12日のサトウリュースケ 、 そしてガジュマルライブは沢山の人に来て頂き、
この上もなく幸せな夜になった。
   
リュースケが定期的に出ている、
東京のライブハウスのオーナー達が勢揃いしてくれたのは、
奇跡のタイミングとしか言いようがなかった。
嗚呼、なんで全員で記念撮影しなかったんや!

まず 八王子のライブバー、グルママのオーナー、シャーカさん。
地道に、このライブバーで腕と精神力を磨き、
彼女の暖かく、時には厳しい愛で、メジャーデビューを果たしたミュージシャンも多い。

 リュースケも又、数年前から 月二回、月曜日のソロライブを行っている。
リュースケは行くよ!とシャーカさんも私もファンの皆も信じてる。
シャーカさんが、そう言ってくれたら、絶対大丈夫だ!という気がするし。
そのシャーカさんがはるばる一人で運転して、日帰りで帰っていった。
感無量。
  
そして 同じくライブハウス  STAX FREDのオーナー 中村さん。
若い時のチャーにどことなく似ている。
嘘偽りなく、いい音を愛してる人なんだと思った。
ちょっと、ヤンチャなお兄さんだった。
メケメケに来たことを心から喜んでくれたみたいで。
夜中まで飲んで話せて嬉しかった。
ほんとに有り難う。

そして ガジュマル。   この日のライブの出演者。
まるでお伽噺を話すような、暖かく、独特な世界観をもつアーティスト。
伸びやかな声。
そして彼女と話して、「あっ 地に足がついてる男前のかっこいい女だ!」と感じた。
しかもめっぽう 酒が強い。
彼氏にしたい。
彼女も又、新宿の 「真昼の月・夜の太陽」 というライブハウスのオーナーでもある。

 この三人との出会いはほんとに感激で、私はこの日、朝から緊張し過ぎて、
具合が悪く、ブドウ糖を打ち、首と腰を牽引しに行き、
感冒薬を飲み、安定剤まで飲む!という有り様だった。
 
先日リュースケに内緒で突然グルママソロライブに行ったときは、
「参観日に母ちゃんが来たみたいでやりにくいなぁー」
とリュースケは 舞台でタジタジだったが、
今度は私が、 リュースケ囲んでの三者面談みたいに緊張した。
 
お客さんの注文をこなすのに精一杯で 、
この日の二人の歌をじっくり聞けなかったのは残念だったけれど、
東京からや千葉から、又初めて聞きに来てくれた大勢のお客様に、
感激で、感謝で、リュースケに紡いでもらったお客さんとの繋がりは暖かく、幸せだった。
 
リュースケの歌がきっかけで、人と人は繋がれる。
そんな役目をもつミュージシャンなのだと思う。

彼のお陰で、どれだけの人達と縁ができただろうか、
そう思うと、心がじいんとする。
帰宅して寝たのは夜中の三時。体は疲れていたけど心は満たされた一日だった。

メケメケはライブハウスではない、ただの音楽好きのオバチャンがやってる食堂だ。
でも年に数回、どうしても、ライブを企画したくなる。
ウズウズして、大変なくせにやめられない。 
私が、もっと人口の多い街にいたら、危うくライブハウスにしちゃってたかもしれない。
あぶないアブナイ!
そんな危険な仕事やんなくてよかった!。
だって、自分の好きなミュージシャンだけ呼んでちゃだめだろうし、
聞くに耐えない下手くそなんか来てしまったら、ストレスで、あたしゃあ病気になっちまう。
マイク投げて帰れ、と言いかねねぇ。
そんな意味でも、ライブハウスのオーナー、三人、尊敬する!
何時までも元気で頑張ってほしい。
未来あるミュージシャンを育ててほしい。
恐らく毎日かなりの寝不足だろうけど。(私なら、確実に倒れるからね)
私はみんなが集まるメケメケが大好きだとつくづく思った一日だった。


大好きな場所で、大好きな人達に囲まれ仕事が出来る。
これ以上の幸せは無い。  
神様、ありがとう。と言いたい。

翌日は長野へ追っかけ、
話しはまだまだ   つづくのであります。

あ〜あ、忙しくて、この日のは写真がとれなかったよー。
無念。