S11(ORAS何期とかの言い方はやめた)使用PTのまとめ。激流ゲッコウガ+クレッフィ+(メガ)ゲンガーの組み合わせを「激流葬」と名付けて、周りを毒菱メタに強いポケモンで固めた構築。育てやすいのと、基礎ポイント振りが簡単な子が多いので、毒菱やってみたい方は参考にしてみて、どうぞ。      

~使用PT~

ポケモン名特性性格道具技1技2技3技4
ゲッコウガ激流無邪気気合の襷熱湯水手裏剣どくどく毒菱
クレッフィ悪戯心穏やか残飯イカサマ威張る身代わり守る
ゲンガー浮遊→影踏み臆病メガ石ヘドロ爆弾祟り目鬼火身代わり
ヒートロトム浮遊図太いオボンの実オーバーヒート10万ボルトボルトチェンジ鬼火
マンムー厚い脂肪陽気拘りスカーフつららばり地震岩雪崩馬鹿力
キノガッサポイズンヒール陽気毒玉ローキック宿り木の種キノコの胞子身代わり


~PT詳細~
ゲッコウガ
CSぶっぱA4振り
相棒。以上。(5期の記事に詳しく書いてるよ)


クレッフィ
H228/D228/S52
HPは16n+1調整で、Dは身代わりが無振りスイクンの熱湯耐え調整。
自覚のある恐怖の鍵束。以上。(5期の記事に詳しく書いてるよ)


ゲンガー
HSぶっぱC4振り
もともとメガ枠はボーマンダだったが、ガルーラがきつかったのでとりあえず入れてみたシーズン8で使用の色ゲンガー(国際孵化)。ガルーラに後出しして鬼火警戒させるのが仕事。クレッフィとも相性が良く、毒菱が効かない、もしくは効きづらい相手(モロバレル、眠るスイクンetc)に本領を発揮した。ヘド爆の追加効果を良く引いてくれるいい子。ばいばいボーマンダ。


ヒートロトム
H252/B36/C156/D4/S60
準速バンギ抜き&最速50族抜き抜き
クレッフィと相性がいいからずっと使ってるポケモン。今回はマンムーにスカーフをあげたので、汎用性のあるオボン持ちにした。鬼火も撒けるようになったのでて、定数ダメージをより稼ぎやすくなった。ちなみに控えめにしても努力値配分が変わるだけで同じステータスになるよ。


マンムー
ASぶっぱD4振り
ボルトロスやヒードラン、カイリューなど、今まで自分のPTできつかったポケモンにまとめて圧力をかけられるポケモン。ボーマンダマンムーの名残がそのまま残ったやつ。ボーマンダが抜けてもいつも通りに活躍してくれた。ばいばいボーマンダ。


キノガッサ
H140/A4/B108/D4/S252
HPは8n+1調整。
宿り木枠。毒菱撒いたときは時間稼ぎ役、クチートやミトムなどの毒菱が無効でクレッフィが苦手とする相手には胞子と、幅広い活躍をしてくれた。カバルカイリューはこいつのおやつ。




今期は9月15日午前3時半の時点で1位だったので、1位になりたいです。(2位になりそう)←また3位でした。