12日のライブは、幸せに終わり、さて翌日、朝寝をしようと思いきや、
昨夜の興奮覚めやらずの私は睡眠時間三時間のまま、 
目が覚めてしまい、家事をすませ、再び腰の牽引へ。
 
そして、前夜の残骸を片付けに9時半、店到着。
アルバイトのちえちゃんと、スッゴい勢いで仕事を済ませ、
自宅へすっ飛んで帰る

11時30分にはテレビをスイッチオン。     
チャンネルはNHK 。       
「ひるとく」が始まるまで あと10分あるから、トイレへ行ったり、
テレビの前に座布団をしき、準備万端。
緊張して待つ。


そうなんだ。
今日はなんと、リュースケと、前日パーカッションをしてくれた、
マスダ社長商売繁盛楽団の
イケメンドラマー MAKOTO USA が テレビにでるんだよ!!
リュースケは二度目のオファー。
前回は、イケメンギタリスト、ヤマピーとだった。

完全なる生放送。

もうドキドキする、ちょー緊張。
本人はもちろんだろうが、まるで、息子のはじめてのお受験を待つ母の心境。
  
この日、東京から来てたリュースケファン、三人娘は、
早朝7時に松川を出発し、すでに長野スタジオ入りまでして、
本番を待っていた。

 全員が同じことを思っていた。

  「リューちゃん、リラックス、リラックスやで、
深呼吸して、ちゃんと喋れよ、歌詞、間違えるな、忘れたらアカン!」

こういう時は何故か関西弁になる。  
普通 ファンは、こんな心配はしない。
ただただ 憧れと 嬉しさでワクワクドキドキするもんだ。      
しかしリュースケファンはひと味違う。
何故か?なぜなんだか、いつも、はらはらドキドキする。
全員が リュースケの母ちゃんと化す。

なんでなんだかわかんないんだが、
いちど試しに、リュースケの絶大なる支持者になってみると体感できる。
「ファン転じて 母と化す」  (災い転じて福と成すみたいなゴロだな)

そして本番。
満面の笑みのまこっちゃんは、楽しそう、嬉しそう。
アメリカン星★柄のシャツにシマシマのルーズなパンツがめちゃめちゃ似合ってて 可愛い、
目立つ。
しかし私は内心  オイオイ、夕べ、そのパンツ履いて寝てたじゃん、
天下のNHKにパジャマ着てでちゃダメだろ。
いやいや パジャマではありません。たまたま 寝てしまっただけです。
それ着たまんま 酔っぱらって 寝ちまっただけです。
 
などと一人ほくそ笑みながら(私だけが知る衝撃の事実だ)
そのイケてる洒落っぷりに いーぞまことー!と声援を送っていた。
 
一方リュースケはというと、緊張している、
メッチャ緊張しているのが分かる。
顔がニコリともしてない。
シャツも地味だ。心なしか二日酔いか? 
 
どーした あんたが主役だぞ、誠っちゃんより目立たなくてどーすんだよ。  
と ダメだし。こっちにまで緊張がうつる。

まるで月とスッポン、いや違った、太陽と月の様な組み合わせだった。
しかし太陽と月がなければ、地球は滅びる、だからこれでいいんだ、
などとワケわかんない納得をして見ていた。 

歌は流石だった。やっぱりウマイ!心にじいんと響く。
いつものリュースケだった。嬉しかった。
まこっちゃんとの相性もバッチリだった。
良かった。うまくいった。
いまんとこは・・・いや、まだ終わりじゃない。
油断するな、なんかやらかすかもしれない、と更に緊張する母心。

そして 締めの挨拶。 
その日の夜のお好み焼きや「熱風」でのライブの案内を 、
まこっちゃんが 立て板に水鉄砲で  そつなく、そして素晴らしく予告していた。

なんか、スターのオーラっぽいもんがでていた。
テレビなれしている、妙におちついてる君はいったい何者だ??! 
放送がすんだ後、次々 スタジオ入りしてた子達からメールが来た。

 「手に汗にぎり、 ベトベトですー  あー緊張した!」
 「 長距離運転より疲れたわ

そんな気分にさせるリュースケとはどんな 大物?なんだ。
  ・・・と思うよね!   興味深いよね。
そんな人は、まずは 一度ライブに来てみてください。
歌ってるときだけは、めちゃめちゃ かっこいいですから。

ちなみに、この日 スタジオで使おうとサーラちゃんが
手作りしてきた リュースケ応援うちわは、
あまりの緊張で 使われることなく、夜の「熱風」 入りしたそうです。

さて、無事テレビ観戦を爆笑しながら終えたワタクシは、
次なる場所 長野へと、追っかけ移動したのでした。
      
つづく。

このブログ読んだら、 リュースケ怒るかなぁ・・・


まっ いっか!

20140517105500002014051319140000

2014051319140001