June 2006

June 29, 2006





DIGITAL RECORDING STUDIO
KORG PXR4


いやー、世の中の進歩はすごいですなあ。。。ずいぶん前にカセットのMTR使って録音してましたが、今じゃこんな小さくて4tr録音できちゃうものがあったんですね。知らなかった。(笑)

近くのハードオフに置いてあったのだけどこれなんだろう?って思っていてネットで調べたらスマートメディアに記録するMTRでした。しかも小さいし、便利そうだなあって思いつつも、その時は買わなかった。
しかしヤフオクで見つけちゃったんですよ。ハードオフより安い金額で落札!!

現行の物より一つ前の物らしいけど、簡単なデモ作りには十分です。

と、いうこと早速遊んでみました。
↓↓↓↓↓↓

pxr_demo1.mp3 [2.59MB]

2時間ぐらいで、いつものようにのりで作りましたので(笑)。

ギターはメインのアメストのみです。しかもクリーンはエフェクトなしでストロークしてます。。。
[PXR4]は私の好きなPANDORAシリーズらしくリズムパターンも入ってるし、ギターのエフェクトも付いてます。リズムは結構いい音でしたのでもっと使い込んでエフェクトも使えるようにしたいです。
これで¥1万でおつりがくるのだから(もちろん中古での話)ほんといい世の中になったもんです(笑)。

mellencamp_guitar at 02:14コメント(3)トラックバック(0)guitar 

June 26, 2006

[MUSIC]のコーナーに
Edie Brickell & New Bohemians、
The Arc Angels 追加。


mellencamp_guitar at 01:36コメント(0)トラックバック(0)HP更新履歴 

June 25, 2006

CANAREってメーカーご存知でしょうか?よくプロの音響などに使用されているケーブルのメーカーですが、ギター等の楽器用のケーブルもあるんですわ。
音響用だとL-4E5などが一般的なんですが、GS-6といってL-4E5などよりもやわらかくって、曲げやねじれに強いので楽器には最適です。

私、仕事柄そういうケーブル作ったりしてるんです。いわば半田付けも一応プロなんです。なのでギターのケーブルなんぞ自分で作ります。今回初めてGS-6使ってケーブル6本ぐらい作ったのだけど、ギターにつなげてみたらHiがでない。。。。。なんか位相が逆になってる感じの音。しかも全部。。。
やっぱ自称プロとしては

へこんだ(笑)

カナレ-1













いくら調べてもおかしい所ないし、挙句の果てにこりゃギターか、アンプがおかしいいぞと疑ってみたがケーブル違うのに変えたらちゃんとなるし(ギターよ、すまん)。
んで、CANAREのカタログ見たら載ってましたよ。以下カタログより抜粋。

「ノイズ防止のため、編組シールドの内側に導電ビニルを使用しています。これが中心胴体と接触するとショートの原因となります」

カナレ-2














イヤー、普段使わないケーブルとはいえ、自称プロとしては恥ずかしい限りです。(笑)
半田付け不良よりはましだけど。。。


mellencamp_guitar at 12:07コメント(4)トラックバック(0)guitar 

June 18, 2006

昨日は新しく始めたバンドの初リハでした。今度のバンドはなんと、ヴォーカル&サイドギター担当!!ヴォーカルはバンドでは20年ぶりです。

歌いながらギター弾くのはまだまだですけど、楽しかった〜。やっぱ、カラオケとは全然違うね。この際、うまい下手は別として。


今回のギターのエフェクトは、この前ブログで書いたKORGのPX4Dのみ。
これ↓
PX4D





サイドギターだし、メインはヴォーカルなんでね。
前はだいぶ批判的な感想でしたが、最近やっと慣れてきたというかいい感じです。原因はずばり
『BASS』
PX4Dはあんまりスタジオで使用することを前提としてないようで(ヘッドホンで使用、あくまで練習用)、ヘッドホンだと低音が強調され聞きやすいが、アンプにつなげると低音がうるさすぎて変な音になってしまう。
結局、Bassは2〜3ぐらいの値でいい感じでした。メンバーにも音がいいと言われたのでうれしかった。。。。

歌がメインのアーティストのコピーバンドなので、私は無茶苦茶楽しかったのですが、他のメンバーは簡単すぎて張り合いがなさそうな感じだったのが少々気になるところです。


mellencamp_guitar at 21:24コメント(0)トラックバック(0)guitar 

June 15, 2006

Creative MuVo TX FM 1GB [CNMVT1GF] (メモリープレイヤー)


いや、そんなにたいそうなことじゃないんだが、たんに一発取りしてみただけです。お気に入りのダンカン(GOLD)ストラトで。このCREATIVEの『MuVo』をアンプの前において録音したのですが、音悪いです。。。。
スペックを見ると

「4bit/8kHz/モノラル」

ですって。そりゃ音は悪いはずだ。。おまけに演奏も悪いからこれでいいや(苦笑)。もう勢いで録音しちゃいました。


接続は
Duncan → PX4D → AMP(EditionBlue30R)のLINE-IN

AMPの前に『MuVo』を置いて録音。
keyEのリズムパターンがPX4Dに入っていたので、あわせて弾いてみました。まあ音はずしまくりだし、リズムもはしってる。修行がたりませんな。。。。
よろしかったら聞いてみてください。その後の不快感は保障しません(笑)。

VOC006.WAV 503KB


mellencamp_guitar at 01:39コメント(3)トラックバック(0)guitar 

June 14, 2006

FAB















DanElectro FAB Overdrive&Distortion

いんやー、これはすごいコストパフォーマンスです。久しぶりにコンパクトの歪み系を買ってしまいました。
なんてたって、実売価格\2000前後ぐらい。CDより安いんですから。さすが中国製、恐るべし。

肝心の音ですが、Overdriveのほうは結構どころか、すごく好みです。太いというよりは、固めの音ですが、TONEを上げすぎなければ甘い感じの音になります。

Distortionもなかなかです。ちょっとRATっぽい、輪郭がはっきりしたつぶれない音です。ただアンプを選ぶような気がします。チューブアンプにつなぐとすごくいい音なのですが、トランジスタのアンプでは、いまいちでした。チューブにつないだときはOverdriveより好みの音です。クランチじゃ物足りないけど、歪み過ぎではない音がほしいときに最適です。もっといろいろ試してみたいなと思います。
両方ともシングルPUでの感じですのでハムの場合はわかりませんが、この金額なら全然問題ないクオリティーです。あと何種類かあったので、他の物もチョックしてみようかなあと思っています。


mellencamp_guitar at 00:55コメント(2)トラックバック(0)guitarEFFECTOR 

June 13, 2006

[AMP&EFEECTOR]のコーナーに
Hughes&kettner EDITION BLUE 30R
追加。


mellencamp_guitar at 21:20コメント(0)トラックバック(0)HP更新履歴 

June 09, 2006

D-1

いよいよ今日からW杯ですね!!私はゲーリー・リネカー(古っ!)の前からイングランドファンなので、今回はいただきですよ。。。日本は難しいんじゃないかな?

ここんところ暇なので、お気に入りのDuncanの弦交換ついでに、ちょっと軽くメンテ&お掃除してみました。





D-2

まず古い弦をはずして





D-3

おおー!
中身もゴールドに塗りつくされてる。




D-4


ネックデイトは98年7月10日。意外と新しい。このときにトラストロッドで、ネック調整。




と、ここでトラブル発生!!
D-5
ネックポケットの脇の塗装がはげてしまった。。。。(泣)
もともとひびは入っていたのだがきれいに塗装だけはがれてしまった。このDuncanはトラストロッドの調整はネックをはずさなければできないタイプなので仕方がないが・・・。
仕方なく爪楊枝に木工ボンドを少量つけてそのままはがれた塗装を付け直しました。


D-6
何とかくっついた。

しかしこのギターよく見ると、ちょこっとづつだけどひびがあちこちにはいってきてるなあ・・・98年製だから、8年ぐらいだけど経年変化で木がちじんできてるみたいです。これからもっと気をつけてあつかわないと・・・。


mellencamp_guitar at 22:17コメント(0)トラックバック(0)guitar 

June 06, 2006





アコギの弦、交換した。今まではMartin SP のCUSTOM LIGHT(011-052)を使用してました。というかこれしか知らんかったので(苦笑)
巷で噂の長持ちエリクサーにしてみようかと。

↓↓↓ これ ↓↓↓





感想は・・・・・Martinのほうがいい。
なんかドンシャリで、ちょっと音が硬く感じる。
でもこれって今気づいたのだが、弦の素材のせい?
石橋楽器のHPみると、「ブロンズ」弦なのね。今まで使ってたのは「フォスフォーブロンズ」。よく見るとエリクサーにもフォスフォーあるじゃん!!こっちにしとくべきだったか??
詳しいことはまったくわからんけど、私の好みと、000Mに合うのはフォスフォーのような気がします。ピックはあまり使わないでほとんど指で弾くから、ミッドレンジが気持ちいいんです。
なんでもエリクサーの弦は長持ちするらしいけど、また換えちゃいたいけど値段が高いし、もったいないし・・・・

しばらくブロンズ弦で修行ですね(笑)



mellencamp_guitar at 11:01コメント(0)トラックバック(0)guitar 

June 04, 2006

今まで、エレキしか弾いてなかった自分が最近アコースティックにはまっております。
きっかけは「押尾コータロー」さんですかね。
Dramatic (CCCD)


あー日本にもやっとこんなすごい人がメジャーで出てきたんだなあと感じました。昔から技巧派というか、うまい人はいましたが、一番この人がすきなのは曲がいいことです。テクがうまい人は結構自分の殻に閉じこもりがちですが、テクよりもいい曲を作るろうとする姿勢が好きです。

さすがにこんなすごい人のコピーなど最初からできる分けなくて、なんかいいのないか探していたのですが、たまたま見つけた本がこれ↓↓↓
ソロ・ギターのしらべ 至高のスタンダード篇


昔の名曲をアコギ1本で弾けるようにアレンジしてあり、CDもついています。やっぱりよく知っている曲は演奏するのに取っ掛かり安いですね。何でもこの本の著者の「南澤大介」さんはよく押尾さんのインタビューでもその名前が出てきてますし、彼の最新アルバムのバンドスコアは南澤氏が採譜したみたいですね。

こーなるとギターもアコースティックに興味津々なのですが、とりあえず今のマーチン000Mを弾きこなすまでは我慢、我慢。。。

mellencamp_guitar at 14:16コメント(0)トラックバック(0)guitar 
Profile

yutaka

LIVE info
なし
ランキングに参加してます

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
Recent Comments
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ