October 2011

October 31, 2011

ソロ・ギターのしらべ 至上のジャズ・アレンジ篇
ソロ・ギターのしらべ 至上のジャズ・アレンジ篇


今回、この本の中からチョイスしました。各パートはそんなに難しくなくとりあえず弾けるのですが、通して弾くと難しい。。。
特に後半なんかはよれよれです(笑)




ホントはナイロン弦が良いのでしょうね。ジャズっぽいのは。結構激しいポジションチェンジとかがあって指にまめが出来ました(笑)。もっとしっとりと弾けるようになりたいもんです。
次のレパートリーは何にしようかなあ・・・・・・・・っと、バンドの課題曲やらなきゃ(笑)



mellencamp_guitar at 19:02コメント(8)トラックバック(0)guitar 

October 27, 2011

【新品】Hughes & Kettner ヒュース&ケトナー TubeMeister 18 Head【初回終了!10月以降入荷分:予約受付中】【送料無料】【smtb-u】
Hughes & Kettner ヒュース&ケトナー TubeMeister 18 Head

久しぶりに欲しい機材。
最近自宅でアンプは鳴らしてないのだが、唯一残ったFENDER PROジュニアが、調子悪いのです。ボリュームが0でも音が鳴ってしまうのだ。弾いてる分には問題ないのだが、なんかめんどくさい。

話がそれたがこのアンプ、コンボタイプもあるのだが、アッテネーターがついていてしかも0W、つまりヘッドフォンというか、DTMにつなげばヘッドフォンで聴けるのは便利。アンプヘッドでは小型の方で重量も5kgなんでそのままスタジオへ持って行ってスタジオのキャビにつなげばOKな訳です。
ちょっと出力が18Wと言うのがどうかな?スタジオだとドラムに負けちゃうかもしれんね。

個人的にはこの半分ぐらいのサイズで、スタジオではキャビにつなぐのをあきらめてミキサーに直結して使えるのがあればうれしいのですが。なるべく荷物は少なくしたいしね。


mellencamp_guitar at 22:25コメント(4)トラックバック(0)guitar 

October 23, 2011



本日はLIVE以来のリハでした。

今回は新曲をやったのですが、出かける前の1時間でやばい、と思いつつ練習して行きました。。。。良かった〜簡単な曲で(笑)。
とか調子のってたら次のリハで難しい曲のリクエストがメンバーからきまして・・・・・
「うん」って軽くノリで言っちゃったけど、どうしよう(笑)。明日から練習しないと、さすがに得意の一夜漬けでは出来ん曲なのだ。

今はですね、仕事は忙しくなくて落ち着いてるんですが、夏過ぎまでの忙しさが一段落したらすべてのことに対して無気力状態になってしまいまして。。。。年に何回来るんだ5月病、見たいな(笑)。そういう意味では付に1回のバンドリハは刺激があって良いですね。
なんて、前回のLIVE後はZEPは当分弾きたくないと思っていたのに、このかわりよう(笑)

とにかく久しぶりに楽しい一日でした。。。



mellencamp_guitar at 21:40コメント(10)トラックバック(0)ZEP Band 

October 13, 2011



なぜか毎年、この時期になるとアコギが弾きたくなる。
夏は汗をかいて、アコギがびしょ濡れになって嫌だし、冬になると寒くって指が痛くなる。と言うことはアコギの季節は春か秋なんだけれど、夏の華やかさが終わった後の寂しさがある今の時期にアコギはぴったりなのです。ちょっと切ない気分にアコギの音色が良いんです。
まあ、わかる人にはわかってもらえると思うけど、少数派の意見かもしれません(笑)。

なんか、弾く曲がワンパターンなので、今年はなんか1曲練習しましょうかね。



mellencamp_guitar at 21:48コメント(10)トラックバック(0)guitar 

October 02, 2011

Love & Its Opposite
Love &Its Opposite

いやーすっかり、ご無沙汰してます。
まーLIVE後、色々とあったのですがあえて音楽以外の話題なのでさぼってました。
最悪なのが、腰を痛めた・・・・・いえ、ぎっくりじゃなくてなんか軟骨が飛び出てるそうで。
普通に生活するには問題ないのですが、重い物持ったりとか走ったりとか駄目でして。。。。
ギターも立って弾くのは無理っす。しばらくおとなしくしております。

と話がかなりそれてしまったのですが、久々にCDを何枚か買ったので紹介したいと思います。
エブリシング・バット・ザ・ガール(EBTG)のトレーシー・ゾーンのソロアルバム、出てたんですね〜。
全然知りませんでした。
これの前のソロアルバムがEBTG後期の影響で、ハウスサウンドだったのでかなりがっくしきたのですが、今作は初期のネオアコ時代を彷彿させる出来です!!
少し暗めの曲調が目立ちますが、トレーシーの歌声の良さを改めて良かったと思える作品です。全然変わってない素晴らしいヴォーカルだと思います。これは凄く好きです。つうか発売してもう1年以上たっていたとは、それだけ話題が無かったのか?自分が知らなかっただけなんですけど(笑)



ベン・ワットがギター弾いてると思ったんですが、違うようですね。

と、思ったらこの映像でエレキギター弾いてるのがベンワットでした。CDではクレジットにのってないのですがね。



mellencamp_guitar at 21:47コメント(6)トラックバック(0)CD紹介 
Profile

yutaka

LIVE info
なし
ランキングに参加してます

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
Recent Comments
Archives
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ