間ならはいれます)

個人的には イケメンテナー(理想。玉井く〜ん〜
及び ブルース系低音の魅力、ちあきなおみ系の声の持ち主
又は 天使の歌声系熱望。

音痴のあなたもオッケーヨ。
私が手取り足取り指導します。
最後は命取り。

連絡待ってるわ メケメケ
  • ライブドアブログ