Firebeetle 1994 40th anniversary in México.
Das Sondermodell Firebeetle aus dem Jahr 1994 war ein 1600i mit 37 kW, Einspritzanlage, G-Kat, Drehstromlichtmaschine, Alarmanlage und Wegfahrsperre.Produziert wurden schätzungsweise zwischen 200 und 500 Stück.Neben der grünen Wärmeschutzverglasung mit Grünkeil hatte der Käfer eigens für ihn entworfene Leichtmetallräder der Größe 4,5×15 – die gleichen wie das spätere Sondermodell Harlekin .Die ersten Firebeetles wurden noch mit vier Trommelbremsen ausgestattet, spätere Exemplare hatten hingegen vorne Scheibenbremsen.
wikipedia

100%電気自動車

ビートルに全く関係ない話題ですが

一泊二日で借りれたので

乗り回してみました

1,急速充電の待ち時間について

 近くに商業施設とかあればそれほど気にならない
 充電したいときに充電スポット埋まってるとちょっと焦る
 田舎はどこで充電するか予定立てとかないと…

 電池残量25%で30分充電で70%くらいにはなります。

 充電スポット増えてるとはいえ、ガソスタの気分でよれない感じです。


2.満タン充電で400kmカタログスペックについて

 バッテリー残量気になって250kmくらい走ったら充電したくなります。

 エアコン、ecoモードきになります。
 ビートルはそういうのついてないのであれですけど、最新の車なのに走行距離きにしてエアコンオフとか、昔の車の感覚です

3,操作性

 プロパイロットのステアリングとかのアシストは、わずらわしく感じることも
 疲れにくくするためにあるのに最初ストレスです。
 あと、一般道では使わないようカタログにも書いてますが、一般道で使うと危ないです逆に

 追従はカーブで前の車見失うと加速してきます。
 アップダウン&カーブ&信号があると加速して急減速するという恐怖体験が…

 乗り心地は足が若干固く感じます

4,山越えとか

 充電スポットが近くに無いとビビります

 回生ついてるとはいえ…

5,ワンペダル操作

 自分の思ったところで止まるわけじゃないので、慣れが必要です

pixlr_20180617110102810

インジェクション車におけるアイドリング不調について

時折、アイドリング不調でした。

息切れといいますか、

信号待ちなんかで停車してるとエンジンが止まりそうになる。

なんか、気持ちのよい加速しない。

エアフローセンサーかオキシゲンセンサーと思ってました。

なんとなく、エンジン息切れとか停車、エンジン止まるとか調べてたら

コンピュータのせいじゃないかと…
最近の車の記事でしたが、バッテリー上がったあとにそういう傾向が
みられるって記事から探してくと、どうも、バッテリー上がったあと
押し掛けとか直結でエンジンかけて、アクセル踏んでアイドリング上げるのが
どうも良くないらしい。

コンピュータが、アイドリング高い状態を記憶、学習し、アイドリング通常時に
アイドリングを誤認識してアイドリングを下げてしまうと…

対処法はひとつ

バッテリー外す
バッテリーつなぐ
アクセル等は吹かさず10分程度アイドリングする

以上これだけ

コンピュータが学習をリセットするそうで

誤認識が解けてもとに戻ると

あとは慣らし運転して

ちょっと高速走行もして

元通りと

メキシコビートルのコンピュータはメキシコ仕様なので
オキシゲンセンサーもバンバン介入してくるらしいです。
環境、ガソリンの質、その国の環境対策度合いによって色々設定なってると。

症状は今のところ改善したっぽい。

フィーリングも良くなったような気がする。

2016年12月から本格的にやってなかった

細かい所はやってましたが、大々的にはやってなかったことが…

シャーシアンダーコート

20180505_075405


よく気になる部分は

1.純正ジャッキアップポイント左右

2.フェンダー内側

3.リアドラムブレーキ

目につきやすいところはちょくちょくやりますが、錆は目に見えないところで進行中なものです。

pixlr_20180506114425142


ジャッキアップ、汚れ落としに二時間くらいかかりました。

亀甲タワシ、金物ブラシ、錆びとり消しゴム等々

そこからマスキング

数回に分けての塗装

乾燥時間も合わせると2日

pixlr_20180506114332937


時間があって車を動かさない時にしか、なかなかできません。

無溶剤タイプは乾燥に時間がかかるので、かなり乾燥時間おきました。
※ライトとか乾燥機使えるなら時短は可能と思われますが

pixlr_20180506114332937


フェンダー、アンダーコートのもろもろの面積考えると4本は必要です。
ドア内側とかも300とか700とかやると時間かかります。

pixlr_20180506114653078



余談ですが、ステアリングのシャフトってこういう形状なんですね
OI000141


とりあえず、無事に終わりました…

ジオターゲティング
ギャラリー
  • 100%電気自動車
  • 2016年12月から本格的にやってなかった
  • 2016年12月から本格的にやってなかった
  • 2016年12月から本格的にやってなかった
  • 2016年12月から本格的にやってなかった
  • 2016年12月から本格的にやってなかった
  • 4月もあっという間に
  • メンテナンス記録
  • 2月もあっという間
プロフィール

UNI

メッセージ

名前
メール
本文
車種情報
MODEL     : 1994 Type-1

Volkswagen Firebeetle.40th anniversary in México.

Displacement : 1580cc

Weight   : 850kg

Length : 406cm

Width    : 155cm

Height : 146cm

Horsepower : 50HP 37kw
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ