またまた ブログ御無沙汰です。

これには涙無くしては語れない深い事情が。  

 (またか! 胃腸炎の次はなんだ?)

 そうそう、わたくし 独り暮らしの母孝行に横浜に行っておりました事は、

皆様ご存じですよね。(え?メケメケ店主の普段なんて興味ない?) 
 

だって 言いたいんだもん。

当初の予定では、二月初めから二週間ほどで帰り、

山ほどたまってる片付けとか確定申告とかする予定でありました。
 

ところが あなた、 あの100年に一度とかいう 14日の金曜の例の大雪で、

交通網壊滅状態で、帰れなくなりまして、

まあ 三階暮らしなんで、雪掻きはしなくて済んだんですが、

買い物にも行けず、落ち着いてから行った店にはパン一つ売ってやしない。

そんな嵐女の結末・・

しかも毎日オリンピック夜更かし。

遊びにも行けずに 動かないからブクブク太るったら。
 
そして 13日に長野の友人から電話。

「今出張で東京にいるんだけど夜は暇なんだよなー」とホテルから。

私は 「明日から大雪らしいから午前中に帰んないとヤバイことになるわよ」と忠告。

しかし 「まだ仕事があるから夕方まで帰れないわ」といった彼の行く末は・・ 
そりゃもう悲惨なものであったそうで。
 

金曜の夕方東京を出た彼は、まもなく 山梨ではまり、

なんとか命からがら、どっかのPAエリアのコンビニ前までたどり着き、車中泊。

しかし 「死ぬかと思った」 とか。

それから三日間避難所生活だったとか。     


本当にあの雪でどれだけ大勢の方々が、想像を絶する思いをしたか、

そして今も、今後の生活のめどがたたずに苦しんでいる方々がいらっしゃるかと思うと、

胸が痛みます。

メケメケでバイトしてたおむすびちゃんも、すっごい山奥に住んでて、

三日間くらい孤立状態で   助けを求めに、

とあるとこに救出を頼むと、

言われた言葉が、

「そんな山奥に住んでんのが悪いんでしょ」だったとかで、

それを言った奴は 、恐らく全国民を敵にまわし、

ぶっとばされ、社会問題にもなりかねないんで、誰とは言いませんが・・・

ざけんなよ!でございます。
 

さてやっと長野に帰ってこられた翌日に、

私に起きた、悲惨な出来事とは・・


毎年二月は鬼門だ。
                                               つづく