メケメケ食堂のブログ

ここは信州松川町。 まし野の高原の鎮守の森に抱かれた小さなお店がメケメケ食堂。 昭和初期に建てられたこの建物は、当時開拓者として入植された方のお家でした。 時代の移り変わりを、見つめ続けたこの家に流れてる空気には、忘れては行けない温かさを感じます。                         長野県下伊那郡大島3288    0265−36−3507   https://twitter.com/mekemekesetsuko   

March 2014

四月の営業予定

整形外科のリハビリステーションに通ったり、整骨院に通ったりしている毎日ですが、どうも、回復もノロノロで、先生には、あせらずに、ゆっくり行きましょう、と慰められております。

そんなわけで、メケメケオープンはも少しお待ちください。 ゆるゆると、リハビリオープンはしていくつもりですが、おそらくやったり休んだりと、ご迷惑かけるかもしれません。 何とぞ、何とぞご理解お願いします。

予定については随時ブログでアップします。
よろしくお願いします。

骨の次は自動車のお話よ。

先日、すっごく久しぶりに友人とお昼ご飯を食べながら、
事故の一部終始&お互いの近況報告を致しました。
むちうち休業のお陰で 久しぶりの人とゆっくり話せたりするわけで。
  
わたくしの自慢のストレートネック頭蓋骨写真を見た彼女
 「見かけによらず、可愛い頭蓋骨じゃん」      
後にも先にも頭蓋骨を誉める奴はあいつぐらいだ。 なんちゅうやっちゃ!   
見せる方も見せる方か・・
 
さて、事故の話はまだまだ続く。えっ?しつこい? 
だって他にこれといった話題がおまへんねん。    
なんせ 仕事人間でメケメケ大好きなのに、やってないんだから。
 
体調不良で遊ぶ元気もないし。
本日は  事故にあった私の可愛い ミニ仕様仕上げのミラジーノの行方に
ついてでごさいます。。

あの日 無惨にもレッカー車で運ばれたマイカーは、
わたくし御用達の自動車屋さんへ。

そこの社長はとっても親切で、仕事をきちんとする青年で、
事故後  首に太いマキマキをした私が警察に呼ばれてまして、
「こんな怪我してる私に運転して警察まで行けってのかい、無理だ 嫌だ  運転できない」
と私がごねていますと、      
社長西島くん(思いっきり仮名、大好きな俳優の名前にしといたわ) が 、
「俺、乗っけてってやるもの」 と言ってくれるではありませぬか!
 なんて いいやつなの!?   
こうして、わたくし 年若い男性の運転で、行って参りましたわよ。
警察に。
 
なぜか西島くんは、我が物顔でどんどん署内に入って行きます。
「知り合いがいりゃいいんだけどな」
といいながら 勝手知ったる階段をどんどん上って行きます。
えっ? なんで?

「だって仕事がら、よく来るじゃん」
ああ そうか。

「 だし 、昔世話になったしよー」

なに!? 刑事課?      
刑事課かよー

「遠い昔の思い出よ」
そしてさらに、廊下をどんどん進み

「 この部屋よ、この部屋! ここだけ 壁が厚いんだぜー」

おいおい。
なにやんちゃしたのよー  

そして交通課の方による事故の確認の為小部屋に。
「お連れの方どうされますか」
と聞かれ、わたくし思わず
「西島〜今は立派に更正した姿をみせておやりよ」 と言ってそこに座らせました(笑)

私の事故車はミラジーノ。
なのに事故当日検証に来た警察官からは、
電話で   「 自動車はローパーミニですね」といわれるほど、似た仕様にしておりました。
 
しかし車検の度に 通んないからとったよ、とテールランプやらなんやら
一個ずつはずされてったんだよなー。

13年も乗ってたかわいいやつを 廃車にされ、
そうよ、 心の準備もないまんま、別れを一方的につきつけられたのよ。
 
あんまりだよ 西島〜。
修理したら100万円だって。
なのに査定は98000円だよ。
あんまりじゃないかぁ〜
しかも 車検で戻ってきた日の出来事だよ。

これはもう、バレンタインにチョコくれたくせに、
翌日別れ話を聞かされたみたいなもんだわ!
 
ねっ 許せないよね。
なんだよ 査定って。
私の愛車が98000円てどーいうことよ。

 あんたにはろくでもない男でも私には最高のおとこだったのよー!

  (なぜか、例えがこうなる。)

わかったわよ、 わかれてあげるわよ。未練たらたらで。

こうして私はおさらばしました。

最後に まじに、ジーノ君に向かって
「長年ありがとね、ひどい乗り方して、ごめんね。ご苦労様。さようなら」
 と挨拶してたら 西島くん、笑ってましたけど。

さて こうなったら さっさと次の男、ちがった車決めて乗り換えないと。

問題は 誰に、いんや、何に乗り換えるかだ。
                             後半につづく


2014031015390000

                          

満蒙開拓平和記念館に。

本日は、いつに無く、真面目な日記でございます。

メケメケが、満州から引き揚げてこられた御夫婦のお家であることは、
既にご存知だと思います。

中国東北地方に 13年間だけ存在した幻の国「満州国」 
ここに 日本から27万人の農業移民が、夢の新天地と信じ、
地主になれると信じて渡っていきました。

しかも 国策であり、 教師や地域の組長さんは
 一人でも多くの、 若者、家族を送り出す為の説得と斡旋をノルマ化されていました。
 
1945年 不可侵条約にも関わらず、 突然のソ連侵攻で、
満州は戦場と化し、開拓団の人たちは、地獄の日々を送りました。

命を落とした方々、自ら命を絶ったり、我が子を殺さなければならなかった人たち、 
終戦後も 帰国できず、中国残留孤児として生きた数多くの日本人。
彼等の悲痛な叫びと苦難の歴史が、語り継がれるために、
昨年阿智に出来たのが、「満蒙開拓平和記念館」です。

メケメケのお家の持ち主であった、城田さん夫妻は、
満州で二人のお子さんを亡くされ、
しかも 何度も入水自殺を図るという、痛々しい想いを背負いながら、
引き揚げ船で帰国し、この地  増野に入植し、開拓した方です。

増野は今でこそ、林檎や梨やサクランボのなる、果物王国、素敵な場所ですが、
実はこんな 歴史があること、 メケメケを始めるまで、
恥ずかしながら何も知りませんでした。

増野で唯一、残っている当時の家で、私はメケメケを始めたのです。

この6年間、満蒙開拓について、本を読んだり テレビをみたり、
満州に行っていた増野の方々に話を聞いたりしているうちに、  
今まで知り得なかった、いえ、知ろうともしなかった事を知るにつけ、
私が出来ることは、少しでも この様な事実があったという事を 
語り続けることだと思いました。
 
記念館のお休みがメケメケの休みと重なっていたため、
行けずじまいでしたが、むちうち休業のお陰で、やっと行くことが出来ました。

長野県は日本全国で 開拓団として満州に渡った人の数が最も多い県です。


お時間のある方は、是非足を運んでいただけたらと思います。

戦争や、国が仕立てたマインドコントロールで、人の命が軽んじられたり、
国の犠牲になる事が二度とないように、
未来の子供達が平和で安らかな社会で暮らせるように、
過ちを二度と繰り返さないように、
過去を知る事、語り継ぐことは大人の責任だと思います。
  
メケメケにも 増野開拓団組合というのが今もあります。
そして 当時の悲惨な体験を綴った本もあります。
城田さんの手記も載っています。

私は戦争を知らない時代に生まれたのですが、
メケメケで頂いた、一つの縁をきっかけに、
出来る事をしていきたいと思います。

ここ数年は、当時、満州にいかれた方、視察に来る方、
満蒙開拓の本を書いてらっしゃる作家の方もいらしてくださるようになり、
不思議な縁を感じます。

メケメケに足を運んでくださるお客様、
どうか、ただのボロ家には、こんな歴史があることを、
ほんの少しでいいですから思い出してくださいね。       
城田さんの仏壇も大切にお預かりしているお店です。


  満蒙開拓記念館          長野県下伊那郡阿智村駒場711番地10
    0265ー43ー5580

骨が命!

骨のある奴
骨身を惜しまず働く。
骨折り損のくたびれ儲け    

「骨」を使った言葉、結構ありますね。
 
脛椎も脊髄も、体の機能を正常に司る為に如何に大切かと言うことを、
つくづく再確認した今日この頃です。

先日整形外科に行ったついでに、前から気になっていた、
骨粗鬆症(骨密度ってやつね)の検査をして参りました。

腰椎と 左大腿骨の骨を機械で測定するもので、
10分もあれば簡単にできるものです。
  
結果は・・・           
「貴方の骨密度は、同年齢の平均と比較すると112%です。
若年成人と比較すると
(この一文で私がそれなりの年寄りということがばれる)99%です」

2014030513510000
ボケてる…

医師の所見は
「いやぁー片桐さん、問題なしですね、
結論をいうと 若者並みってことです。よかったねぇ」 

むちうちで来院してんのに、違うことで誉められ、
しかもチョー嬉しくてルンルン帰って、友達みんなに自慢メールして。       
ほんとに単純だなぁ。   

昨年は余りに息苦しく過呼吸なのか 胸が苦しいので、肺の検査に。
肺活量とかレントゲンとか色々検査した結果、
「肺年齢は10才若いですねー、なんの問題もありません」と言われ、
じゃあなんで、こんなに息苦しいの? 

そうだ ストレートネックのせいだったんだ。

てなわけで、ストレートの方はむちうちになると ますますひどくなるんで、
くれぐれもご用心。
 
本日から始まった整形外科でのリハビリは、 イケメンの先生でございました。
 
目がかすむのも、集中力がないのも、忘れっぽいのも、計算ができないのも、
当分、むちうちとストレートネックのせいにして、いけますねぇ、というと、
大丈夫 まだまだ そのせいでいけます。と言われました。

治ってきたら、次は歳のせい。いずれも「何かのせい」です。 
私のせいではありません。 
 
こうして、良いことは 私のおかげ。
悪いことは なんかのせい、にしておくと、
きっと、長生きできますねぇ。
えへへ。

・・と言う事で、休業宣言。

わたくし、普通のおばさんに戻りたいので、暫くメケメケお休みにします。
・・・・って、都はるみじゃないよ。

むちうち全治一ヶ月につき、只今毎日病院通いしております。

目のかすみとか 腰がとにかく痛いとか、
首と肩や背中がパンパンでちょっと動くと気持ち悪いとか、
なあんか 歩いてると左に寄るんだよなぁ〜とかありまして、
とてもハードな調理人は無理でして、
一人経営のメケメケを体に「むちうち」 やる自信が御座いません。
誠に勝手ながら、3月一杯お休みすることをお許しください。

頭はしっかりしておりますので、今年のメケメケについて、
あれやこれや、楽しいこと考えておきますね。
だから見捨てないで待っててね〜。


そういえば、昨日ブログを読んだ常連のお客様よりお見舞いメールが届き、
ありがとうございました。     

しかし それには、「頭はともかく、体はしっかり治してね。」 と。
頭はもはや治らんか・・  私の事よーくご存じで。(笑)

頭はそのまんまでメケメケいきますから悪しからず。
 
では次回のブログは、    整形外科のお話。

 事故の話ばっかりやんか。
  • ライブドアブログ