先日 わたくし、伊那のライブハウス、グラムハウスという所に始めて行って参りました。
噂には良く聞いていたし、東京でDJやってる息子が、
たまーにそこでのイベントに出演するため、来ていたし、
一度行ってみたい、と思っていた所。     

この日は、婿の同級生がボーカルをしていて、結婚式にも、ライブをしてもらった、
女性バンド、「ずくなし」が来るというので、絶対行きたい!
と音楽仲間O嬢を誘い、恐る恐るの初グラム!


おーっ!! これは今までにない感じですぞ。     
まとまった感じじゃなく、気楽に音楽聞けるぞ。
踊れるぜ!みたいな感じ。  
  
そして一発目出演バンド 「JAZZ COLLCTIVE」にはやられましたわ。

海外でも注目と人気のクラブミュージックバンド。
サックス、トロンボーン  ベース  ドラムス  ピアノ、お洒落で垢抜けてて、 超絶上手い。
  
基本上手くなきゃ聞きたくない、メケメケでやるライブも上手くなきゃ、
やりたくない私は、この日のクオリティーの高さと、
現代の音楽の香りを満喫いたしました。
 
最近テレビの歌番見ないし、ついてけないし、
店が忙しく、外のライブ見逃してるし、
何より、打ち込み音楽してるDJ息子が こんな感じの音楽を作ってるのかなー?
などと思いつつ聞いていたので、今の香りムンムンで新鮮ライブに興奮しました。
客層は高校生もいて、おそらく私は一番年寄りだったに違いない。
なんせ二つしかないベンチに座ってましたから。
みんなは立って踊ってましたから。


そして 「ずくなし」 は、もうなんと表現していいのか、
ソウルジャズボイスと懐かしいサウンドと、
観客を魅了するパフォーマンスとMC、
その惹き付け能力は半端なく、噂には聞いた通り。

私とO嬢は、すでに立ち上がり、歌うわ踊るわの大興奮の時間でありました。
翌日むち打ちの我を忘れ、はしゃぎすぎた私は筋肉痛。

とにかく、日本にこんな感覚を奏でる輩がいたんかい!!
と私の音楽魂が、火を吹いた感じでございました。


いつか絶対ずくなしライブを企画する!と決心。

昨日も暇な店で一日中、ずくなしCD聞きながら、
ずくなし(こちらの方言で、やる気がなく怠け者のこと)しておりました。

いい音楽は細胞を活性化させ、エネルギーを充電してくれる。

ただ、これは人それぞれで好みが違うので、難しいとこだけど、
我儘にも、メケメケでは、私の好みだけでミュージシャンをチョイスしております。
万が一お客が一人も来ずとも、わたし一人の為のライブでもいいんだから。

そんな万が一はないけどね。

そんな中のピカイチ、サトウリュースケや中村翔君 は、
みんなに是非聞いてもらいたい二人です。

又5月、6月にやります。

国際的ジャズシンガー
中本マリ・さんも6月に久々やりますよー。
というわけで、むち打ち休業イコールリフレッシュ休暇に変える逞しさなり。


ライブ情報は後日。


追伸。グラムハウスのオーナー 大沢さんは凄い。   
長野出身のミュージシャンにチャンスをつくる場所、
そして、すばらしい音楽をもっともっと発信してもらえるライブハウスが、
増えてほしいと思います。


ダンス禁止令を出したり、スタジオやライブハウスを作りたいと思ってる若者に 
不良の集まる場所、などと、根拠の無い時代錯誤的な発想をなげかけ
潰す大人達がいるのも事実で、ほんとに悲しいです。

音楽とダンスが、どれだけの人の心を元気づけてくれるかを知ってほしいと思います。

かつてのあなたも、そんな時代があったはず。

自分に無い世界や忘れた時間を 否定する人にはなりたくないなと思います。

好き嫌いはあるにしても、押し付けたくないなと。

メケメケもそういう店にしたい。

柔らかい心を持ちたい。 
そんなことを思った初グラムでした。

 素敵な一日をありがとう。