暫くサボっていたブログですが、これにはふかぁい訳が。
 
屋台村の翌日、夜中から 胃腸炎にかかりまして(世間で流行っていたらしく) 
これはもう、救急車を呼ぼうかと思ったくらいで、 
やれやれ、やっと本格的に、メケメケ業務を終え、
暮れのてんやわんややら、餅つきやら、正月料理やら、家族サービスやら済ませ、
やっとやっと、私の明るい楽しい冬ごもりに入ろうと、ルンルンしていた矢先の事でございました。

 なんとか病院にたどり着き、 点滴を二本うち、枕元に ◎◎スエットを置き、
 全く何も受け付けない生活約 五日。もー地獄でございます。

 神様の意地悪。
こんなに一年間働きに働いたのに、私は遊びにいくことさえ許されないのか、
と本気で思いました。
しかし、今になると、わかります。 

たかだか胃腸炎で何言ってるねん、治る病気じゃないの、
しかも、腐るほど寝たいと、いつも言ってたじゃん、違う意味で 腐りましたけどね。
寝れましたよー、 こんなに寝たのは何年ぶりか。

そして発見したこと。    
最初の二日間、ほんとに水分しか取っていなかったほぼ ファスティング状態。 
そして、初めて口にしたのが  昔からある ミレービスケット 一枚。         
大好物でして、 一度食べたら止められない やめらんないという、お菓子でありまして。  

それが、なんと、なんと、一枚でリタイヤ。

 味が濃いんです。油っぽいんです。

 これは、これは何?       

そうです、空腹は最高の調味料と申しますが、まだ 空腹という食欲もなく、
しかし断食状態によって、私の味覚が、研ぎ澄まされ過ぎて、
味が敏感に。味が濃く感じた模様でして。
はい、ミレーに罪は御座いません。あれは、最高に美味しいお菓子です。いつもなら。
この飽食の時代、たまには断食したほうが良いんだな、と痛感。

ワタクシの断食は、暴力に対して無言の訴えをするとか、
ガンジーみたいな偉大なもんじゃぁござんせん。 

正月食っちゃゴロゴロして増えた体重は見事に消えてなくなり、災い転じて福と成す、みたいな。


ミレービスケットを再び誰か止めてくれー というくらいに、
ひたすら食べれる日、ワタクシの病はすっかり治ったと言えるのでありましょう。

次回はカッパえびせんで試してみよう。

胃腸炎にでもならなけりゃ、ファスティングも出来ない
意志の弱い私への戒め初めだったのでしょうか


それにしても、メケメケ営業中でなくてよかった。   
この強靭なウイルスは、うつりますからね。
絶対料理人にはタブーですから。
10日は 営業停止でしょうな〜。

しかも 今週末は娘の結婚式。

ああー 今週の出来事じゃなくてよかったぁ〜


 ある意味、大変ついている、といえます。
(いや、それはちがうだろ、というご意見もあるかと。)


人生ものは考えようで、不幸にも幸福にもなれるのよ。
っというボジティブ思考にて、本日のブログは幕を閉じさせていただきます。   
続く・・・

皆様もお気をつけて。