以前から気になっていた、玄関までのアプローチ。
なんとかしたい! とやっと実現に向け動き出しました。

まずは、毎年二科展に入選していて、
日本で数人しかもらえない「特選」という凄い賞まで取った人、
大理石や花崗岩を魔法の手で、
美のアートに甦らせてしまう、
地元の彫刻家(ちと、ほめすぎか?)O氏に相談してみました。

彼とは、10年来のお付き合いで、ガーデンアートもすばらしく、
マシノワイナリーのお庭を手がけているので、
前から頼むなら彼!と決めていたのです。

快く引き受けてくれたO氏。

ある晴れた日曜の午前中、メケメケオーナーの北沢君と
彼のイケメン長男を助っ人に、
むかーし私が手に入れた枕木と
オーナーのコネでゲットしたレンガのかけらに、
O氏があっという間に黄砂入モルタルをつくって、
すてきに組み合わせ、お洒落な風情にしあげてくれました!

20100521180000


午後は、昼飯にビールまでつけて誘惑。
なんと独りでコツコツと、
レンガジーグソーパズルをマニアックなほどの細かさで
仕込むオーナー。

「へぇ〜こういうこともできるんだ! すごいなぁ、好きなの?こういうの」と聞くと、

その返事はなんと意外にも、
「俺が一番苦手とする大嫌いな仕事だ。こんなコツコツやるのしょうに合わん!」

「えっ?じゃあなんで、そんなムキになってやってんの?」

「今やめたら、もー永遠に仕上がらないかも。」

「いるいるーそういう奴。プラモデルかってきて、あともう少しなのに、仕上がらなくて、何年もたったりする奴、そーいう性格?」

「そーだ!今ごろわかったのか」

お客様がひけたので、おもしろそうだし、私もやることにした。

・・ ・腰が痛い
・・・飽きた
・・・修行みたい
・・・こんなん独りでやったら、いつしあがるか・・

私は北沢君を一人残し、息子のダンスを見に
鼎(かなえ)文化センターへ行っっちゃった。(なんちゅうやっちゃ!)

だって、ゲスト出演なんだもん!

メンバーの中には、ライブの時EXILEのバックで踊ってる奴もいるし、我が息子ながら、
どえりゃあかっこええんだわ!(親馬鹿万歳!)

ルンルン気分でメケメケに帰ったら、オーナーまだやってる。
凄い!偉い!感謝感激。

もう、夕方だし、やめようか。っとその日は解散。
あれから一週間、オーナーは一度も顔を見せない。

もちろん、仕上がってはいない。
やっぱり・・・・・毎日レンガを10コはめたら飽きる根性なしの私。ひとりでやってもつまんないんだもん。腰痛いし。

そこて良いことをおもいついた。

だからぁ〜・

お客さんに、来店記念に、ワンピースずつはめてもらおう!

そして記念すべき最後のピースをはめたラッキーなあなた!
(どこがラッキーなんだ、説明してみろ! まあまあ・・)

そのあなたには、 コーヒーとスイーツをご馳走します!
なんてのはどうだろう。

ついでに、仕上がったとこに土をかぶせ、
ほうきで掃いては、すきまを埋め仕上がりを実感するという、
わくわくするような体験!

さぁ、今日からスタートよ。

「玄関すてきね」
と誉められたら、みんなが口々に、

「俺が(私が)やったんだぜ、すごいだろー」と自慢できる。

たとえワンピースでも。私みたいに威張れる。(北沢君ごめんなさい)

おまけにBGMはステレオから流れる懐かしいレコード。
うーん、その時はやっぱり、カーペンターズかなぁ。
(大工さんたち・・)

さあ、みんな!やろー!

ただのずる賢い女店主、メケメケ。



番外編。

O氏が、モルタルが乾く前に、
記念に俺たち三人の手形をつけといてやるという、
ありがたくもなんともない申し出を、
「ジョン・レノンでもないのに、いらない!No、Thank you です」と断る。
更に、かけていたメガネをはずし、
「これ、ジョンがかけてた奴だぞ、(そーいうモデルということらしい)」

北沢君。「あっ、俺も昔かけてた!」 と盛り上がる二人。

あのねぇ、だからって、ジョン・レノンになれるわけじゃないでしょーが!

やれやれ。あたしの知り合い、こんなんばっか。
類は友を呼ぶ!?

ほっといてください。


こんなかんじ
20100521175836



レンガジグソーパズル
20100521175916