世間が騒いでたり、ブームだったり、何百年に一度とかもう二度と見れないとか、言われちゃっても
全く微動だにしないこのぐうたらなわ・た・し・がこの日「金の輪」を見ちゃったよ。

そもそも、メガネ買う気もないし、サングラスじゃダメ?下敷きもダメ? セロハンもっとダメ?
としつこく聞いて(本気で見ようとしてない証拠)
旦那にことごとく馬鹿にされ脚下。

そしていよいよテレビも新聞もその話題で持ちきりの時も、
私は金曜の宴会と土曜のかっとび倶楽部バイク野郎の大宴会、お泊まり 朝食、そして片付け、掃除、
昼の準備でバイトには振られてんてこまい、だったので、今朝はそんなことはすっかり忘れてた始末。

しかし旦那の朝ごはんを作るために6時10分起床っ。
たらたらしてると、とっくに起きてた旦那様、ガラスの破片に煤塗ったのをもって、これで良し、
とか言って会社に行ってしまった。

いつもなら二度寝をするんだが、んじゃ覗いてみるかという気になる。
数秒覗くと目が疲れるので休み休み。

テレビ実況中継と合わせて気分を盛り上げてみる。

そうしてるうちに、ガラスのすすが少しずつ取れてきて、見れるスベースが限られてくる。

もう私が生きてるうちには、決して二度とないこんな貴重な体験を、
こんなチマチマした貧乏臭いガラスの破片で 、
鼻の頭にすすつけて、片目を閉じて口をひん曲げて
(ためしにやってみて、そんな顔になるから)観ているバジャマ姿のこの私を
決して誰にも見せれないぞ・・などと考えているうちに来たー!!!


来た来た来た。


辺りが薄暗く夏の日暮れの様になり、そしてその時が。

この宇宙の神秘に感動して涙がこぼれそうになった。
BGMツアラトウストラかく語りきが頭の中で鳴っている。

全く忘れてた寝ぼすけの私を、ここまでにした偉大なガラスの煤つき破片!
いや違うだろ。

金環日食に万歳だ!


そしていつもと違う哲学の朝がやって来た。

神様の天地創造はなんと偉大で不可思議で、神秘に包まれているのだろう!

そして、一瞬光を失い薄暗くなったあの時間と、
再び太陽が光を注いだあの時間が、
まるで人の人生のようだと思った。

闇があるから光に感謝できるんだ。

カーペンターズも歌ってた。「青春の光と影」


そして神は人間には思いもよらない道筋をつくり、
私たち一人一人の人生に闇や光を交互に与えて、
試練や努力や偶然を装った出会いや奇跡を起こして、
何か目論んでいるんだろう。

私がメケメケを始めた経緯も不思議すぎるもん。

そんな風に考えたら何百年に一度のこの日も、毎日の一瞬も、
同じように大切で意味がある、といつもよりも、かなりマシな思考回路の朝となった。


しかも、しこたまエネルギーをもらったのか、
メケメケに来る前に、庭の草取り、田植えにつかった苗板洗い、洗濯、掃除をこなし、
凄い動きの良さに自分でもびっくり!

そして出勤!
私には毎日のメニューの買い出しと仕込みがドキドキするほどの緊張 と 忙しさになる。

まさに日食だわ。


そんなわけで、本日の金環日食お一人様観賞会の日記でしたぁ〜。


皆さんはどないな朝を迎えましたか?


ぜひコメントお待ちしております。